> > 院長日記アーカイブ

院長日記の最近のブログ記事

こんにちは!院長の椋本です。

本日は表題のとおり、今現在、 歯科医院に治療や検診に行くことの大切さ をお話ししたいと思います。

緊急事態宣言が奈良県にも出されて以降、何人かの患者様から新型コロナウイルスについてのご質門を受けました。

その中身は主に2つに分けられるもので、1つ目は

『歯科医院は感染のリスクはあるのか?』

というものと、2つ目は

『治療や検診は数か月空けても大丈夫なのか?』

というものでした。


前者に関してましては、もともと歯科医院は肝炎の方やHIVキャリアの方が来られる可能性がある場所です。
もちろん、そういった方々は自身のキャリアを医療機関に伝える必要がありますが、残念ながら皆さんが100%申し出るとは限りませんし、中には自分がそういった病気にある事を承知していない方もいるかもしれません。

その為、当院では仮に全ての患者様がそういったキャリアやご病気をお持ちでも問題なく対応できるようにこの新型コロナウイルスの流行以前から、常に消毒、除菌、滅菌に関しては徹底的に行ってまいりました。
その結果、開設以来十数年、患者様とスタッフの間、患者様同士、スタッフ同士でインフルエンザも含めてあらゆる感染を防いでまいりました。
結果として間違いではなかったと自負しています。

またもうひとつの、治療や検診を控えるべきか?という問いですが、

新型コロナウィルスや季節性のインフルエンザなどの感染症のリスクを下げる方法のひとつに『常に口腔内を清潔にし、虫歯や歯周病を治しておく』

事が歯科では常識になりつつあります。

インフルエンザウィルスを例にとると、細菌が繁殖している口腔内(清潔でないお口)にインフルエンザウィルスが入り込むと細菌とウィルスがくっつき細菌から毒素が出て炎症を起こします。ウィルスにとって格好の環境になるのです。


inhuru kouu.jpg
ある介護施設では歯磨きだけでなく、週1回歯科衛生士が歯のクリーニングをしたところ、

インフルエンザの発症が90%も減少した

報告がなされています。

毎日新聞 インフル予防.png

また、NHKニュースでは、コロナ感染を不安に思い、歯科受診を控えると肺炎発症のリスクが高くなることが報道されています。↓↓↓
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
新型コロナウイルスに感染する不安から、高齢者が歯科医の受診を控えるケースが相次いでいるとして、静岡県の歯科医師会は、口のケアがおろそかになると、誤えん性肺炎などのリスクが高まると注意を呼びかけています。
静岡市清水区の歯科医師、渡邉宏春さんは高齢者施設に専用の器具を持ち込んで、歯の衛生管理や入れ歯の調整などを行う訪問診療に取り組んでいます。
ふだんは20の施設を担当していますが、高齢者が新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいと、注意が呼びかけられるようになって以来、半数の施設から訪問の中止を求められたということです。
高齢者の中には、定期的に診察しないと食べ物をかめなくなり、栄養不足や、そのまま飲み込むことによる窒息のおそれがある人もいるということです。
渡邉さんは「面会をすべて断っていると言われることが多い。しかし、口くうの健康は命に関わる問題でもあり、何かあれば連絡をするよう伝えている」と話していました。
静岡県歯科医師会も口のケアがおろそかになると、誤えん性肺炎などのリスクが高まるとして、受診が必要かどうかを歯科医に相談するよう呼びかけています。
県歯科医師会の柳川忠廣会長は「かかりつけの歯科医がいちばんよく理解しているので、治療の継続や延期については自分で判断せず相談してほしい」と呼びかけています。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

一部の報道などで『しばらくほおっておいても大丈夫』だとか『歯科医院は感染しやすい』という内容が伝えられています。
確かに一部、そういったクラスターを起こした歯科があるのは事実ですが、発熱をおして出勤や診療を続けた医院のみです。

