> > 2013年10月アーカイブ

2013年10月アーカイブ

こんにちは!院長の椋本です。
すっかり秋めいてきましたが皆さんは元気にお過ごしでしょうか?

P1110968(1).JPG565.JPGさて今回の読書感想文ですが、船木威徳(たけのり)さんという方が書いた「長く働く人は病気にならない」という本を取り上げさせていただきます。
「時短」や「ブラック企業」というワードが取りざたされているこのご時世にかなり思い切ったタイトルではありますが、この著者は実は日本でトップクラスの人工透析医の方だそうです。

この本は彼の数多くの臨床の経験から「長時間働く事」=「過労死予備軍」でないということを証明されている内容です。
たとえば、ある喫茶店のマスターは朝6時に起床して9時に店を開け、夜の10時の閉店まで営業し、床につくのは大体朝方3時くらいという生活を30年も送っているそうですが特にこれといった大病を経験していないそうですし、また、あるパン屋さんのオーナーも朝4時くらいに起きて就寝は夜12時くらいで特に疲れた様子を見せないと書かれています。


著者自身も開業医として毎月400時間もの労働をしているそうですが、ここ5年ほど風邪もひいていないそうです。
でも、世の中には単純に労働時間だけならこれらの人々より少ない時間で勤務していても俗にいう「過労死」を迎えるケースがあるのも事実です。

ではその違いは何かというと「自由裁量権」のある労働とそれがない労働の違いではないかと著者は分析しています。
同じ長時間労働でも、その内容を「自分で決められる人」と「他人に委ねなければならない人」では疲労度が全然違うという訳です。
要するに一般的な「過労」の「労」は「労働」の「労」ではなく、「疲労」の「労」だと述べているのです。
また、仮に裁量権の少ないサラリーマンやOLでも仕事を通じてスキルを向上させるという具体的な「目標」や将来独立したいという「目標」がある人も病気や過労死をしにくいと結論付けています。
かくゆう私もこの著者に負けないくらいの労働を開設当初はしておりましたが、自分でほとんどの事を決められる立場であったことや、自分の理想の医院創りという「夢」があったのでたいへんではありましたが命にかかわるような「過労」ではなかったなあと思いました。


考えてみれば文明以前の狩猟や農耕などの時代には「起きている時間」=「労働時間」であったはずですし、近代までは週休2日制度もありませんでした。
この本はなかなか著者独特の視点から万人受けする内容ではない部分もあるかもしれませんが、安直に「働きすぎは罪悪」という風潮に一石を投じる面白い内容だと思いました。

P1110964(1).JPG565.JPG仕事で疲れたなあという時には案外おすすめできる一冊かもしれませんね。
興味を持たれた方は一度お読みになってはいかがでしょうか?

院長   椋本美希
             contact.PNG

P1110879(1).JPG5656.JPG

こんにちは。
スマイルクリエイターの横山です。

早いもので、もうすぐ11月ですね。
今回はD-1グランプリのDVDを見た感想を述べさせて頂きます。
全国84医院の中から決勝に選ばれた当院を含めた5医院のプレゼンテーションが収録されています。

20120606-193342.JPG4686456.JPGまずはスクリーンに院長によるクリニックの紹介映像が映し出され、次にライブで院長以下スタッフの舞台上のプレゼンが行われましたが、その内容の濃さに驚きました。

特に院長、太渕さん、友成さん両チーフのお話に大変感動しました。
それぞれ様々な困難を乗り越えてここまで来られ、素晴らしいなあと思いました。

その他の4医院のプレゼンテーションも素晴らしいもので、ただ治療するだけでなく患者様のために日々努力と試行錯誤を繰り返し、患者様とのコミュニケーションを大切にされているようで、凄く刺激になりました。

私も、患者様が笑顔で気持ちよく当院にお越しいただけますように日々努力して参りますので今後とも宜しくお願い致します。

スマイルクリエイター  横山  綾乃

 

header_logo.png参考ブログ

全国歯科グランプリ 金賞(全国第一位)・銀賞 受賞!!

