> > 2018年3月アーカイブ

2018年3月アーカイブ

★55IMG_2834.JPGこんにちは、歯科衛生士の寺岡です。
暖かくなりもうすっかり春ですね
暖かくなると花粉の季節ですが、花粉症の方に朗報です

当院でおすすめしている「あいうべ体操」がなんと花粉症などのアレルギーにも有効なのです、ぜひお試しください。

さてこのたび、当院ではデンタルエステのメニューを導入いたしました。

デンタルエステとは、デンタルエステティシャンの資格を持つ衛生士による
お口の中やお口の周りのマッサージで、当院ならではの特別なエステです。

・くいしばりがある
・お口が渇く
・お顔のむくみが気になる
・小顔になりたい
・リラックスしたい

このような方に特におすすめです。


ご自分で気が付きにくい、日中のくいしばりはほとんどの方がしているといわれています
これが、肩こりや頭痛の原因であることも!
お口の中をやさしくマッサージし、お口の周りの筋肉をマッサージすることで、こりをほぐしていきます。
なにより、気持ちがよくとってもリラックスできますよ。

さらに、リップエステも同時にうけることができます、
唇のマッサージすることで、ぷるぷるの唇になります。

料金は、30分5400円となります。

初めての方でも、すでに当院に通院してくださっている方にも
お得なメニューをご用意しておりますので、お気軽に当院スタッフまでお問い合わせください。
皆様に心地よい空間とお時間をご提供できるように、スタッフ一同心よりお待ちしております。

歯科衛生士 寺岡明子

             contact.PNG

ありがとうございました。

|
★DSC00011(1).JPGこんにちは、衛生士の中谷です。
このところ急に春めいてまいりましたが、皆様お変わりはございませんでしょうか?

私事で恐縮ですが、4月末頃に出産を控えており、3月12日より2度目の産前産後休暇・育児休暇に入らせていただくことになりました。
在職中は大変お世話になりました。
美希デンタルクリニックに入職させていただいてから、沢山の出会いと経験を得られたことに感謝いたします。

直接ご挨拶を出来なかった方へは、ブログでの報告になってしまうことをご容赦ください。

育児休暇を終えて職場復帰が叶いましたら、また皆様にお会いできますことを楽しみにしております。

衛生士 中谷真弓

             contact.PNG

10年の月日~素敵なサプライズ~

|
★DSC00032.JPGこんにちは。スマイルクリエーターの太渕です。
少しずつですが、過ごしやすい気温の日々も増え、春の訪れが近づいてますね

そんなこの3月は、私事ですが、クリニックでお仕事させていただき始めて10年という記念の月でもあります。
「そういえば10年たつなぁ~」とは、年明けから思ってはいましたが、あまりの月日の速さに「本当に10年たったのかしら 笑」なんて思ったりもしていました。
そんな中、先日院長はじめ、スタッフの皆さんがサプライズで私の10年記念をお祝いしてくださったのです

5656★DSC00024.jpg驚きました
そして嬉しかったです

ど~んと出てきたのが、表彰状になっているケーキ
しかも私の顔入り
照れますね(^-^;
と、言いながらもその跡に自分で自分の顔を食べましたが・・・笑

ケーキだけではなく本物の表彰状も院長からいただきました。
また、私の愛犬の犬種のミニチュアダックスグッツもたっっっくさんいただきました。
なかなか、
自分では集めないため、すごく嬉しかったです

スタッフからは皆さん忙しい中、メッセージカードを作製してくださり、今までの写真をたくさん貼って飾り付けしてくれていました
その中には、愛犬2匹も

10年前の自分の姿に「若いな~」と笑いながら懐かしさもありました。
「変わらないよ~」っと、言ってくれるスタッフの優しさが・・・(^o^;)

小学校も6年、中・高も3年ずつ、大学も4年と考えたら、何かに10年間通うというのは初めてです。
もちろん社会人になれば当たり前の事かと思いますが、転職や色んな事にチャレンジ出来る世の中ですので、一つの事を10年続けた事にほんの少しだけ自分を誉めたくなりました。
幼少期の習い事なども、そこまで長く続けた事がないですので。