肺炎予防.png

それよりは

口腔内に虫歯や歯周病をがあるにもかかわらず放置する方が感染のリスクが高くなると考えられています。


今は受診したくないという患者様のお気持ちは充分に承知しておりますので、無理にご来院を勧める事はありませんが、必要以上に怖がって還って感染リスクを高めることのないようにしたいものですね。


院長 椋本美希

             contact.PNG

聖火リレー延期のお知らせ

|
皆さん、こんにちは。

院長の椋本です。

皆さんも当然ご存知とは思いますが、この夏の東京オリンピック、パラリンピックが新型コロナウィルスの世界的な流行の影響で最大1年の延期という事にりました。

スタートの福島県を聖火が出発するわずか3日前のことでした。

従って、私が選んでいただいていた聖火リレーも一旦延期ということになりました。
とても残念ですが、延期になっても聖火ランナーの権利は保証されるそうなので、逆にこの状況を前向きに捉え、本番までワクワクする日々が長くなったと考えたいです。

来年に聖火リレーが福島県からスタートする時、それはこの難局に人びとが打ち勝った瞬間のはずです。

その日を信じて日々の診療を精一杯頑張りたいと思います。

また続報が届きましたらご報告いたします。

院長 椋本美希

IMG_4455.JPG
             contact.PNG
こんにちは(^^♪院長の椋本です。
ようやく春の兆しが見えて来ましたが皆さんは元気にお過ごしでしょうか?

さて先日のブログでご報告いたしました、聖火ランナーの私の走行区間が決まりましたのでお知らせしますね。

区間は大和郡山市の「大和郡山城 元気城下町バスパーク」から奈良市の「平城宮跡歴史公園」に決定いたしました!
詳細は、奈良市のオリンピック聖火リレーのホームページをご覧ください。↓↓↓

https://www.city.nara.lg.jp/soshiki/22/60888.html

4/13(月)時間は14時50分から16時10分にかけての予定です。
走行スロット、いわゆる何番目にどのあたりを走るかは、約2週間前に決まるそうです。

C6ED169F-BFF2-4D64-BE49-D796AAB42165.jpeg

惜しくもセレモニーが行われる最終ルートの興福寺から大仏殿のルートにはなりませんでしたが、平城宮跡がゴールの区間も充分に魅力的なコースなのでとても嬉しいです。

当日はランナーのみが購入可能なトーチをお渡しいただけるそうなのでクリニックにぜひ展示したいと思います。

あE1A11F1A-1CF7-4A53-BFCF-6ACF69CD3F6C.jpeg

また、聖火ランナーハンドブックによるとユニフォームやシューズの事、身に着けてもいいものダメなもの等、細かく記載されていました。

そして、聖火ランナー同士が次の聖火ランナーに火をわたす時に「トーチキス」をするのですが、そのポーズを決めないといけないようです。
推奨のトーチキスもあるようですが、どのようにするか考えるとワクワクします。

みなさんも4月12日19時40分から予定されている橿原公苑陸上競技場、もしくは13日同時刻の大仏殿でのセレブレーションにぜひお越しくださいね。


ああ★SKM_C25820031121200.jpg

もちろん沿道でご覧になるだけでも思い出になると思います!

あとは天候と新型コロナウイルスによる中止が心配ですが、当日は貴重な経験を楽しみにしています。

無事にこの日を迎えられることを祈るばかりです。



Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。
             contact.PNG

インビザライン治療の症例発表

|
こんにちは(^^)
院長の椋本です。

先日、私は当院が手掛けているインビザライン治療の症例発表をする為に東京のセミナーに参加をしてきました。

自分の治療の事は自分でわかりますが、他のドクターの症例を見聞する機会はあまりないので貴重な経験でした。

皆さまには臨時休診でご迷惑をおかけしましたが、さまざまなヒントを得る事が出来たので、今後の治療に活かしたいと思います。

インビザラインを含めた矯正治療に興味をお持ちの方はお気軽に無料相談にお越しくださいね。

院長 椋本美希

★DCB8A7F0-207D-49F1-AF21-0E1754E2E101.jpg

             contact.PNG
こんにちは!院長の椋本です。

遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。


★84214332-2FC7-4C02-82DC-ABB6075D1114.jpegさて、今回は表題のとおり、このたび2020東京オリンピック奈良県聖火ランナーに選ばれたことをご報告いたします。

