> > 治療についてアーカイブ

治療についての最近のブログ記事

★IMG_8733.jpg皆様こんにちは!
スマイルクリエーターの鈴木です。

この度、院長のご厚意により私も矯正治療を始めさせていただきました!

数ある矯正治療の種類の中で、私は現在最先端の矯正方法のひとつである『インビザライン』で矯正することになりましたので、ご報告いたします。

『インビザライン』とは、アライナーと呼ばれる取り外しできる透明なマウスピース型矯正装置を使った矯正システムです。
アライナーは全然目立たないので、矯正中であることを周囲にほとんど気づかれずに装着可能です。

友人にも「え?今、矯正してるの?」とよく言われるくらいです(笑)
アライナーは取り外し可能なため、治療中でもアライナーを外して歯ブラシすることで歯のお手入れができ、お口の中をきれいに保つことができます。
ワイヤー矯正より痛みも少なく、食事制限も特にありませんので、いつもの食生活を楽しめます!

私の歯並びは、左半分は特に問題ないですが、右の八重歯が飛び出しており、その奥がデコボコしている状態でした。
ワイヤー矯正ですと右半分だけを動かすというのは難しいらしく、左を固定して右をきれいに並べることができるインビザラインがおすすめだよ!と院長に診断して頂きました。


かつ私は、笑うと上の歯茎が見えてしまうガミースマイルでもあります。
歯並びの悪さとこのガミースマイルが、長年のコンプレックスでした。
インビザラインはそのガミースマイルもかなり改善できると院長から聞き、インビザラインを始める決心が付きました!

★IMG_8741.jpgそして私がインビザラインを始めて約1ヶ月半が経ちました。

最初の1週間は口の中に何かある!!(・・; とものすごい違和感でしたが、今でははめていることを忘れるぐらいに慣れてきました。
滑舌がちょっと悪くなったりはしますが(笑)、早く歯が並ぶのが楽しみです!!

これから変化を随時更新してお伝えしていきますので、矯正を考えている方の参考になれば幸いです!


スマイルクリエーター 鈴木真由美

             contact.PNG
★C5965A7A.jpeg こんにちは。歯科衛生士の井上です。

 
11月も半分以上が過ぎましたが、暖かい日が続いてるためモミジの紅葉の時期が平年よりもおそいですね。

やっと少しずつ寒さが増して、冬らしさが増して来たように思います。

風邪をひいている方が目立ちますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

スタッフはみんな元気にゲストの皆様をお迎えしていますよ -


さて、今回も私のインビザラインでの矯正治療の経過を報告します。

 現在50シート目を過ぎ、やっと、やっと、上の前歯の移動が始まりました!

圧縮かんせい★連結2DSCF1183.jpgインビザラインは歯の並びを全体的に並べかえていき、噛み合わせや、アーチまでも理想的な並びにしていくことができます。

なので、私の矯正の場合、並べる順番としては、後ろの歯から並べ替えていくので、人から見える前歯は1番最後になります。

 50シート目を超えた頃から、院長やスタッフに、あれ?歯並びきれいになってきたね!と言ってもらえることが増え、最近は友人にも気づいてもらえるように!

あと20シートほどで終わり、ラストスパートといった感じですね


人に褒めてもらえることが嬉しくて終わりに近づくにつれてさらにやる気がでます♪
歯がきれいに並ぶのは嬉しいですね!

最初は手間がかかると思われたインビザラインですが、オーソパルスも一緒に使って矯正治療する事で速く治療を進められますし、今では自分のペースで矯正治療が進められるのでオススメですよ♪

そしてなんと私は今、インビザラインで矯正治療しながらホワイトニングをしています

インビザラインは食事の時以外はずっと歯に密着したマウスピースをはめているので、起きている間 2〜3時間行ったり、寝てる間に行ったりとご自身の好きなタイミングで行なえます。

最初、ホワイトニング用のトレーよりは若干 密着度が弱い感じがしたので、これでも歯が白くなるのかな?と思ったのですが、数日行ってみると、あらちゃんと歯が白くなっていました

インビザラインをしながらでもホワイトニングの効果は十分にありました!

