> > 2013年5月アーカイブ

2013年5月アーカイブ

D-1グランプリのDVDを拝見して

|

こんにちは。衛生士の濱崎です。
一段と暖かくなりましたね。

つい最近まで綺麗な桜が咲いていた木が、今ではキラキラ輝く緑の葉に変わりました。
私もこの木のように、日々成長できているかなー?なんて思います。

IMG_7403.jpg5656.jpgさて、牧野さんに続き、私もD-1グランプリのDVDを拝見させて頂きました。
これをお借りしてから毎日何度も見返しました。

さて、私たちは、毎朝の朝礼で、クレド(クリニック理念)を読み上げます。
5つあるうちの最初の一番目が「ゲストのみなさま、チームメンバーを家族のように尊重し、信頼し、愛し合う関係を築きます。」というものです。
これは、本当にゲストのみなさまが納得のいく治療を受け、チームメンバー全員がこの気持ちを思っていなければ、成り立つ事は不可能です。

今、私にとってゲストのみなさま、チームメンバーは本当に家族のような存在です。
ゲストのみなさまの笑顔に支えられ、チームメンバーに支えられ、日々成長させて頂いております。

そこで、D-1グランプリ決勝の舞台での院長の言葉を思いださずにはいられません。
「歯を治療するだけが歯医者ではありません。」
患者様とのコミュニケーションを通じて理解を深めることもそこにふくまれています。
特に当院は、「会話」を最も大事にしています。
私も、入職してすぐ「会話」について先輩方一人ひとりにお話を聞かせて頂き、学びました。
確かに治療は、大事な事です。
しかし、歯医者というものはまだ一般的には誰もが進んで行きたくないものですよね。
いきなりよく知らない歯科医師や衛生士にお口を開けられるのはかなり抵抗があるはずです。
そこで、当院は歯医者=怖い、行きたくないというイメージをゲストの方が感じないよう、まず「会話」をして私たちが何者であるか、何をするのかをお伝えしています。
会話することによって信頼感が生まれるのです。
信頼している人に治療されるのと信頼していない人に治療されるのとでは、全く違います。

DSC00014(23).JPG565.JPGもうひとつこのDVDで感動したのが友成さんがエピソードを語る場面で、思わず涙を流しました。

友成さんがまだ新人で毎日、焦りと不安の中、当時の先輩から「私は、あなたが頑張っている姿ちゃんと見ているからね」という一言が友成さんにとってとても救いの一言だったというお話でした。

実は、私も不安と焦りでいっぱいいっぱいになった時、友成さんからのこの言葉で救われました。

DVDを拝見して、院長始め、スタッフ全員が向上心と思いやりを持ち、日々成長できる環境の中で働かせて頂いている事にあらためて感謝しました。

これからも、美希デンタルクリニックの一員として、日々頑張っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

歯科衛生士 濱崎美帆

 

参考ブログ

全国歯科グランプリ 金賞(全国第一位)・銀賞 受賞!!

https://www.miki-dental.info/media/2012/08/d1.html

ぜひ、お読みくださいませ。

             contact.PNG
こんにちは、衛生士の榎本です。
ついに全国的に梅雨入りし、主婦としては太陽が恋しい季節になってまいりましたが、紫外線は少ない(と、勝手に思っているだけかもしれませんが、、、)ので油断し放題の今日この頃です(^^ゞ。

さて、梅雨入り前のぎりぎりお天気の良いこの時期に、息子の運動会代休&創立記念日の連休を利用して、家族で東京に旅行してきました!(^^)!

46489546.jpg目指すは、スカイツリー&ディズニーリゾート!!
まずは、スカイツリー、言うまでもなく634メートルの電波塔!!
(奈良で言うと、生駒山と似たような高さです、、、が、あまりピンと来ない、、、)
地下鉄の駅を降りたらすぐに入口があり、気付けばスカイツリーのお膝元にいることになるので、、、
子供たちも半信半疑、、、
「スカイツリーまだー???」「いや、だから、この上!!てか、もう中なんやけど、、、」
と、スカイツリー創業一周年のセール&週末で人混みの中、バリバリの関西弁でそんな会話を、繰り返しながら、とにかく、スカイツリー入口へ!!
建物から一旦外に出るとスカイツリー入口にいけます!
ほとんどの人がスマホ片手に上をみながら歩いています(笑)。

まさしく真上にスカイツリー!!
真下にいるがゆえ、天気も良すぎて、てっぺんが見えない(-_-;)

ほんと、こんなもの作る人間ってすごい!!
もちろん中も見学しました!!
350メートル地点まで行き、そこから更にその上の450メートルまであがることができます☆
お天気がよく風もない日だったので、もれなく450メートル地点も堪能してきました!
建物もすごいですが、エレベーターもすごい!!
約50秒(分速60メートルらしいです)で350メートル地点に到達します。

そして、続いては、併設している、「すみだ水族館」へ!
ウミガメがかわいかったです☆

P1000802.JPG5656.JPG翌日は、家族全員生まれて初めてのディズニーシー!
翌々日は、私は15年ぶり(主人は???)、息子は初めてのディズニーランドにいってきました!
ディズニーシーでは、とてもうれしい出会いがありました☆
先日、何気なくテレビを見ていて、ディズニー特集で出演されていた、とあるキャストの方なのですが、、、
(そのテレビをみたからこそ、ディズニーにくるきっかけになった方なのです!)