https://www.miki-dental.info/media/2012/08/d1.html

ぜひ、お読みくださいませ。

             contact.PNG

秋がきましたね

|

P1110889.JPG5656.JPGこんにちは。
衛生士の濱崎です。
肌寒い季節になりましたね。
食欲の秋、読書の秋、そして運動の秋...。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

私は最近ゴルフを始めました(^O^)
親しい友人達がゴルフを始め、患者様もゴルフをしておられる方が多いので、少しでも共通の話題をと思ったのがきっかけです。

 IMG_2256.jpg565.jpg早速、マイグローブを買い、打ちっぱなしへ。
周りの方がスカーンッッ!とボールを打っている中、私は野球でいう、空振り三振続き。
あれ?おかしいなー?の繰り返しでしたが、友人に教えてもらい、10球も打てば段々コツを掴み、ボールが打てるようになりました。

すると、スカーンッッ!という音とボールが飛んでいくのが快感に。
もっとうまくなって、いつかコースを回るのが夢です。

IMG_7360.jpg565.jpg私はまだまだ初心者なので、ぜひゴルフをしてらっしゃる方がいれば、ゴルフについて教えて下さいね。

そんな風に、休日は活発に動きたくなる私ですが、体調管理だけには気をつけて、みなさまのお口の中を守っていくために全力で頑張っていきますのでこれからもよろしくお願い致します。

衛生士 濱崎美帆
             contact.PNG

今年もハロウィンが来たね♪

|

P1110882.JPG5656.JPGこんにちは。受付の太渕です
今年は台風が多く、本当に日本列島は大変でしたね。
真夏日が続くかと思えば、急に冷え込み始め、皆様体調を崩さないように気をつけてください。

 さて、毎年恒例のハロウィンイベント♪
今年も院長がクリニックをハロウィン調に飾り付けしてくださり、キシリトールチョコの販売を開始しました。
かわいらしいかぼちゃの袋に入った、キシリトールチョコ(5個入り230円)に出会えるのも10月末までですよ(^O^)
と言いましても、案内が遅かったので10月が終わりますね(^_^;)
2013102914100000.jpg5656.jpg次はクリスマスイベントで登場しますので、楽しみにしておいてくださいね♪

 何回か当院のブログでも紹介しましたが、キシリトールチョコというのは「歯医者さんがつくったキシリトール100%のチョコレート」のことです。
砂糖などの甘味料を使わず、すべての甘味がキシリトールだけで出来ているチョコレートなんです。
つまり、チョコレートの中で虫歯にならず、しかも虫歯になりにくいお口の環境を作ってくれる魔法のチョコレートなんです。
あ、もちろん歯磨きとプロの定期的なお掃除は絶対ですよ。
これは、おサボり禁物です(>_<)

2013102914090000.jpg5656.jpg疲れている時や、ホッと一息つきたい時に甘いものは欲しくなりますよね。
でも、とりすぎると身体にもよくないですし虫歯になるのも大変です。
そんな時には、是非キシリトールチョコでホッコリしてほしいですね。
歯医者さんにしかないので、この機会にキシリトールチョコデビューをしてみてください。

自分のお口を守るためにも、大切な人のお口を守るためにも今年のハロウィンはキシリトールチョコをプレゼントしてみてはいかがでしょうか(*^^*)

受付 太渕亜弥

             contact.PNG

祝☆1周年☆

|
DSC00071.JPG565.JPGこんにちは。
スマイルクリエイターの横山です。

先週の土曜日の診療終了後、診療チームの伊東さん、業務チームの堀川さんの歓迎会を行いました。
そこで私も一緒に、一周年のお祝いをしていただきました。

10月1日で入職してちょうど一年が経ちました。
この一年は、あっという間に過ぎ自分でもあまり覚えていませんが、ただ仕事を覚えようと毎日、必死だったと思います。

DSC00015(7).JPG5656.JPGそのなかでも、一年続けてこられたのは、家族、友人、美希デンタルクリニックのスタッフ、そして何よりゲストの皆様のお陰だと思っております。
本当に有り難うございます。