ワイヤーをつけるタイプでの矯正治療だと、矯正から始めると、歯にワイヤーが付いているのでトレーが作れないですし、ホワイトニングからされた場合には、大体2週間くらいはホワイトニングをする為、矯正治療は進められません。

インビザは歯を並べつつ、ホワイトニングで歯を白く出来るので一石二鳥ですね♪

矯正治療とホワイトニング両方お考えの方、もしくはどちらかだけ、お考えの方もインビザラインだと両方が叶えられますよ

ぜひ素敵な歯、歯並びにしましょう♪

当院では1時間 無料のカウンセリングを行なっております、お気軽にご相談にお越しくださいね_

お電話(0120-08-0461)お待ちしております♪♪♪

 歯科衛生士  井上優那


★私のインビザライン矯正治療日記【衛生士 井上】 第1話 ~インビザラインはじめました~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2019/06/post-1088.html

★私のインビザライン矯正治療日記【衛生士 井上】 第2話 ~オーソパルス(OrthoPulse、オルソパルス)~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2019/07/2orthopulse.html

★私のインビザライン矯正治療日記【衛生士 井上】 第3話~クリンチェック~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2019/08/post-1095.html


             contact.PNG
圧縮もじ★2れんけつ★正面DSCF3319(1).jpg

こんにちは。
だんだんと暑さも和らぎ、朝と夜は涼しく、過ごしやすくなってまいりましたね。

黒いパンツルックで通勤するので、足と手の色がオセロみたいになっています。
歯科衛生士の井上です。


私のインビザラインの矯正治療も半分くらいまで進み、あと1アライナーで下顎の歯並びが完成します!(見た目はほぼ綺麗に並んでいます。)

歯をまっすぐ立てているのか、ここ最近アライナーを交換すると下の前歯が痛いです(笑)


そういう時には、オーソパルス(前回のブログをご参照ください。https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2019/07/2orthopulse.html)をくわえることで、痛みを和らげています。


下の歯並びが完成するのが楽しみでワクワクしています。

インビザラインは、見えない矯正として薄い透明のマウスピースをはめ続けて歯を動かしていく矯正治療で、ワイヤーに比べて痛みは少ないとされていますが、私の場合はアライナーを交換して最初の12日はやはりちょっと痛く感じます。

人によっては3日程痛みを感じたり、全然痛みを感じなかったりと、人それぞれ歯の動かし方が違うからか、痛みもそれぞれのようです。

痛みに弱い方は、オーソパルスも一緒に使われるといいと思います。

治療も速く進みますからおススメです。

インビザラインは、人にお会いして自分から言わない限り、自分がマウスピースをはめていることに気づかれません。
それくらいインビザラインは見えないのです。

ただ、外出する時、何か食べる度にマウスピースを外して付けてというのが大変です。

外出するとどうしても食事以外にカフェに行ったりとちょっとした間食が多くなるのでそんな時は外してまたつけたり、洗ったりが大変ですね(笑)

あと失くさないように必ずケースに入れる習慣が必要です。

口の中に汚れがついたままその上からマウスピースをはめると、その汚れを停滞させてしまうことになり、虫歯の原因になります。
なので、お手入れは気をつけて行います。矯正中は歯に物が詰まりやすくなりますから、歯間ブラシやフロスはしっかりと行います。

マウスピースにもプラークがつき、歯石が溜まったりするので、毎回ブラシでよく磨きます。

今は慣れてきてお手入れも比較的速くできるようになりましたが、初めの頃は歯ブラシの時間が倍以上に長くかかっていました。

クリンチェック★dsvffsdfsdfsdfsd.jpg時々モチベーションが低くなった時には、歯が動いていく過程の動画(クリンチェック;この写真は2次元ですが、実際は3次元で様々な方向から歯並びをチェックすることができます)がありますのでそれを見て、またモチベーションをあげています。

少し煩わしい事もありますが、断然メリットが多いのがインビザラインです。


今は大分慣れてきて、こういった所も楽しんでやっています。


歯科衛生士  井上優那


★私のインビザライン矯正治療日記 第1話 ~インビザラインはじめました~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2019/06/post-1088.html

★私のインビザライン矯正治療日記 第2話 ~オーソパルス(OrthoPulse、オルソパルス)~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2019/07/2orthopulse.html






             




             contact.PNG

こんにちは^ ^
いつの間にやら梅雨が明け、本格的な暑さになってきましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
歯科衛生士の井上です。

私のインビザラインの矯正治療も、早いもので3ヶ月が過ぎてまいりました。
70枚を超えるアライナー(透明のマウスピース)の内、30枚目近くまで交換終了しました。
 
本来であれば1〜2週間に1度アライナーを交換するので6〜12枚目のはずなのですが、私の場合はオーソパルス(OrthoPulse、オルソパルス、加速矯正治療装置)という装置を使っており、3日に1度のペースで交換ができるので3ヶ月で30枚近くまで進められました。
 