聖火ランナーは前回の東京オリンピックでは10万人ほど選ばれたとのことですが、今回は距離の短縮などの事情でわずか1万人しかなることができないとのことです。

内訳は2500人程度が自治体枠で、残り7500人がスポンサー企業の4社(NTT、日本生命、トヨタ、コカ・コーラ)に振り分けられます。

その中には推薦で選ばれる著名人がかなり含まれるので実際の倍率はかなり厳しいものとなっています。


ちなみに奈良県は193人のランナーのうち、推薦が39名でしたので実質154名に入らなければなりませんでした。

応募は自薦や他薦など自治体やスポンサー企業によって違いますが、私の場合は『日本生命』の応募で決定しました。

1次、最終選考共に文章によるプレゼンですが、奈良県やオリンピックへの想いを綴らなければなりません。
ちょうど昨年のクリスマスイブに決定の通知が来た時には飛び上がらんばかりに歓喜しました。

遥かギリシャのオリンピアで採取された聖なる炎を手に走ることになり、光栄な気持ちでいっぱいです。

走る日は4月13日と決まりましたが、まだどのルートなのかは決まっていません。

また決定次第、ご報告したいと思います。


5dc312ac7dacea7e3ec680292f01aaea.gif

★東京2020オリンピック聖火リレーのホームページをご参考になさってください。

https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/map/detail/09_nara.html


幸先よい新年を迎えることができ嬉しい限りです。

今後も奈良県の良さを発信していきたいと思います。

もちろん診療にも全力でのぞむ所存です。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。


院長 椋本美希


D14BC0B5-DB53-4E8A-8000-1F0937ABF52F.jpg              contact.PNG

しまなみ海道縦断サイクリング

|
★AB9.jpgこんにちは!院長の椋本です。

すっかり秋も深まり、冬がそこまで近づいていますが皆さんは元気にお過ごしでしょうか?

さて、私は先日の連休を利用して瀬戸内の『しまなみ海道縦断サイクリング』に行ってまいりました。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、しまなみ海道は広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ75㎞のルートです
自動車道に併設してサイクリング道が整備されている点が他の2つの本四連絡橋とは大きく違います。

このルートは世界の美しいサイクリングロード10選に選ばれたこともあり、同じく美しさで知られる台湾の日月潭(にちげつたん)サイクリングロードと姉妹ロードとなっているそうです。

今年はしまなみサイクリングロード開通20周年とのことでした。

さて、今回は尾道側からスタートをすることにしました。すなわち、向島→因島→生口島→大三島→伯方島→大島→今治港の順に巡るルートです。

各島々の島内のルートは勾配もあまりなく、海沿いも多いので快適ですが、島と島を結ぶ橋梁に差し掛かると自動車道と同じ高さになる為、かなりの坂を上ることに事になります。

この6つの橋はそれなりにスポーツをしている私も相当きつかったです。

サイクリングだけでなく、しまなみには美味しいものがたくさんあり、食も楽しみのひとつです。魚介類はもちろん、レモンやみかんなどの柑橘類は非常に安価でおススメです。

hosi  ABECF96.jpg

また本州にいると、瀬戸内の島々をひとくくりに考えてしまいがちですが、例えば生口島ではレモンや平山郁夫の生誕地として、大三島や伯方島では塩田がそれぞれ島の特色となっていて個性的な島が多い印象でした。

考えてみたら日本の国土の成り立ちは本州を含めてすべて島で構成されていることを考えれば、人々がそれぞれ違うように島々もそれぞれ個性があるのだと今更ながら気づかせてくれた素晴らしい旅でした。