そして、院長よりプレゼントを頂き、スタッフ皆よりお祝いのメッセージも頂きました。
本当に嬉しかったです。

DSC00075.JPG56565.JPG2年目も充実した日々を送れるように、頑張ります。
ゲストの皆様、宜しくお願い致します。

スマイルクリエイター  横山  綾乃
             contact.PNG

唾液について

|

P1110878(1).JPGhiapow.JPGこんにちは。
だんだん寒くなって冬が近づいてきましたね。
歯科医師の信田です

さて先月のランチミーティングで院長からたくさんのクイズが出題されました。
なかなか難しく、わからない問題もあったので今回は唾液について勉強させていただきました。

shvua.jpg唾液とは、大唾液腺(耳下腺、顎下線、舌下腺)と無数の小唾液腺から分泌される体液で、一日の総分泌量は1~1,5リットルといわれ、常に口の中には2~3ml存在しています。

唾液の大半が水ですが、さまざまな成分含まれていて、これらの成分が私たちの健康にとって大切な役割を果たしています。
1)水分(99,5%)
2)無機成分・・・ナトリウム、カリウム、カルシウム、無機リン
3)有機成分・・・アミラーゼ(酵素)、IgA(免疫物質)、ラクトフェリン(抗菌物質)、リゾチーム(抗菌物質)、ムチン(たんぱく質)

唾液には比較的さらさらしている「漿液性唾液」とねばねばしている「粘液性唾液」に分けられます。
漿液性唾液は主に副交感神経系の刺激によって分泌され、粘液性唾液は交感神経系の刺激によって分泌されます。
楽しい、和んだ雰囲気の食事では、副交感神経系が優位となりさらさらした漿液性唾液を多量に分泌し、胃や腸の働きも活発になり、消化吸収の最適な状態です。
緊張した状態での食事では、交感神経系が優位となり、漿液性唾液が減少し粘液性唾液が増加するので、お口の中はねばねば、もしくはからからした状態になります。
このような状態では食べ物を飲み込みにくくなり、味気ない、おいしくない食事となります。


vdri;sauera.jpg唾液の働きは
1)自浄作用・・・お口の中をきれいにします
 歯の表面や歯の間に付着したプラークや食べ物のかすを洗い流します。
2)潤滑作用・・・お口の粘膜を潤し、守っています
 粘性物質のムチンは水分を多く含む構造をしており、粘膜や食べ物を覆う作用があります。
3)消化作用・・・食べ物を消化します
 消化酵素のアミラーゼは糖質を分解し、体内に吸収しやすい状態にします。
4)抗菌作用・・・抗菌物質が微生物の増殖を抑制します
 リゾチームは細菌の細胞壁に作用し、分解させる働きがあります。ラクトフェリンは口腔内の第二鉄イオンと結合します。第二鉄イオンは細菌が成長するのに必要なため、結果として細菌は繁殖できなくなります。
5)緩衝作用・・・お口の中のpHを調整しています
 お口の中のpHが5.5以下の酸性に傾くと歯が溶けて虫歯になりますが、唾液の持つ緩衝作用により、いち早く中性に戻すことで虫歯になるのを防ぎます。
6)再石灰化作用・・・歯を守り、修復します
虫歯菌の出した酸や甘い酸性の飲食物などにより歯の表層は絶えず溶解しています。そのまま溶解すると虫歯が進行しますが、唾液に含まれているハイドロキシアパタイトによって歯の表面を常に修復しています。

このように唾液は私たちの歯や粘膜を守り、虫歯予防や口臭予防にとても大切な役割を果たしていることが皆様にもお分かりいただけたでしょうか?
私も唾液の大切さを再認識できました♪
またこれからもどんどん学んでいきたいと思います。