★image3 12  4545.jpg

このオーソパルスとは近赤外線を利用して歯の周りの組織を活性化させ、痛みを和らげながら歯の動くスピードを速める装置です。
装置を口で加えて噛むと音がなり、装置から光がでます。これを毎日10分使用することで、矯正治療を3〜5倍程速く進められます

私のインビザラインの矯正はアライナーの数がとても多い方なのでオーソパルスを使ってこれだけ速く進められるのは有り難いですし、テンポ良く交換していると治療が進んでいることが実感しやすく、モチベーションが下がりにくいです。
 
それに3日に1度の交換だと、頻繁に清潔なアライナーを使用することができるので衛生的に安心です。やはりずっとマウスピースをはめているのでしっかり洗わないとマウスピースにも汚れや着色がたまってきます。なので3日に1度清潔なものに交換できるのは嬉しいです。

オーソパルス使用中は歯ぐきがじわーっと暖かくなりますが、近赤外線には副作用がありません。
使用中の痛みもなく、矯正の痛みも和らげる効果があるのが利点です。面倒だなと思うことはあまりなく、むしろオーソパルスを使わないと速く交換できませんし、痛みも軽減できないので積極的に使いたくなります(笑)

インビザラインをお考えの方がいらっしゃいましたら、オーソパルスも是非、おススメです。
 
歯科衛生士 井上 優那


★私のインビザライン矯正治療日記 第1話 ~インビ表示ザラインはじめました~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2019/06/post-1088.html

             contact.PNG

★68FE.jpegこんにちは、歯科衛生士の井上です。

今回、当院にて院長の厚意により私も矯正を始めることになりました。
私の場合は、現在最先端の矯正方法のひとつである、インビザラインですることになりました!

65478★image2.jpegインビザラインは、上下に透明のマウスピース(アライナー)をはめ続けて歯を動かす矯正治療です。
ワイヤーやブラケットをつける装置が見える矯正と違って、透明のマウスピースなので目立ちませんし、ほとんど気付かれません!

私の歯並びは、前が歪んでいて、真ん中の歯が正面向かずに横に向いて生えています。
それをずっと気にしていましたので、今回院長に勧めて頂いて、矯正ができることになり、とっても嬉しいです。
しかもインビザラインで矯正するので、見えないというのもさらに嬉しいです!

インビザラインは2週間ごとにマウスピースを新しいものと交換し、徐々に歯を動かしていくので、ブラケットの矯正と違い、痛みが少ないと言われています。
そしてお食事する時は外して食事をしますので、特に食事制限はありません。
お掃除する際もマウスピースを取り外してしっかりと歯ブラシができます。

私がインビザラインを始めてもうすぐ約1ヶ月がたちます。
当初はスタッフにはアライナーをはめてることに全く気づかれませんでした。
今は最初に比べてだいぶとアライナーをはめていることに慣れてきました。
早く歯が並ぶのが楽しみです。

今後、変化の様子を随時お伝えしていきますので、矯正を考えてらっしゃる方は参考にしてみてくださいね。

衛生士 井上優那

             contact.PNG

★当院での治療例★

全て非抜歯治療です。

期間が少し長くかかった症例もありますが、歯を抜かなくても綺麗な歯並び+理想的な呼吸方法(本来あるべき状態)を手に入れることができます。

全ての症例に共通して、『風邪をひかなくなった』『花粉症が治った』『ぜんそく・アトピー・睡眠障害の改善』など

身体が丈夫になったとみなさんおっしゃいます。

この矯正方法によって、子供たちを正しく成長、発育させることができ、健康に導くことが可能になります。


666image.jpg66.jpg

 

  完成②もじ★syourei 1~5 mozi.jpgこちらのブログもお読みになって下さい。https://www.miki-dental.info/blog1/2017/12/4.html

             contact.PNG

★55IMG_2834.JPGこんにちは、歯科衛生士の寺岡です。
暖かくなりもうすっかり春ですね
暖かくなると花粉の季節ですが、花粉症の方に朗報です

当院でおすすめしている「あいうべ体操」がなんと花粉症などのアレルギーにも有効なのです、ぜひお試しください。

さてこのたび、当院ではデンタルエステのメニューを導入いたしました。

デンタルエステとは、デンタルエステティシャンの資格を持つ衛生士による
お口の中やお口の周りのマッサージで、当院ならではの特別なエステです。

・くいしばりがある
・お口が渇く
・お顔のむくみが気になる
・小顔になりたい
・リラックスしたい

このような方に特におすすめです。


ご自分で気が付きにくい、日中のくいしばりはほとんどの方がしているといわれています
これが、肩こりや頭痛の原因であることも!
お口の中をやさしくマッサージし、お口の周りの筋肉をマッサージすることで、こりをほぐしていきます。
なにより、気持ちがよくとってもリラックスできますよ。

