> > 2020年10月アーカイブ

2020年10月アーカイブ

皆様こんにちは(*^-^*) スマイルクリエーターの鈴木です。

10月も後半に入り、朝晩はとても冷えこむようになってきましたね。
クリニックの内装もハロウィンの可愛い飾り付けになっており、秋の深まりを感じます^^

読書の秋ということで、今回は9月に出版された、藤川徳美先生の「医師が教える!不調を自分で治す実践レシピ」という本をご紹介させていただきます。

写ghosig真1.jpg

藤川先生は精神科医の先生で、いろいろな精神疾患をタンパク質(プロテイン)とメガビタミンで治療するというオーソモレキュラー療法を推薦されている先生です。

精神科医の先生ですが、うつ病以外にも各種がん、認知症、発達障害などいろいろな症例の治療に携わっており、食事だけで治ったという情報が、藤川先生のブログである「精神科医こてつ名誉院長のブログ」
で紹介されていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね♪

今回の本は、その藤川先生の前著である「すべての不調は自分で治せる」のレシピ本になっています。

藤川先生は著書の中で、心と体の不調は質的栄養失調が原因だとおっしゃっています。
もちろん歯が悪くなる、虫歯ができる、歯周病になる原因も一緒です。

次の項目に心当たりがある方はいらっしゃいませんか?
・ダイエットをしている
・朝食は食べない
・太るのが心配でサラダ中心の食事
・朝はコーヒーとパンのみ
・パスタやラーメン、ハンバーガーが大好き
・夜はカレーにビール
・お菓子は別腹!

これらに心当たりがある方は、いっぱい食べているのに質的栄養失調になっている可能性が非常に高いです!


その栄養失調が、体調不良やうつ、イライラ、眠りの浅さなどを引き起こします。

そんな不調が簡単になおる上手な方法を、藤川先生が4つにまとめてくれていますので紹介します。

1.タンパク質をしっかりとる

2.糖質を減らす

3.鉄分をたっぷりとる

4.悪い脂質を避ける

当院で栄養の話を聞いてくださった方は聞いたことがあると思います^^

この4つを意識した食事をするだけで、びっくりするほど簡単に心と体が元気になります!

当院でもオーソモレキュラーにはかねてから力をいれており、スタッフ一同実践して、みんなモリモリ食べて元気に働いています♪

この本にはタンパク質や脂質を効率よくとれる超簡単レシピがたくさん載っていまして、どれも簡単に作れて、しかもとても美味しいのです!

一部の料理を作ってみたので、紹介いたしますね!


糖質ダウン!コンビーフナポリタン

麺類は糖質の塊ですので、できるだけ食べないようにしたい食べ物です。
ですが、たまには食べたいですよね~私も美味しいナポリタンが大好きです(笑)

そんな時にこのコンビーフナポリタンがおすすめです!
1人前あたりの糖質が39.7gと控えめで、かつタンパク質が30.4g、鉄4.4㎎もとれるのです!
なによりすっごく美味しいです♡

レシピはカマンベールチーズを使用していましたが、私はクリームチーズが好きなのでクリームチーズを入れてみました。
そしたらチーズが麺に絡んでまろやかな味になって病みつきになりました~!

写gg真2.jpg

《ひとくちMEMO

コンビーフとは、牛肉をゆでてからほぐし、調味料などで味付けしたものです。
タンパク質は1缶(100g)あたり19.8と豊富で、糖質はほぼ0です。
非常食などにもストックしておくと重宝します。
私は残ったコンビーフをマヨネーズとあえて、ハムと一緒に薄く切った食パンに乗せて朝食に食べました。
とても美味しく高たんぱくでおすすめです☆彡

写gg真4 (2).jpg


チヂミ風卵焼き

こちらの料理は至って簡単!
5つ分の卵とツナ缶、ネギなど好きな具材を混ぜて焼くだけです。

私はしらすが大好きなので追加でしらすを入れてみました。
しらすにはカルシウムとビタミンDなどが豊富に含まれているとても良い食材ですのでおススメです♪

栄養の宝庫である卵もいっぱいとれますし、簡単にできちゃうので、お弁当の一品にいかかですか??

写gg真4 (1).jpg


プロテインヨーグルト

最後のデザートにはこれ!最近話題のプロテインヨーグルトです!
読んで字のごとくプロテイン(タンパク質)が入ったヨーグルトです。

「美味しいの?」と思う方もいらっしゃるかと思います。
でもこれ普通に美味しいです!
しかもこれ1つでお肉100g分のタンパク質がとれるのです。凄いですよね!!

プリンやケーキをやめて、プロテインヨーグルトに変えてみてはいかかですか^^??

私が良く食べているのは、ダノンジャパンさんの「オイコス」という商品ですが、いろんな会社が様々な商品を作っているので、是非スーパーなどで探してみてくださいね♪

写gg真5.jpg


ご覧いただきいかかでしたでしょうか?

料理している時間はたった30~40分ぐらいだったと思います。

写gg真6.jpg

ゲストの皆様も、お仕事で疲れた日にこそ、簡単で高たんぱくな質のいい食事をしましょう♪

そして元気な心と体を食事から手に入れてみませんか?