歯科医師 信田 麻耶
             contact.PNG

嬉しいお誕生日会★

|

★DSC00058(1).JPG5656.jpgこんにちは!衛生士の榎本です!
だんだん寒くなって参りましたが、皆さまお変わりないでしょうか。

先日、私は誕生日を迎え、32歳になりました(--;)。
アラサー世代になると、プライベートでは祝うこともなくなってきました(笑)。
が、美希デンタルでは、院長はじめ、スタッフみんなから毎年お祝いしていただいております!
貴重な1日、覚えてもらっていること、とても嬉しいです☆

しかも今年は院長がものすごーく気をきかせて頂き、結婚十周年のお祝いも兼ねてお祝いしていただきました。

サプライズもサプライズ!
シャンパンとペアグラスのセット、しかも名前入りのメッセージつきで図々しく主人の名前まで入っています(笑)。

P1110634(1).JPGめちゃくちゃおしゃれでシャンパンあけるのももったいないぐらいでしたが、いざあけると、おいしくってソッコー飲んでしまいました(笑)。

結婚十周年の記念品を夫婦間では何の用意もなかったので、これ幸いにグラスを大事に使わせて頂きたいと思います☆

いつも気にかけてくださる院長、感謝しております☆
お祝いしていただいたスタッフの皆さま、ありがとうございましたー(^_^)

DSC_0489.jpg56456.jpg衛生士 榎本まりこ
             contact.PNG
P1110884.JPG5656.JPG
皆様こんにちは。衛生士の友成です(*^_^*)
10月も終盤になり、もう11月ですね!!
寒さも少しずつ増し、気温差もありますので、皆様体調管理にはお気をつけくださいませ(^O^)/

さて今回私は、今月のランチミーティングで行いました「ペリオバスターを使った実験&体験」についてお話をさせて頂きます。
当院の歯周病治療は『歯周病内科学』という方法で取り組んでおります。
お薬で歯周病を治してしまう治療の総称の事です。
sisyuubyou56.png
歯科では歯周病は感染症とされています。
そして歯周病菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。
カビが肺に入れば肺炎になってしまいます。
歯周病菌も、わずかでもお口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入ってしまい、心臓で炎症を起こす事が分ってきました。
歯周病の方が歯周病でない方に比べて、心臓病になる確率は2~3倍にあがると言われています。
また食道癌、糖尿病、早産、高血圧など全身疾患に関与しています。
そして菌の感染ルートとして考えられるのは、人からです。
(参考;美希デンタルクリニック ホームページ くすりで治す歯周病 https://www.miki-dental.info/c_201_1.html

akatyann56567.jpg
生まれたての赤ちゃんのお口の中に歯周病菌はいません。
なぜ、口の中に歯周病菌がいるのか・・・・・。
それは人から移されてきているからです。
回し飲み、回し食い、お箸の使い回し、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられています。
ですので、パートナー様がいらっしゃる方は、パートナー感染とも言います。
再感染しない為にもパートナー様と一緒の除菌がベストです。

治療方法には4つの大きなポイントがあります。
 (1) 位相差顕微鏡での菌の確認
 (2) 細菌の除去薬剤の内服
 (3) 力ビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤(ペリオバスターN)での歯磨き
 (4) 除菌後の歯石とり

特に(1)は、非常に大きなポイントです。
位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認しなくてはなりません。
歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。
位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。
現在の歯周病治療は外科的な処置が主流です。
いきなり治療をはじめていくと、菌も全身をめぐりやすくなりますので、当院では上記のようにまず菌を調べて、歯周病菌やカビが多ければ菌にアプローチし(除菌)、口の中が落ち着いてから治療に入っていくことをおすすめさせて頂いています。

カビ菌は口腔内常在菌といって、お口の中に必ず住み着いている菌です。
徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。
全滅させることは不可能なのです。
ですから毎日の歯磨きと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニングが大切です。
カビ菌が増えすぎると歯ぐきが腫れるなど、悪い影響が出てきます。
また、カビ菌は歯周病菌の快適な住みかにもなりますので歯周病菌が再感染しやすくなります。

sdaho;oih;abdf.jpgそこで当院がカビの量を減らすためにおすすめしている商品が『ペリオバスターN』です!!
これは、ヒノキ・アロエ・ヨモギ・人参・海藻・精製水からできており、人体に安全な天然成分で作られています。
(通常の歯磨き剤には界面活性剤(洗剤)をはじめとして多くの化学成分が含まれています)
小さいお子様からご高齢の方までご利用いただけます。
ペリオバスターNは天然成分から、作られているので仮に飲み込んでも、問題がないのですお口の中でカビ菌が増えるのを防いでくれます。