その時は意味が分からなかったり、腹をたてたり嫌になったりと、楽しい事以外にもたくさんの思い出はありますが、やはり学べた事の方が多いなと、振り返れば思います。

歯科や医療の知識だけではなく、働く事の意味や社会人として大人としてのマナーや女性としての輝き方など、色んな事を院長の背中を追いかけている中で学べたと思います。
そして、今まで出会ったスタッフ皆さん全員素敵な人ばかりだった事も、私の10年の思い出です。

長く続けることだけが全てではないとは思います。
やりたい事にむかってチャレンジするのも大切だと思います。
ただ、何かをやり遂げようと思ったり、踏み出したいと思った時、最初から自分の思うようにはなりません。
月日に努力や経験を重ねていき、たどり着くんだとクリニックで働いていて思います。

目の前にある事、あたえられている仕事が出来てこそ、1年後、3年後、5年後の自分が存在するんだなと感じました。
まだまだ、社会人としても大人としても未熟ですが、どんな形であろうとも自分の人生を楽しめるように歩んで行きたいと思います。

そんな風に思わせてくれる職場に感謝ですし、何でも話ができ、苦楽を共に出来るスタッフの存在も財産です。

月日だけのキャリアとならないように、これからも向上心と学ぶ姿勢を忘れず、社会人として大人として成長出来るように精進していきたいと思います。

スマイルクリエーター 太渕亜弥
             contact.PNG

hosiIMG_1905.jpgこんにちは、歯科衛生士の寺岡です。
だんだん温かくなってきましたね。
クリニックのお庭の花も咲き始め、明るい春の訪れを感じます。

さて、当クリニックでは食育が大切であるとの考えのもと、日々診療にあたっております。

そのなかで、糖質の取り方について歯科の観点からも注意するべきことだと感じております。
そして最近よく耳にする「糖質制限」についての著書を読む機会が多く、なかでもこの「糖質制限で子供が変わる三島塾レシピ」はとても興味深いものでしたので、少しご紹介させて頂きます

私も子供が2人おりますので表紙の「成績&やる気アップ、もう勉強しなさいと!と言わなくてOK」の文字にかなり惹かれました。

初めは、子供に糖質制限??
と思いましたが、読んでいくと糖質を全く食べさせないというものではないことがわかりますので、ご安心下さい。

子供の糖質制限のルール
・子どもと親のイライラは糖質過多が原因
・糖質を減らし、必要なタンパク質と脂質を増やす
・心も体も成績も伸びる糖質制限

気が付けば糖質に囲まれ、スーパーに行けばたくさんの甘いお菓子やパンなどの食品があふれ手軽に安価で手に入ります。
そして知らず知らずのうちに「新型栄養失調」になり、心も体も不調が出てくるのです。

糖質制限で栄養が満たされてくると、親も子供もイライラしたり、キレる、といったことがなくなります。
そして子供の自主性も生まれるそうです。


★IMG_1919.jpg糖質制限=ダイエット
とお考えの方も多いと思いますが、糖質制限では『太っている人はやせ、やせている人は太り、それぞれの適正体重になる』とのこと。
そしてなにより「空腹を我慢する」というものではなく、タンパク質をたくさん食べるため、腹持ちもよいのです。
読めば読むほど、さっそく取り入れたいと思うようになりました。


三島塾では、食事も提供しているそうで、レシピもたくさん載っています。
私も実際ほとんどのレシピを試し、家族に食べてもらいました。
どれも好評で、夫も無理なく5キロ痩せることに成功しました。
どのお料理も簡単で、珍しい食材も必要なく気楽に試すことができました。

毎日の献立にお悩みの方!ぜひ読んでみてください。


本のなかに塾生さんたちのお弁当の写真がでてきます。
どのお弁当もごはんがなく、そのかわりたくさんのお肉料理や卵料理が入っています。
見るからにおいしそうで、おなかがいっぱいになりそうなお弁当ばかりです
私も毎日2個お弁当を作りますので、大変参考になりました。

