> > 2016年12月アーカイブ

2016年12月アーカイブ

st8989+aff08.jpg

皆様、こんにちは。歯科助手の佐藤です。
今年も気づけばもう師走ですね...
行事の多い時期になり、寒さも増してきましたが
皆様お身体お変わりございませんか?

今回私が、読書感想文を担当させていただきます。

私は、「人生は『口ぐせ』でまるごと変えられる。」と言う本を
ご紹介させていただきたいと思います。

nklnkjnl.nk.jpgこの本の著者である、野口健幸氏は、横浜市地方公務員として24年間勤務されていましたが、いじめに苦しむひどい状況を打破しようと、行動をおこし2011年6月に脳科学者でベストセラー作家の佐藤富雄氏と出会い、「口ぐせ理論」を学ばれました。
公務員生活をしながらFXと出会い24年間勤務された職を辞して、FX(外貨為替証拠金取引の略)機構を設立されました。
そして、たった1年でFXを使って公務員時代の年収の10倍を稼ぐほどになられた方です。
野口さんは、年収が増えたことよりも、「人生が10倍、100倍自由で素晴らしいものになった」事が大きな収穫だと。
そのベースにあったのが『口ぐせ理論』であり、人生をまるごと変えてしまうことができた。
と話されています。

私はこの本を読み、24年間勤務された職を辞するきっかけとなり、人生をまるごと変えてしまうことができた『口ぐせ理論』にとても興味をもちました。

この本によると「口ぐせ理論」には3つの定理があり
定理1「言葉を使う事で脳をだます」
定理2「脳には、主語や時間の流れが理解できない特性がある」
定理3「いい言葉」を使う「感謝する」

日頃ついつい発してしまう『口ぐせ』があるかと思います...
その口ぐせはポジティブなものですか?
ネガティブなものですか?

私はこの本の中で心当たりがあり、著者の話に共感いたしました。

私は人に親切にしてもらった際、相手にもちろん「ありがとう」と言いますが、
お礼の代わりについ「すみません」と言ってしまう事がありあります。
ここでは、「ありがとう」はポジティブ語になり「すみません」はネガティブ語になります...
ポジティブな言葉をわざわざネガティブな言葉に言い換える必要はなく、一言「ありがとう」と言うだけで、「ありがとう」を口にした瞬間自分自身もいい気分になり、相手も笑顔になり喜んでくれる。
と言う話に納得させられました。

確かに人は怒りながら「ありがとう」とはいえないな、と思いました。
日常何気なくしている会話の中でも、自分がネガティブ発言をしていることに気づく事ができました。

「言霊」という言葉があるように、言葉に宿る不思議な力あるとされていますが、まさに口に出した言葉というのはほんのささいな内容でも少なからず自分に、そして周りにも影響を与えます。
ネガティブな発言ばかりしていると、ネガティブな人ばかり周りに集まってくると聞きます。
自分を変える、相手を変える為にはまず言葉から...
『口ぐせ』は時に性格を変えてしまうほどの効果があるのだと改めて考えさせられました。

人の悪口、文句、他人に向けて発した言葉も、自分自身胸の奥にもやもやした気持ちが残るのは、「口ぐせ理論」定理2の、脳は主語が理解できない事にあり、自分が発した言葉は自分の耳を通して脳に届き、脳は自分に向けて発した言葉と同様に捉え、言葉の影響を受けるのは、その言葉を口にした自分自身であるのだという事を知り、言葉の使い方がいかに大事であるかを学ぶ事が出来ました。