さらに、リップエステも同時にうけることができます、
唇のマッサージすることで、ぷるぷるの唇になります。

料金は、30分5400円となります。

初めての方でも、すでに当院に通院してくださっている方にも
お得なメニューをご用意しておりますので、お気軽に当院スタッフまでお問い合わせください。
皆様に心地よい空間とお時間をご提供できるように、スタッフ一同心よりお待ちしております。

歯科衛生士 寺岡明子

             contact.PNG
112i1mage.jpgしだ先生.jpg圧縮.jpg新年あけましておめでとうございます。
歯科医師の信田です。
 
さて今回私は『子どもの口腔機能を育てる』ことについてお話したいと思います。
近年、子どもたちの「お口がぽかん」や「食べることが下手」、「歯並びが悪い」という問題がよく話題にされています。
保護者の方たちの興味や意識も、子どもたちのう蝕の問題から、お口の機能のほうに変わってきているように思われます。
口腔機能は全身とともに発達していくので、口腔のみならず全身にも目をむけてアプローチしていく必要があります。

★口腔機能.jpg口腔機能は
1食べること(摂食、嚥下)
2話すこと(発音、言語)
3呼吸すること
これらの活動に大きく関わっています。これらは生命維持において非常に重要ですし、顎や顔面を含めた歯列の正常な発育に大きく影響をしています。
 
食べたり話したりするにはそれぞれの活動に合わせて、息を「吸う」「止める」「吐く」といった動作の切り替え、呼吸のコントロールが必要です。この呼吸のコントロールは口唇や舌、軟口蓋が強調して行っています。口唇を閉じる、舌運動(前後・上下・左右)、軟口蓋挙上する動きは、全身の運動機能とともに発達していきます。
 
生後まもない赤ちゃんは固形食を食べることができず、母乳やミルクなどの液体を飲むしかできません。
固形食を食べるには頚部の安定や体幹の安定が必要になり、それらは赤ちゃんが生後体を動かすことにより獲得していきます。
このように口腔機能は全身の運動機能と相互に影響しあうので、全身の発達も考えていかなくてはなりません。
全身の運動機能の土台となるのは食・呼吸・姿勢になります。
 
 
 

  ★345呼吸 嚥下.jpg1食育(食)
2息育(呼吸)
3足育(姿勢)
この3つは子供たちの口腔機能及び口腔そのものを育てることにおいて、とても重要となってきます。

1食育
赤ちゃんが食べることを練習する材料が離乳食になります。
離乳食の形態や量は月齢に左右されるのではなく、口の機能や歯の生え方に合わせて調整することが大切です。身体の発達と舌の前後運動、舌の上下運動、舌の左右運動のステップに応じて離乳食を与えていきましょう。
食事の際は、両足がしっかりとつくタイプのチェアに座らせることで、上半身が安定するようなります。腰がすわり安定した状態で手づかみ食べをさせていきましょう。
赤ちゃんは手づかみ食べをし、食材を前歯でかじり取ることで、一口の量を覚えていきます。
またこの時期は子供たちの食べたいという意欲を育てていくことも大切です。お腹がすく環境づくりも必要となってきます。
起床と就寝、お昼寝時間が不規則になっていないか、授乳や甘未飲料摂取で満腹になっていないか、おやつの内容や与え方、戸外での遊びなどの運動量なども確認する必要があります。
 
    ★rennketu★hosi ★2正しい舌の位置.jpg2息育(呼吸)
本来人間は鼻呼吸がしやすいようにできています。正しい呼吸を行うためには、口が正しい姿勢の状態になっていないといけません。
★正しい口の姿勢.jpg口を閉じたときに、舌がスポットの位置にあるでしょうか?
 
習慣的に口呼吸を行う子供たちは、舌の位置が低く、食べ物をごっくんと嚥下するときに舌を口蓋(上顎のへこんだ部分)に押し当てて舌圧を生じることができません。
そのために上顎の側方の成長が少なくなります。お口の中の容積が狭くなってしまうと、舌が十分に動かすことができずに正しい食行動や発音を行うことができません。
 
正しい呼吸(鼻呼吸)を行うことは、顎顔面を正常に発達していくうえでもとても大切です。
 
 
 