使い続けると歯もツルツルして気持ちいい!!
さっぱりしていて気持ちいい!朝のネバネバがスッキリした!などのゲストの方々からのお声を頂いております。

そこで今回さらにペリオバスターの凄さを知るためにある実験を行いました。
それは

scope.jpg①位相差顕微鏡で菌を調べる。
そこで歯周病菌が多い人に砂糖を摂取してもらう

②砂糖摂取後すぐに菌を調べ菌はどのようになっているのかを調べる
その後ペリオバスターで歯磨きを行う

③ペリオバスターで磨いた後菌がどのようになっているかを調べる
という実験を行いました。

結果は・・・・・・・(^O^)/

bacteria01.jpg砂糖摂取後に菌を調べると、なんと菌はイキイキ活発に動いているではありませんか!!(+o+)

次の日に同じ人で、お弁当を食べた後にも調べたのですが、そこまで活発ではありませんでした。
しかし、砂糖を多く含んだものを食べてもらい調べると、菌が元気に動き回っていました。
dgisuv;aeru;.PNGやはりキーポイントは砂糖です。菌も砂糖が栄養になるのだと思います。 (参考ブログ;お砂糖について https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/10/post-621.html

当院では虫歯予防でよく砂糖のお話をさせて頂きますが、全身の健康を考えていく上で、砂糖の摂取には気をつけないといけないという事を改めて感じました。
ゲストの方々のお口の中を診させて頂いていても、砂糖をよく摂取していたころはベトベトネチャネチャの落としにくい汚れ。
しかし砂糖の摂取を減らした途端サラサラの唾液、スッキリとした口の中になっています。
顕著に口の中にでてきます。
中にはすぐには結果にでてこない場合もありますが、根気よく続けていくと良い結果がでるとゲストの方々のお口の中を診させて頂いていて思います。
そして砂糖摂取後菌が活発になり、その後ペリオバスターで磨くと・・・・・なんと・・・・!!

菌が静かになっているではありませんか!!(^O^)/
これは素晴らしい結果でした!!

ここで私たちが改めて感じたことは、もちろんペリオバスターの威力もありますが、ゲストの方々の菌を調べさせて頂く際に、歯磨きを2時間はしていない状態で調べさせて頂いた方がより正確な結果がでるのではないかと思いました。

歯科医院に行くのに、歯を磨いていこう!と思われると思います。それは大変有難いことです。
しかし、磨いていない状態で調べた方が正確な結果が出やすいと今回の実験で考えられます。
ぜひより正確な結果を知りたい!!と思われる方は歯を磨かずにお越しくださいませ。(特にペリオバスターで磨いてきて頂くと菌が静かになっている可能性が高いです。)
今回皆で体験し、ゲストの方々により良い情報をお伝えできるように、まずは私たちから行い、発信し続けるように精進致します(●^o^●)

衛生士  友成 有希
             contact.PNG

ハブラシの交換時期

|
P1110867(1).JPG5656.JPGこんにちは、衛生士の中谷です。
ここ数日で急に涼しくなりましたが、体調にお変わりはないでしょうか?

さて今回はハブラシの交換時期についてお話させていただきます。
皆様はどれ位の頻度でハブラシを交換されていますか?