「ありがとう」の言葉を毎日口にし、「ありがたい」という思いをノートに書き「感謝日記」をつけ、日常ありがたいということを最低100個書き出す必要がある。
と書かれていたので私自身ありがたいと思っている事を実際書き出してみましたが、37個書いて手が止まってしまいました...
私自身もっと書けるかなと思っていました。
なぜなら、当院では朝礼で週2回スタッフが感謝を述べる日があります。
その話の中でスタッフそれぞれ「ありがたい」いと思う所、感じる所が違うので、話を聞く事によって発見、気づき、学ぶ事ができる環境にあったにも関わらず、これだけしか書けなかった自分を情けなく思いました...
日常生活において、当たり前になってしまっている部分が私の中で多くなっていて感謝の対象としていなかった事に気づかされ、恥ずかしく思いました。
感謝の対象は無限にあるのだと改めて学ぶ事ができました。

言葉一つ変える事で人生が変わるほど、言葉の「力」というものがいかに凄いかをこの本を読んで感じる事が出来ました。
言葉が変われば意識も行動も生き方もかわる
いい言葉を『口ぐせ』にすることによって、その影響を一番受けるのが発しながら聴いている自分自身であるのならば、脳をうまく騙し人生を幸せなものにしたいと思いました。

「ありがとう」は日常生活の中で身近であり、「ありがとう」は最高の魔法の言葉なのだという事をこの本を通して学べた事に感謝したいと思います。
ありがとうございました。

佐藤 美布子

             contact.PNG

DSC00013(21).JPGみなさまこんにちは!衛生士の榎本です。
時節柄、腸炎やインフルエンザなどの感染症が流行りつつあります。
「あいうべ体操」でこの冬も乗り切りましょう!!

さて先日、いつものミーティングよりパワーアップした「美希デンタルクリニック1日集中セミナー」を開催いたしました。
年に一度以上は必ず実施される、スタッフ皆の意識改革と共通理解を深める大切な一日です。


DSC00001(23).JPG① 院長より、開会宣言! 

② 太渕さん発表
「赤ちゃん歯科」のつづきをしていただきました。
「赤ちゃん歯科」とは、赤ちゃんの時やそれより前のママの妊娠期からできる、歯科からのアドバイスを言います。「子育て歯科」とも言います。
お子さまにおける「むしばゼロ」はあたりまえになりつつあります。

DSC00131(7)565.jpg虫歯にならないように「予防歯科」という言葉も、お聞きになられたことはあると思います。
ですが、現代では、虫歯よりも「歯並び」が悪くなり、矯正が必要になるお子さまが増えています。
たとえば、離乳食をあげる時ひとつをとっても、スプーンの位置やママの位置、赤ちゃんの姿勢など色々な要素で歯並びが良くなることもあれば、悪くなることもあります。

美希デンタルクリニックでは、赤ちゃん期から歯並びを悪くする習慣に気づいていただき、歯並びをよくする子育て方法やアドバイスを行っております。
「矯正歯科」も、もちろん行っておりますが「矯正の予防歯科」としての情報提供も行っております。
そこで、アドバイザーとして活躍してくださるのが、太渕さんです!
今回は、太渕さんが実際に行っている流れを、ミーティングで披露していただきました。
一方的にお伝えするだけでなく、質問や疑問を交えて、とても分かりやすく教えている太渕さんの姿に、スタッフ皆感心いたしました。
実際に、太渕さんがカウンセリング中に気づいたことや改善したことも教えてくださるので、とても分かりやすかったです。
わたしも、太渕さんのカウンセリング力に追いつけ追い越せと精進します!

 



P1060989.JPG 

DSC00137(7)5656.jpg

 ③ 榎本 発表
「りっぷるとれーなー」体験をしました。
「りっぷるとれーなー」というお口の筋肉を鍛えるトレーニング器具です。
トレーニング器具がどんどん発売される中で、どれが効果的で導入に値するのかの判断をするのは、やはり実際に使うに限ります!
いつも、新製品が発売される度に院長はすぐに購入してくださるので、色々と試すことができます。
そして、当院でお伝えできる選択肢も増えていく中で、それぞれの患者様にあったものを細かく選択できるのでメリットは大きいです。
実際にスタッフ皆で体験していると、意外な使用方法を編み出しました
お口どうしでつなひき勝負のような「口輪筋選手権」です(笑)。
以前にも、ボタンを使って「口輪筋選手権」をして盛り上がったのですが、今回も大盛況でした(^^)/
殿堂入りの信田先生にひきつづき、佐藤さんも見事に殿堂入り?されました!おめでとうございます!
やはり、楽しみながらトレーニングを行うのが一番です