この本が気になった方は、クリニックにも置いてありますので、是非ご一読ください^^

ここまでお読みいただきありがとうございました。
この本に出会うことができ、とても感謝しております。

スマイルクリエーター 鈴木真由美

             contact.PNG
皆様こんにちは!スマイルクリエーターの鈴木です。

10月に入り、朝晩は冷え込むようになってきましたね。
ですが、日中はお日様が出るとまだ暑く感じられ、服装に迷う今日この頃です(笑)
ゲストの皆様も体調にはくれぐれも注意し、お元気にお過ごしください^^

さて今回は、当院が治療の際に行っている『痛くない麻酔』についてお話しさせて頂きます。

masuii.png

麻酔と聞くと、「うわっ(><)!あの注射痛いしイヤだなぁ...」と思う方もいらっしゃるかと思います。
私も小さい頃に行っていた歯医者さんで、痛い思いをしたことがありますのでお気持ちはよ~くわかります(苦笑)

ですが、麻酔は「痛いもの」ではなく、逆に「痛みをなくしてくれるもの」なのです。

虫歯などの歯科治療が苦手な理由の多くは「治療が痛いから」です。
なので痛みをなくしてくれる麻酔は歯科治療に必要不可欠なのです!

それなのに「麻酔は痛いから嫌...注射器が怖い...」と言われては、せっかくの治療が進みませんよね(;^_^)


そんな患者様の痛みへの不安や恐怖を取り除くために、当院では、「痛くない麻酔のための4つの取り組み」をしていますので、ご紹介させていただきますね♪♪

     表面麻酔

表面麻酔とは、麻酔薬を歯茎に塗って表面の感覚を麻痺させる方法のことです。
当院では麻酔の痛みを最小限に抑えるべく、この表面麻酔をあらかじめ必ず全員に行っています。
具体的には、綿棒に麻酔クリームを乗せて歯茎にぬります。

スタッフ一同、皆様の不安を取り除くために、必ず「まず表面麻酔からしていきますね~」と優しく声をかけています。
綿棒が出てきたら、「これは表面麻酔をしてくれているんだなぁ~」と思っていただけると嬉しいです(^^)♪

更に『当院で使用している表面麻酔は、日本人の口腔粘膜に浸透しやすいような薬を配合してあります』ので、すごく良く効きます!!

もう一度言います!!
当院オリジナルの表面麻酔ジェルは、本当によく効きます。

hyoumenma.png

     痛みを軽減する姿勢『オープンハート』

オープンハートとは、ゲストの皆様に行っていただく(未来歯科のかわべ先生が考案した)痛みを軽減する姿勢のことです。やり方はとっても簡単!!
1.手のひらを天井に向けて大きく開く
2.胸を広げる
3.目線はめいっぱい上を向いて、瞬きは控えめに
たったこれだけなんです!だまされたと思って是非やってみてください!もちろんスタッフ一同丁寧にお教えします♪ 

     最も細い注射針

文字通り、とても細い注射針です!当たり前ですが、針は太いほど痛みを感じます。

注射針にはG(ゲージ)という単位が用いられ、数字が大きいほど針は細いことを表します。当院では33Gという直径0.26mmの当時世界で最も細い針を使っておりました。

ですが今年の春以降は、35Gというわずか直径0.23㎜の更に細い注射針を導入し、使用しています。


     体温程度に温めた麻酔液

人間の体温は平熱で36~37℃ですが、麻酔薬がこれよりも極端に低かったり、高かったりすると麻酔時に痛みを感じます。
極力痛みを感じないようにするために、ウォーマーという機械を使い、麻酔薬を体温程度に温めておいたものを使用しております。


長くなりましたが、これが当院の「痛くない麻酔のための4つの取り組み」です!!


受付で治療を終えられたゲスト様とお話すると、「全然、痛くなかった」「今までは麻酔が苦手だったけど、大丈夫だったよ」とおっしゃっていただくことがあります。そういうお言葉を聞くと、とても嬉しくなります!



私も最近院長先生に麻酔を必要とする治療を行って頂きました。
正直、「えっ、もう麻酔終わったんですか(*_*!?」と思うぐらい、あっという間に、しかも全く痛みを感じずに麻酔をしてくださいました!!
身をもって体感することができ、仕事のしがいを感じました♪

今回の治療を受けて、先ほど述べた注射針のように最新の道具や医療機器を導入したり、スタッフの技術を磨いて痛みを和らげるのももちろん大事なことですが、一番大事なのはやはり『思いやり』ではないかなと私は思いました。

院長先生や衛生士さんは、麻酔時の声掛けを怠らなかったり、歯茎の毛細血管をさけて注射針を刺したり、痛みを強く感じる方へは表面麻酔の時間を長くしたりなど、ゲスト様一人ひとりへの様々な工夫をしています。

そういった心遣いが信頼感を生み、安心した治療に繋がればと思います。


★45894dsvsddvsd.png

ここまでお読みいただきまして、いかがでしょうか?
少しでも皆様の不安が解消されたのなら幸いです(*^-^*)

お口の中の気になるところがございましたら、どんな些細なことでも構いません、遠慮なくおっしゃってください。

一緒にお口の健康を守っていきましょう!!


スマイルクリエーター 鈴木真由美
                            contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2020年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461