 
3足育(姿勢)
呼吸は姿勢と深く関係しています。鼻呼吸がしやすいように口を閉じていられる姿勢が歯科では「正しい姿勢」「良い姿勢」となります。
 
赤ちゃんは離乳食が進むにつれて体の軸が整い、自ら口唇を閉じる力をつけていきます。
 
★抱き方寝かせ方.jpg赤ちゃんの体の軸がまっすぐ整うように、また頭部が後屈して口唇が開かないような抱き方や寝かせ方の工夫が必要です。
哺乳時、おんぶ・抱っこ時には、足も手もお母さんの体に密着しまとめるように支えられている姿勢が大切です。
 
また足底をしっかりと地面につく姿勢をとると正しい呼吸がしやすくなります。
立つ時に足指を使えていなかったり、足指に変形があると重心が踵側に後退して口が開きやすい姿勢になってしまいます。
 
人間が立って歩くことができるのは抗重力筋の働きがあるからです。この筋肉は、ハイハイ、自座位、つかまり立ち、歩行の成長過程で体幹が鍛えられていくとともに発達していくので、しっかりと成長のステップを踏んでいくことも大切です。
 
腰がすわる前、すなわち体の軸が安定する前に腰を支えるタイプのチェア(バンボタイプ)のベビーチェアを使用すると自座位と歩行のための発達を阻害し、脊椎の歪みにつながります。
 
★すわり方.jpg座ったときは足裏を膝の下またはそれより後方に置くと、重心が足指側になり、自然と骨盤が起き上がり正しい呼吸がしやすくなります。
妊娠中も椅子に座るときは、深く腰掛けず足首に体重が乗るようにします。そうすることで猫背にならない楽な姿勢が保つことができます。
 
 
口腔機能の発達は、全身の運動機能の発達と密接に関係しています。
全身の運動機能の土台となる食・呼吸・姿勢を妊娠期から正しくサポートすることが大切になってきます。
 

当院では妊婦さんや小さいお子様の食育指導をはじめ、歯育て講座、姿勢のトレーニングも行っております。(25分 3000+税)

 

お子様の正しい口腔機能及び口腔そのものを育てていくためにも全身にも目を向けてサポートしていきたいと考えております。

 

 

歯科医師 信田麻耶
             contact.PNG

超精密義歯は、審美性にも優れ、異物感も少なく、軽く、汚れ・匂いがつきにくいです。

★かんせい★DSCF0289.jpg超精密義歯はご要望に応じ種類があります。

材質や強度、治療のステップ、見積もり等おこなっておりますので、ぜひ無料相談にお越しになって下さいませ。

 

電話 フリーダイヤル 0120-08-0461

メール info@miki-dental.jp

 

             contact.PNG

床矯正セミナーに参加

|

staffffff11.jpgこんにちは、歯科衛生士の寺岡です。

一段と寒さが増してきましたね~
日中でもコートが必要な季節です、皆様冬支度はお済でしょうか?

土曜日に子供たちの学校で音楽発表会があり、見にいってきました。
どの子も真剣で、キラキラしたまなざしに感動し成長を感じることができました。
子供の成長はとても速いです、一日一日大切に過ごしたいものですね。
  IMG_8325.PNG日曜日は大阪で「床矯正のベーシックセミナー」が開かれ、井栗さんと二人で行って参りました。
私たちにとっては、初めての床矯正セミナーということでどんなお話を聞けるのかとても楽しみにしていました。

会場には、多くの歯科関係者の方が多数参加していました。
なんとか前の席を確保し講師の先生のお顔もバッチリ見える席に座ることができました。

ベーシックセミナーということで、初めての方にもわかりやすく、とても丁寧な講義でしたが、6時間という限られた時間の中で、集中して聞いていたので、一瞬も気が抜けない、かなり内容の濃いセミナーでした。

IMG_8326.PNGそのなかで、「なぜ歯並びが悪くなってしまったのか」を一緒に考え、「悪習慣を改善しないと歯を矯正するだけでは、また元に戻ってしまう」と繰り返しおっしゃっていました。

日常の何気ない習慣が大きなズレとなってしまい、結果として歯並びが悪くなってしまうのです。
逆に言うと悪い習慣の認識を変えることで、綺麗な歯並びと健康が手に入るということです。
またお話の中で、歯並びを良くするには、始める時期がとても大切で、早ければ早い程良く、少しの装置とトレーニングで歯の並びが劇的に改善することもわかりました。

「様子をみましょう」とか「永久歯が生えそろってから」では矯正期間も費用もかさんでしまうこともあります。
子供の成長はとても速いです、適切な時期に適切な治療で綺麗な歯並びへ一緒に導いてあげてくださいね。

美希デンタルクリニックでは矯正の無料相談(50分)を随時おこなっておりますので、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

歯科衛生士 寺岡 明子


             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち治療についてカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歯並びと食事です。

次のカテゴリは矯正歯科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461