DSC00133(7).JPG④ 窪田さん発表
「ネコの会」セミナー報告
歯科業界では、有名な「ネコの会」セミナーです。
年に1回、神戸で行われる歯科業界向けのこの貴重なセミナーに医院を代表して窪田さんが参加してくださいました。
その中での「糖分」「ジュース」についてのお話をしてくださいました。
知らず知らずにとっている「糖分」は、たくさんあります。
自分自身でも、最近は気を付けていますが、何気なく、何となく口にしていると、どんどん糖分過多になる世の中です。

今の時期は特に、
{「ビフィズス菌」「乳酸菌」がインフルエンザに効く!?}
など、よく目にしませんか?

「健康のために」と、そのまま鵜呑みにしていませんか?
確かにビフィズス菌も乳酸菌も体に良いのですが、市販されているのは、あくまでも「商品」なので、基本的には「甘く」「おいしく」作られています。
お風呂上がりの一杯や寝る前の一杯、朝の一杯が案外「糖」の摂りすぎになっているかもしれません。
「糖」は、虫歯の原因にもなりますし「脳」にも作用します。
あくまでも、ヨーグルトや乳酸菌飲料は「お菓子(嗜好品)」の認識を持たれることをおすすめいたします。 
他にも「カロリーハーフ」や「減塩」に惑わされないようにすることも教えていただきました!
「砂糖」ではない「添加物」を使用し、数字としてのカロリーを抑えているだけで、さらに危険な食品だそうです。
窪田さんの発表は、レジュメ内容が充実しており、身近なものを例にとって発表してくださるので、とてもわかりやすかったです。
窪田さんありがとうございます!

★DSC00099(11)fsfsfsrrr.jpg☆ランチタイム
映画「あまくない砂糖の話」を鑑賞しながら、各自手作り弁当を食べました。
DVDは院長がご準備してくださいました。
ありがとうございます!!

いたって「普通」の男性(この映画の監督自らです)が、「一日ティースプーン40杯の砂糖を60日間摂ったらどうなるか」というドキュメント映画です。
それ以外は「健康食品」といわれるローカロリーやローファットのものをベースに、食事に摂り入れていました。
ここから先は少し映画の内容を書かせていただきますので、映画をまず見たい方はお気を付けください。

血液の数値などが悪化するのは想像つくのですが、「無気力」「依存」「躁鬱(そううつ)」の状態に陥るのが怖かったです。
世の中で言われている、カロリーや脂肪分などは「太る」には関係ないのかもしれません。
皆様もカロリーではなく、「砂糖」の「摂り方」や「量」を振り返ってみてください。


☆ブレイクタイム
 映画の合間に、
「院長特製・歯のクイズ」
を、実施していただきました。
動物の歯について、面白く楽しく学ぶことができました。
豆知識としてもまた情報が増えました☆
クイズ正解率は、信田先生が一位でした!さすがです!
そして皆で(あまくない砂糖の話を見ながら!?)プリンをいただきました(^◇^)。
院長、ごちそうさまでした。


☆9月10月のブログ大賞
1位 太渕さん 「贅沢な講演会に参加しました!! ~ヨシダ DNA特別講演会~」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2016/09/post-1005.html

2位 信田先生 「ここ~食卓から始まる生教育~を読んで」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2016/10/post-1023.html

3位 窪田さん 「季節の変わり目こそ鼻呼吸を」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2016/10/post-1025.html

4位 榎本   「服用中の薬はありませんか?」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2016/09/post-1024.html