院長 椋本美希

             contact.PNG
★nfccddB00937.jpg今回の読書感想文はわたくし椋本が担当いたします。

タイトルは少し長いですが「子育て・仕事・人間関係 つらいときは食事を変えよう」とう医師の溝口徹先生の書籍です。

溝口先生は日本初のオーソモレキュラー栄養療法クリニックを開設されています。

ですのでこの本はオーソモレキュラー療法の入門書です。

オーソモレキュラーとは簡単にいうと私たちの体を構成している約37兆の細胞に栄養をいきわたらせることで、その集合体であるヒトの体を健康にする療法です。

現代社会では炭水化物(糖質)を中心とした食事が蔓延しすぎていて、明らかにタンパク質や他の栄養素の不足が見受けられます。

特に女性はたんぱく質と鉄分、亜鉛の欠如が著しいといわれています。



「あなたの体は昨日までの食事でできている」という言葉があります。


体の不調、精神の不安定、花粉症、アレルギー、妊娠、発達障害などをご自身やご家族がお持ちで様々な病院で診てもらっても一向に改善しないという方にはぜひ一度お試しいただきたいと思います。

そして歯並びの悪さの原因に栄養不足も関係するといわれています。
いくら高価な矯正装置をつけて辛い日常を過ごしたり、面倒なトレーニングを頑張っても、栄養の足りない歯茎や口腔内では進み具合も違ってきますし、せっかく一時は完成にもっていけても後戻りしてしまう可能性があります。

また、これからお子様を考えている方には、ご自身の栄養いかんで赤ちゃんの栄養や成長が出生前におおよそ決まってしまうことも忘れてはなりません。

妊娠前の女性にこそオーソモレキュラーを実践して将来お子様が矯正治療やその他の疾患にかからなくて済む体創りを目指しましょう。

確かに肉や魚を中心に摂る食生活は経済的な負担も大きいイメージがありますが、歯並びが悪くて高額な矯正を強いられたり、ガンや糖尿病になるリスクを考えた場合、長い目で見ると決して高いと言い切れるものではないのでしょうか?

本書は漫画を用いていますのでたいへん読みやすく、私の伝えたいこともぎっしり詰まっていますので、是非ご一読ください!

院長 椋本美希

             contact.PNG
すっかり盛夏になりましたが、皆さん元気でお過ごしでしょうか?
院長の椋本です。

miki happy0807.jpg先日、私の誕生日祝いをスタッフのみんながしてくれました。

診療終了後、しばらく院長室で休憩していたのですが、スタッフの一人が私を呼びに来たので何かと降りてみるといきなりクラッカーがたくさん鳴らされとても驚きました。
いつの間にか受付のテーブルにはたくさんの花やプレゼントで埋め尽くされていました。

私の大好きなポムポムプリンのグッズもあり、とても嬉しかったです。

このプリンちゃんのぬいぐるみは な、な、なんと

音声録音・再生機能がついていて、みんなで吹き込んだ『ハッピーバースデー 院長♪\(o)/♪』をかわいく再生してくれました。
とても当院のスタッフらしいチョイスで、大感激いたしました!

そしてお祝いケーキは、今ならまちで話題の『古墳ケーキ』をわざわざ用意してくれていました。
しかも世界遺産登録の仁徳天皇陵バージョン!!【正直、普通バージョンとの差がわかりませんでしたが(O笑)】

miki happy0807.jpg2.jpgおまけにハニワのぬいぐるみやお花のプリンちゃんも!

スタッフ一人ひとりから寄せ書きもいただき、胸がいっぱいになりました。

やっぱり、いつまでもお祝いをされるのは気分がいいですね!

この1年も充実して過ごせそうな予感がわきました。
またお盆明けからも頑張っていきます!

院長 椋本美希
こんにちは。院長の椋本です。

本格的な梅雨の季節を迎えましたが皆さんは元気でお過ごしでしょうか?