糖質制限のお弁当を食べた後、血糖値の乱高下がなくなるため、食後の眠気がないのには驚きでした。
これなら食後に仕事や勉強もはかどりますよね。

子供を育てていくうえで幼児の「イヤイヤ期」や思春期の「反抗期」は親として悩みの種でもあります。
そして親なら子供を良く育ててやりたいと誰もが思うと思います。
そんな悩める親御さんにお勧めしたい本です。
この本で親ができる事とするべきことがわかると思います。

ぜひ興味のあるかたは一度手に取ってみてください。

美希デンタルクリニックでは、歯の治療やクリーニングをするだけではなく
『私たちの身体は、私たちが食べたものでできている‐食べたものが私たちの細胞になる』この言葉のように食事を通してお口の中から全身の健康についてご一緒に考えるクリニックです。
ぜひ一度お越しください、皆様のご来院をおまちしております。

歯科衛生士 寺岡明子



             contact.PNG
hosi P1100647(1).JPGこんにちは歯科衛生士の寺岡です。
3月に入り、一気に春の気配を感じる季節となりましたね
まだまだインフルエンザや風邪が流行っているようですが、クリニックのスタッフは毎日の「あいうべ体操」と栄養を整えることで、元気に楽しく働いております。

3月4日の日曜日に大阪にて、宮阪乙美先生の「食育を通して口腔機能不全予防を充実させる」というセミナーに参加してまいりました。

当院では、食生活(栄養)についての大切さをいつも念頭におき、歯科からのアプローチをしております。
今回のセミナーはそんな毎日を送る私にとってとても興味深いものであり、事前に院長から宮阪先生の著書をお借りし読んでから臨みました。

宮阪先生は、歯科衛生士・食育指導士の資格を持ち、お二人のお子様を育てながらお仕事をなさり、後進の指導やセミナー開催など幅広くご活躍されています。
まさに私の目標となる尊敬する歯科衛生士さんです。

まず、食育とはなんなのか?
「家族全員が無理せず継続できる食生活」とのことでした。
近所のスーパーで手に入る食材で、無理なくできないと継続することはできないですよね・・・
納得です。

ただし、現代では食の決定権が子供のあることが多く、子供の好きなものや手軽な加工食品がふえているようです。
確かに忙しいご両親が毎日手作りで手のこんだ食事をつくるのは「無理」がでます。
ですが、切り方や少しの工夫で食事を通して口腔機能を育てる、お口を育てる食事に変えることができるのです。

<3つのまま>
おおきいまま
ながいまま
小さいものはまき、まき

食材が大きいと、前歯で「がぶりっ」となりますよね。
その前歯の刺激が顎を育て、唇やお顔の筋肉を動かすことでお口回りも育ちます、そしてよく噛むことも促すことができます。

キャベツも、煮るとかむ回数が約80回ですが、生のままだと約160回に
なんと2倍になるそうです!

よく噛むことで、顎や筋肉を使い消化をたすけ、さらには食中毒の予防にも効果があるそうです。

次に、赤ちゃんのお口の状態から離乳食の進め方、与え方などを詳しく教えて頂きました。

食事中の姿勢もかなり重要とのこと。
皆さんも食事中は足の裏がしっかり床についていますか?お水やお茶で流し込んでいませんか?
今一度ご確認ください。

その後は、先生が普段指導されているトレーニングや私達歯科従事者が気を付けるべきポイントなどを詳しく教えて頂きました。

途中、お水を飲んだり、おせんべいを食べたりする実習がありました。
歯科衛生士として正しい咀嚼、嚥下を理解することはとても重要で、じっくりお互いの観察をし、自分の機能が正しいのかの振り返りもしました。

今回のセミナーを通して、歯科衛生士は歯だけを見るのではなく、お口に関係する呼吸や食事、嚥下、発音に関しても学び、理解することが大切であることを再確認しました

そして歯科衛生士の仕事の奥深さや、やりがいを感じることができました。

私たちは常に新しい情報を学び、皆様へ還元してまいります
美希デンタルクリニックは、赤ちゃん歯科なども取り入れておりますので、
「うちの子食べ方がなんか変」
「正しいお口に育ててあげたい」
などお感じの方は、ぜひ一度当院にお越しください。

一緒にお子さんにとって最善の方法を考え、アドバイスさせていただきます。

歯科衛生士 寺岡 明子

             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2018年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年2月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461