皆さま、是非、ご覧くださいませ♪


DSC00135(7).JPG⑤ 濱崎・信田先生発表
「歯科医療面接について」
「歯科医療面接」というと少し堅苦しいですが、要は「歯科でのおもてなし方法」です!
初めて患者様とお話しするときや症状をお伺いするときに聞き漏れのないように、歯科の治療で必要な情報をどのように聞き出すか、どこまで引き出せるかを勉強しました。
つい歯科の人間は「歯」や「口」にばかり意識がいきがちですが、それ以外の情報もとても重要になってきます。
それを患者さん側から引き出し、こちらサイドとしては、うまく聞き出すことにより、結果的に時間や経費のロスも少なくなります。
治療計画もたてやすくなりお互いにとってメリットばかりです。
「おもてなし力」をあげるべく、がんばります!!

~一日セミナーに参加して~
第6回美希デンタルクリニック一日セミナー、いかがでしたでしょうか?
参加した側の立場で言いますと、あっという間に一日が過ぎてしまったなー、というのが一番の感想です。
月に一回ミーティングを行っているのですが、やはり時間に限りがあります。
今回はこのようにして一日たっぷり時間をとっていただき、とても盛沢山な内容の充実した一日でした。
映画鑑賞までできたのは、一日セミナーならではです。
2017年も一日セミナーを、開催したいです!
いえ、もちろん開催します!
院長、スタッフのみんな、よろしくお願いします!

衛生士 榎本 まりこ
             contact.PNG

健康のために減塩?

|
112123☆fl1★1gggg★8989888img_staff1_kubota.jpgこんにちは☆スマイルクリエーターの窪田です。

さて、最近スーパーでよく見かける減塩味噌や減塩醤油。
高血圧対策や予防など健康を考慮して購入されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、減塩すると味が悪くなるとおもいきや市販されているもののほとんどは味もしっかりついています。

減塩.gif5656.gifそもそも塩には防腐剤の効果があります。
その塩分を減らすとどうなるでしょう。

食品が腐りやすくなるため、商品にある程度の賞味期限を設け、また味を保って販売するためには、防腐剤効果がある食品添加物を加えなければなりません。
食品添加物には発癌性があるものも含まれており、かえって健康を損なうものを摂取してしまうこともあります。

和食.jpg5656.jpg

塩分の過剰摂取は良くありませんが、塩は身体のバランスを保つ重要な役割を担っています。
しかし、その塩分とは人工的に加工されたものではなく、ミネラル豊富な天然の塩や昔ながらの製法でつくられた味噌や醤油の塩分に限られます。
和食を中心に身体に良い塩分摂取を心がけ、あえて減塩表示の商品に手を伸ばさないようにしてみてはいかがでしょうか。

スマイルクリエーター 窪田伶香

             contact.PNG

設立9周年のごあいさつ

|

IMG_0725.JPGこんにちは。院長の椋本です。
去る12月3日に、美希デンタルクリニックはめでたく9周年を迎えることができました。

開設以来、数千名を超える患者様、現役も含め歴代のスタッフ、裏方で支え続けてきてくださった材料店、歯科技工所、並びに取引先の皆様のおかげでございます。
本当にありがとうございます。

当院が産声をあげた頃はチェアー3台を持て余すほどの来院者しかなく、院長やスタッフ自らがチラシの配布をしなければならないほどでした。
学園前というところも他の街と同じく非常に歯科の競争が激しいところです。

gdgdgdgIMG_0762.jpg幸い当時はまだ他医院が行っていなかったホワイトニングを先駆けて行うことでたくさんの来院が一時的には押し寄せましたが、私は何か独自の特色がないと生き残りは難しいと考え、「歯を抜かない矯正」である床矯正治療に取り組む事にしました。
インプラント治療が全盛の時代でしたが、「抜かない、削らない」ということや「本当の美と健康」といった私の信念とは相容れない部分が多かったのでそちらに背を向け矯正と審美治療に重点を置くことにしました。
審美に関しても奈良で最初のスーパーエナメルの認定を受けるなど絶えず先端の技術を修得してきました。