★★595EF150-18AD-4F17-92A0-33B60BA85A3F.jpg私は先日、乳腺専門医でアンチエイジング指導の第一人者のおひとりである南雲吉則先生のセミナーに行ってきました。

南雲先生はテレビ出演も多数ある方で「還暦を過ぎているようには見えない若々しさ」は実践されている生活習慣の正しさを証明してらっしゃいます。

今回のテーマは午前は「色から学ぶ生物学」ということで、例えば野菜と果物の違いは単純に色で分けられることに目からうろこが落ちました。

リンゴやバナナなど派手な色の果物はその種を運んでもらう為に動物に「食べられたい」から目立った色で味も甘い一方で、そうでない植物たちは「食べられたくない」から目立たぬ保護色で味も苦みがあるということです。

他にも回遊魚の身が赤い一方で、海底のカレイなどの身が白い理由も運動特性と酸素吸入量の違いなどで証明できることにも驚きました。

そして午後の講演では「化学式を用い生物と人類の進化の歴史」ということで人類の寿命の限界が120歳くらいであることや、カロリー計算を用いたダイエット法の無意味さ、細胞の数がなぜ体重1キログラムあたり1兆個なのか等、普段の歯科の勉強では得られない知識をたくさん吸収することができました。

もちろんアンチエイジングに有効な栄養のお話も聞けたのでこれからの診療にも役立てたいと思います。

美希デンタルクリニック 院長 椋本美希
             contact.PNG
★7DSC00001(2).jpg

本格的な冬がやってきましたが皆様は元気にお過ごしでしょうか?

さて、去る12月3日、当院は無事10周年を迎えることができました。
開設以来のすべてのゲストの皆様、在籍してくださったスタッフ、協力会社の方々のお陰を持ちましてこの日を迎えることができました。
本当にありがとうございます。

当日は日曜日でしたので、クリニックとしてのお祝いは7日の木曜日に行いました。
スタートは私が作成したこれまでの10年間をスライドでの振り返りでした。


これをパワーポイントで作成するにあたり、開設前の準備期間から現在までの膨大な写真や資料から印象に残ったことを選ぶという作業はとても時間がかかりましたが、自分自身とクリニックの成長や変化を知ることができて非常に楽しい時間でもありました。

チーフの太渕さんをのぞいては、開設当初のクリニックを知らないスタッフが大半ですので、彼女たちも先人の苦労や頑張りに触れることができて感動しているようでした。

★7無題6598.png

次はスタッフからのお祝いです。
お隣のケーキ屋さん、ジュ・イルドのオーナー自ら創っていただいた特製のケーキ

10の数字が大きく描かれたアレンジメントフラワー

加えて、今年は私の好きなポムポムプリンの形のアレンジメントフラワーもいただきました
さらにはクリニックのロゴをあしらった世界で一つの「院長室」の金属プレートまでも

極めつけはガラス職人さんにオーダーしていただいたというクリニックのロゴマークのティアラをガラスで再現したオブジェです

どういったクリニックのどんな院長の為に贈りたいのかを文章に綴って職人さんにお願いしてくれたそうです

手分けをしてこの日に備えてくれたスタッフとそれぞれの作り手の方々に感謝の気持ちでいっぱいです

IMG_8412.JPG

私からは10という数字にちなんだ文字が二つもはいっている「テントウムシ」の小さなぬいぐるみとスタッフとの写真がラベルになっているオリジナルのビンビールなどを全員にそれぞれプレゼントをしました。
毎年周年の数字にちなんだモノを送ってきましたがさすがに来年からは難しくなりそうですね。

最後はみんなで手作りのおかずを持ち寄っていつものランチミーティングの形式で食事をしました。
スタッフ一人ひとりから涙ながらのメッセージをいただき、とても嬉しかったです。

クリニックはまだまだ発展途上です。

これからも次の10年、20年に向けてどんどん進化して来院されるすべてのゲストの方々が健康な笑顔になっていただけるように、またスタッフも仕事を楽しめる職場であり続けるように新たな気持ちで頑張っていきますので、これからも美希デンタルクリニックをどうぞよろしくお願いいたします。

院長 椋本美希

             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち院長日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは虫歯予防についてです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461