歯磨きはハブラシの毛の弾力を使用して歯の表面にこびりついた歯垢や汚れを落とします。
IMG_9519.gif毎日ハブラシを使っていると、毛先が広がっていなくても、毛に弾力がなくなり、歯垢の除去率が半分位まで下がります。

また、毛が広がると、歯と歯茎の境目にきちんとあたりにくくなり、歯垢を落としにくくなるうえ、歯茎を傷つけたりすることもあります。

衛生面においては、ハブラシの毛には目に見えない雑菌が多く付着します。
ハブラシの消毒が必要と思われるかもしれませんが、歯を磨いた後、流水下で充分に汚れを洗い流し、日陰でしっかり乾燥させることで、1ヶ月に1度のハブラシの交換ができれば、消毒は必要ないと考えられています。
材質・衛生面からみてハブラシは1ヶ月に1度の交換を目安にすることをお勧め致します。

適切なハブラシ圧で歯を磨いていれば、1ヶ月で毛が広がるようなことはありません。
もし1ヶ月以内で毛が簡単に広がってしまうようであれば、それは歯磨き方法に問題がある可能性がありますので、御気軽にご相談くださいませ。

衛生士 中谷真弓
             contact.PNG

P1110817.JPG5656.JPGこんにちは。
衛生士の濱崎です。
10月になった今でもまだまだ暑い日が続きますね。

さて、私は今ホームホワイトニングをさせて頂いております。
ホームホワイトニングとはクリニックで行うオフィスホワイトニングとは違い、自宅で行うタイプのものです。
これを始めるにあたり、私がゲスト役としてチーフに型取りをして頂きました。

学生時代、実習で友人と何度も練習していましたが、私は型取りの経験が友人にしてもらった事しかなかったので、緊張でドキドキしている中、チーフの言葉がけですごく安心し、無事型取り終了です。

IMG_7759.jpg5656.jpgその後自分で、ホワイトニングトレーを作製しましたが、実際自分の口の中にいれてどのようにすれば痛くないかを考えながら行いました。
今回、私がゲスト役として経験したからこそ、わかる事が増えました。
ゲストの皆さまにリラックスして頂ける治療、納得して頂ける治療ができるようにこれからも精一杯頑張りますのでよろしくお願い致します。

ホワイトニングの結果、感想はまた終わり次第報告させて頂きます。

 

歯科衛生士 濱崎美帆

             contact.PNG

補助的清掃用具

|
DSC00010(28).JPG2.JPG984.JPGこんにちは、衛生士の中谷です♪

秋らしくなってきましたね。
季節の変わり目で日中と朝晩の温度差が大きいですが、体調にお変わりないでしょうか?

さて、今回は補助的清掃用具についてお話しさせていただきます。

補助的清掃用具は、歯と歯の間などハブラシの毛先が届きにくい部位のプラーク(歯石)を落とすことを有効にします。
ハブラシだけで磨いた場合は約60%程度しかプラークを取り除くことができないのですが、補助的清掃用具を併用することでプラークの除去率は約90%まで上がります。
歯ブラシだけで、口の中の汚れを全て落とすことは、難しいのです!

歯の表面がざらついていたり、砂糖の含量の多い食品を摂取すると、たった2~3時間程度でプラークが生成されてしまうこともあります。
しかしプラークが出来たからといってすぐに虫歯になるわけではありません。
プラークの悪影響は24時間程度かかるとされています。
よって、歯磨きは1日3回毎食後に行うことが大切ですが、1日1回は、お口の隅々まで清掃することをお勧め致します。

IMG_2552.jpg
☆歯間ブラシ
歯間ブラシは歯と歯の間のすき間が広い場合に使用します。
→すき間の大きさに合わせられるように、各サイズがあります。
★使い方 ⇒歯と歯の隙間にまっすぐ挿入し、歯の側面に当てて5回~10回程度ゴシゴシと動かします。

IMG_7679.jpg
☆フロス
歯と歯の接触点の清掃に有効です。
★使い方⇒歯と歯の間にノコギリを引くように動かしながら挿入し、歯の側面にこすりつけます。
ノコギリを引くように動かしながらゆっくり出します。

より良い口腔環境を維持、継続していくための手段の1つとして、歯の状態に適した清掃用具を使う必要があります。
どのような補助清掃用具を選べばいいのか、使用方法などお気軽にお声掛け下さい。

P1110547.JPG565.JPG衛生士 中谷真弓
             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461