そういった日々の臨床のなかで、食事や呼吸方法が口腔内から姿勢、身体全体の調子に影響することを実感するようになってきました。

特に矯正に来られるお子様の大半が姿勢が悪く、鼻呼吸でなく口呼吸であることが顕著であることを痛感しました。
いくら直接的に矯正治療をしようとも根本を治さなくてはならないと考え、歯科医院ではまだ珍しい舌(ベロ)のトレーニングや鼻呼吸の指導、食育カウンセリング等を推進することにしました。
それらに関するセミナーや講演をスタッフと時には共に、時には手分けしてたくさん学ぶようになりました。

今ではスタッフに毎月たくさんのトレーニングをしてもらい、治療の前段階である「知識」を患者様にご提供する部分を担ってもらっています。
それまでの「審美」「矯正」に加えて当院の大きな柱である「食育」という、これまでの施術における直接治療だけではなく、どのスタッフも患者様に与えることができる間接治療を推進できるようになったのです。

さて、スタッフに目を向けると開設時は歯科衛生士が二人と受付がひとりだけでした。
衛生士のお二人はMさん、Iさんという方でした。
Mさんは非常に器用な方でお口クリーニングの腕前は私が見た中で抜きんでていました。
Iさんは子供が大変お好きで人気があり、矯正に関しては私より先に臨床をしていたので当院の小児治療の礎(いしづえ)を築くのに大いに力になってくださいました。
彼女たちに少し遅れて現在も活躍中の太渕さんが入職してくださり、それまでは形が定まっていなかった受付・予約システムをおひとりで完成させてくださいました。
その頃、事務方はひとりで、私と衛生士は治療で精一杯の中で当時まだ24歳の太渕さんがよく一人でしのいでくださっていたと本当に感謝をしています。

開設2年目にはその後チーフになられたTさんが入職され、フィンランドへの研修で学ばれてきた「予防歯科」の概念をクリニックに浸透させてくださいました。
今、小さい規模ながらも多岐にわたる診療ができ、自由診療を中心とした総合的な提案ができるのも当初のメンバーが後輩たちに引き継いでくださった知識と技術のおかげであることは間違いなく、本当に感謝をしています。

最後に来年は集大成の10周年です。
今では10名を超えたスタッフがそれぞれ与えられたポジションの中で大きく成長され、次の12月3日をまたすがすがしい気持ちで迎えられるよう日々の診療に真摯に取り組む所存でございますので 10年目の美希デンタルクリニックも何卒よろしくお願い申し上げます。

Ijkk,jllklMG_0761.jpgちなみに9周年の記念品は、
9(キュー)にちなんで、
『美希デンタルクリニック衛生士さんの制服を着たキューピーちゃん人形』
です

美希デンタルクリニック 院長 椋本美希
             contact.PNG

低栄養について

|

1ifmage.jpgはまざき.jpg 圧縮.jpgこんにちは。衛生士の濱崎です。
すっかり寒くなり衣替えの季節になりましたね。

急な寒さで、ご体調崩されないように気をつけてください。

さて今回は高齢者にみられる「低栄養」についてお話させて頂きたいと思います。

現在、日本では少子高齢化が進み平均寿命も伸び続けております。
65歳以上の高齢者人口は2014年10月1日時点では過去最高の3300万人となり、4人に1人は65歳以上になっております。

そこで問題になっているのが高齢者の「低栄養」

低栄養とは、たんぱく質とエネルギーの失調障害です。
野菜中心のあっさりとした食事などを毎日繰り返す事により、じわじわと低栄養に陥っていくのです。

また、甘い食べ物のとりすぎで、質的栄養失調(カロリーは足りているが、必要栄養素がたりていない状態)に陥っている場合もあります。

image.jpeg898.jpegbfbsbb.jpeg高齢者の方が、ただ痩せるのは良くありません。
体重が減るというのは筋肉量の減少および身体機能の低下を意味します。

たんぱく質が不足すると筋肉が落ち、足腰も弱まり、家に閉じこもるようになります。

しかし早い段階で患者さんがそれに気付いて食生活を改善出来れば衰弱ひいては要介護に陥るのを回避できる可能性があります。


低栄養の特徴
1.体重の減少
2.皮膚の炎症を起こしやすくなる
3.風邪などの感染症や合併症にかかりやすい
4.食欲低下、歩行速度の低下
5.疲れやすい、元気がない
6.口の中や舌、唇が乾いている
7.握力が落ちる

sadfoergrgreg.gifこのような症状が重症化すると、要介護に繋がってしまいます。
例えば...
1.転倒・骨折のリスクが増加
2.病気にかかりやすく、持病も悪化しやすくなる
3.摂食嚥下機能の低下(軟らかい物でないと食べられない等)

低栄養は早期発見で防ぐ事が出来ます。
当院では、お口の中の健康だけではなく患者様一人一人としっかり向き合える環境を整え、食生活のアドバイスをしっかりと行っております。

また、私自身も患者様の変化に気付けるような衛生士になれるよう今後も日々勉強やコミュニケーション能力を高める為のトレーニングを続けたいと思います。

衛生士 濱崎美帆
             contact.PNG

image.jpgはまざき.jpg 圧縮.jpgこんにちは。歯科衛生士の濱崎です。

現在、一緒に働いて下さる衛生士さんを募集しております。
参考までに私の衛生士としての仕事を少しご紹介したいと思います。

私は新卒歯科衛生士として四年目になり、現在もフルタイムで働いております。

○当院での衛生士としての仕事
一般、小児、審美、矯正を行っており、基本的には衛生士がリコール、クリーニング、Drアシスタント、ホワイトニング、矯正の検査や確認、トレーニングを担当します。

●DSC00053(7).JPG2.JPG○完全予約制、個室にて診療を行っております。
患者様がリラックスして満足して頂ける治療が受けれるよう当院では完全予約、個室の為、患者様と信頼関係を高め、楽しくお話する事も出来ます。

○完全滅菌
当院 では患者様に不快感を与えない為にも器具類は完全滅菌しております。
完全滅菌の器具を使う事により、衛生士も気持ち良く治療に取り組む事が出来ます。

○最先端の治療
・子どものリコールでは唾液検査や、むし歯にならない為の食生活指導
・大人の方は歯周病菌の位相差顕微鏡検査
・むし歯の予防はもちろん、歯並びが悪くならない為の予防トレーニング
・床矯正や部分矯正、インビザライン矯正など様々な矯正治療
・保険外の詰め物や被せ物の治療
・インプラント治療
・スーパーエナメル治療

○ワンランク上の接客対応
当院は院長が女性という事もあり、衛生士としてだけではなく、女性として、社会人として成長する為に話し方や文章の書き方、カウンセリングの方法など を先輩方にしっかりと教えて頂けます。

研修風景P1160672.jpg○勉強会やセミナーへの参加
当院では月に1回は必ずランチミーティングを行っており、意見の交換やセミナーで学んできた事の報告、勉強会を行っております。
そうして歯科衛生士として必要な知識を毎月勉強することができます。
また、様々な外部セミナーへの参加も出来ますので興味を持ったことは何でも学ぶ事が出来る上に費用は全額クリニックが負担して下さいます。


○私が新卒から当院で働いていて良かったなと思う事は、まず第一に「成長」が出来る職場環境だという事です。
もちろん、私も入ったばかりは右も左も分かりませんでしたのでたくさん悩み、自分の無力さに泣いてしまった事もあります。
ですが、壁にぶつかってしまった時には必ず院長や先輩方が優しく手を差し伸べてくれます。
また、「やりがい」の多い仕事です。患者様の笑顔をたくさん見ることができ、またたくさんの感謝のお言葉やお手紙を頂戴するすばらしい職場です。

私は元々美容関係の仕事がしたいと小学生の頃から思っていたのですが、親の反対により消去法で歯科衛生士という道に進みました。
専門学校時代も特に熱心に衛生士になりたいと思っていたわけではありませんが、卒業前にたまたま美希デンタルクリニックのホームページと先輩方のブログを拝見してここにどうしても見学に行きたいと思いました。
結果として今は当院の歯科衛生士であることに感謝と誇りを持っています。

今、これを読んでらっしゃるあなたも何かの縁かもしれません。
一度見学にお越しいただければ当院の素晴らしさをお伝えできると自負しています。

歯科衛生士として成長したい、ワンランク上の衛生士になりたい、そのように思われている方と一緒に私も、さらなる成長をしていきたいと思っておりますので、ご一緒に仕事が出来る日を楽しみにしております。

衛生士 濱崎 美帆

医院見学だけでも大歓迎です。

お気軽に、お電話(0742-51-0461)または、

メール(info@miki-dental.jp)下さい♪

お待ちしております。 

詳細;https://www.guppy.jp/dh/231734

 

★ブログ 成長できるクリニック.png
contact.PNG

美希デンタルクリニックへようこそ


image.jpgえのもと.jpg圧縮.jpg皆さま初めまして。
美希デンタルクリニック衛生士の榎本です。

この文章をお読みいただきありがとうございます。

まずは、私の経歴からお話ししたいと思います。

衛生士の資格をとって、13年になります。
しかし、私の場合は、その後すぐ結婚し、3人の子育てに奮闘していました。
そして、美希デンタルクリニックに出会ったのは2009年8月のことでした。
ですので、間もなく8年目を迎えます。
勤務したときは、子育て真最中でしたので(今も子育て中ですが、就職当時、末っ子は1歳でした)、「週2日勤務」で、衛生士業務を先輩から教えていただきました。
美希デンタルクリニックに出会ってから、「確立された」「歯科衛生士の仕事」にも出会うことができました!

当院は「完全予約制」「個室」ですので、クリーニングなど、歯科衛生士のみで行える業務の時は、院長の確認ののち、限られた時間内であれば、精一杯自分の思うクリーニングをすることができます。
そして、「完全予約」「個室」でなければ、混んでいるときなど、患者さまもスタッフも気を使ったりすることもあると思いますが、「完全予約」「個室」だからこそのメリットを最大限活かして、集中して業務に励むことができます。

子育て中のママ衛生士さんはいませんか?

条件は色々あるとは思いますが、もし、働きたい意思があるなら是非応募してみてください!

前述にもありますように、私は「週2日」のパート勤務でした。今思えば、週2日だからこそ、続けることができて、今があると思います。
今や歯科業界ではなかなか少ない17時までの勤務でありながら、常勤衛生士です!

★2ランチミーティングDSC00087.jpgパート勤務の当時はセミナーなどもなかなか参加できませんでした。
しかし、美希デンタルクリニックでは、毎月ミーティングを開催しており、そこで、先輩衛生士さんのセミナー報告や勉強会で知識を深めることができました。
ミーティングでの知識においては、歯科に関係することはもちろん、子育てのこと、全身のこと、健康のことなど多岐にわたります。
それらの知識はすぐに使えるものばかりで、子育て中のママにはうってつけの内容ばかりです。
実際、我が子は「美希デンタルクリニック式」で育てています。
3人とも、もちろん虫歯は一本もありませんよ(^^♪。

私の現在の勤務は常勤衛生士であり、サブチーフ衛生士です。
診療時間は19時までですので、すべての時間のフルタイム勤務でないにもかかわらず、院長よりサブチーフの役職を任されています。
右も左もわからない衛生士業務を一から教えていただき、いまは一人の自立した衛生士になることもできました。
チャンスはどこにあるかわかりません!まずは、「きっかけ」からつかんでみませんか?

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
是非、あなたの御応募をおまちしております!

美希デンタルクリニック サブチーフ衛生士 榎本まりこ

医院見学だけでも大歓迎です。

お気軽に、お電話(0742-51-0461)または、

メール(info@miki-dental.jp)下さい♪

お待ちしております。

 

詳細;https://www.guppy.jp/dh/231734

 

 

美希デンタルクリニックで一緒に働きましょう!

求人募集中!!

itou phot7o.jpgはじめまして。
当院のホームページをご覧いただきまして有難うございます。
このクリニックに入職して約3年になります歯科衛生士の伊東と申します。

クリニックとの出逢いは、まさに今あなたがご覧になっているこのホームページでした。

私は衛生士学科を卒業後、1年半ほど衛生士として働きましたが、結婚、出産を機に衛生士のお仕事を離れ、専業主婦として過ごしてまいりました。
10年以上のブランクに加え、小学生の娘2人の育児との両立を考えると復職には多くの不安があったのですが、院長始め、クリニックのチームメンバーが温かく迎え入れて下さったことで、衛生士の仕事に復帰することができたのです。

当院に入職してまず驚いたことは、それぞれの業務や施術内容について、代々の先輩方が作り上げて下さったマニュアルがきちんと整えられていることでした。
ひとつひとつ、しっかりとしたマニュアルが存在することで、新しく入職したスタッフにも理解しやすく覚えていただき易いですし、患者様にも安定したサービスをご提供できることにつながります。

また、実際に患者様を担当させていただくまでには施術内容ごとに研修があり、先輩にしっかりと確認をしてもらえるので、ブランクのある私でも大変安心できました。

院内セミナーDSC00001(3).jpg診療以外の場面においても、マナー、生き方や気持ちの持ち方など、この3年間で多くのことを学べたことに感謝しております。

この度、親戚の介護を手伝うことになり大変戸惑っていた私に、「いつでも戻ってこられるように籍は残しておいていいから」と、休職を提案いただきました。
高齢化社会において介護により退職を余儀なく迫られる方が多い中、このように休職させていただける環境はとても有難いものです。

これまでも、娘の学校行事などに際し、幾度となく勝手ながらのお休みも頂戴してきました。
スタッフ同士で勤務日や勤務時間を調整しながら、助け合って日々の診療に臨むことができます。
ですから、お子様がいらっしゃる方にも安心して働いていただけると思います。

衛生士は医院ごとで業務内容が大きく異なり、やりがいを感じながら働けるかを左右されるように思います。
当院では、まず院長がとても勉強家であり、常に向上心を維持して患者様の健康のために尽力されています。
私達スタッフにも研修会やセミナー、他院見学に数多く参加させて下さることで、学びの機会をたくさん与えられ、様々なことを勉強できますし、知識や技術を習得することが可能です。

衛生士が患者様のご案内からお見送りまですべてを担当することも多く、その中で患者様の笑顔や「ありがとう」のお言葉に大きなやりがいを感じることができます。
おひとりでも多くの患者様が健康になられるために、そして笑顔になられるために・・・ 是非あなたのお力添えをお待ちしております。

2323DSC00050.jpg女性の院長ということで、当クリニックの外観は歯科医院のイメージとは程遠く、エントランスの花壇には季節の花々がいつもきれいに咲き誇り、ゲストの皆様をお迎えいたします。

そして、院内も白とブラウンを基調とした落ち着きのある内装で、全部で3つある個室には院長自らが施される季節感溢れるディスプレイ。
こちらもゲストの皆様に大変喜ばれております。
そんな清潔感のあるお洒落な当院で一緒に働いてみませんか?

まずは一度、当院にお越しいただき見学なさってみてください。
スタッフ一同、楽しみにお待ちしております。

歯科衛生士 伊東奈美

 

医院見学だけでも大歓迎です。

お気軽に、お電話(0742-51-0461)または、

メール(info@miki-dental.jp)下さい♪

お待ちしております。

 

詳細;https://www.guppy.jp/dh/231734

contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461