P1000779.JPG5656.JPG

知る人ぞ知る??
なんと、ディズニーランド創業以来、勤続30年のキャストにお会いすることができました!!
(写真では見えにくいですが、名札に小さいゴールドのピンバッジがついています!クリケットのデザインでした☆)
わたしにとっては、ミッキーに出会えたより、感動だったかもしれません(笑)。
舞い上がる私をよそに、子供たちは何がなんやら???
以下、そのキャストの方と写真をとって頂いて、別れた後の子供たちとの会話。

私「あの人はずーっと、この30年、ディズニーランドができてからずーっとここで働いてはるねん!すごいやろ??」
子「へー、お父さんは何年?」
父「お父さんで17年ぐらいかな。」
子「おぉ!すごいなー!!!」

息子たちにも、わかってもらえました(^-^)
「継続は力なり」

夢の国で、夢を見るとともに、もっと大切なことを学ぶことにもなるきっかけともなりました!
ディズニーリゾート、ありがとうございました!

衛生士 榎本まりこ

             contact.PNG

DSC00019(23).JPG565.JPGこんにちは。スマイルクリエイターの横山です。
緑が綺麗な季節になりました。凄く癒されますよね!
ゲストの皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、私は5月22日(水)に、スーパーTC育成塾  第三回に行って参りました。
これがセミナーの最終日になります。
第三回は、『補綴(ほてつ)コンサルの質を高める』がテーマです。
前回で学んだ内容を基に、更に質を高めるために掘り下げて学びます。
内容もかなり細部に渡って説明がありました。
私がこのセミナーで一番良いと思ったところが、ロールプレイがあることです。
二人ペアになり、患者様役とTC役にわかれ、実際にコンサルを行う時間が設けられているのです。
聞いているだけの時と、実際にやってみるのとでは全然違いました。
自分の出来ている所と 出来ていないところを認識することができました。

院長より『セミナーを受けただけの人にはならないように、結果をだして下さい。』とのお言葉、その通りです。

ゲストの皆様の幸せに貢献できるように、まずは治療について分からないことや不安な事を解消して頂き、また、より良い選択をしていただく為に詰め物、かぶせものの正しい知識をお伝えできるように取り組んでいきたいと思います。

会場は最終日とあってか第一回の時のような緊張感はなく、それぞれがこのセミナーに対して一生懸命取り組み、これからの希望に満ちている雰囲気に包まれていました。
皆さんの顔がキラキラして見えました。
最後はセミナーを受講した全員で記念撮影です。

私も清々しい気持ちでいっぱいでした。
振り返るとこのセミナーで一番大変だったのは宿題でした。
院長、事務長、チーフをはじめ、スタッフ皆に手伝ってもらいながら必死でした。
途中で何度も投げ出したくなりました。
自分の文章力の無さを思い知り、書いては消し、また書いては消し...。
知らない間に寝てしまって、気付いたら夜中...という事も何度かありました。
出来上がった内容も正直、満足いくものではありませんでした。
しかし、このセミナーを通して自分の足りない所を沢山見つける事が出来ました。
そしてスタッフの皆と沢山話すことが出来ました。
このように、TCとしての知識だけでなく、それ以外にも沢山得るものがありました。
このセミナーを教えて下さった院長に改めて感謝したいと思います。
本当に有り難うございました。

20130529_115316.jpg565.jpgこれからは自分自身に何が必要なのかを見極め、このようなセミナーにも参加し自分を高めていきたいと思います。

スマイルクリエイター  横山  綾乃
             contact.PNG

5月のお楽しみ会

|

★DSC00046(12).JPG5656.JPGこんにちは。
すっかり暑くなり、五月病に打ち勝つためにいっぱいご飯を食べている太渕です♪

さて、5月といえば私の誕生日月です。
連休中に誕生日がくるため、休み前の多忙な時期にも関わらず、ありがたいことに毎年スタッフにお祝いしてもらっています。
DSC00007(23).JPG5656.JPG今年も忙しい中、皆にお祝いしてもらいました。
とうとう、30代を迎えてしまった今年の誕生日。。。
素直に喜んでいいのか複雑な気持ちでしたが、やっぱりいくつになってもお祝いしてもらえることはすごく嬉しくて幸せだと思いました。

忙しい仕事の合間に、素敵なメッセージカードやパーティを準備してくれて本当にありがたいと感謝感謝です。
さらに院長から、素敵なおしゃれジャージを頂き愛犬の散歩にはいて行っています。
ありがとうございます。

5月といえばもう一人。
友成さんも誕生日月です。
友成さんは下旬(25日)にお誕生日を迎えます♪
毎年当日にパーティを開催していますが、今年は少し遅れまして30日にお祝いします。

こっそり(?)当日にむけて皆で準備をしているこの時間も、やっぱり楽しくて幸せですね。
当日の友成さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら準備しています。

2013052911550000.jpg5656.jpgお祝いしてもらえるのもとっても幸せな気持ちになるけれど、大切な仲間のために楽しい時間を準備している時はもっと幸せな気持ちになりますね。
パーティ当日が楽しみです。
またどんなパーティになったのか報告いたしますので、楽しみにしておいてくださいね。

hosi 2013052911560000.jpg56566.jpg受付 太渕 亜弥 
             contact.PNG

DSC00017(24).JPG565.JPGこんにちは、衛生士の中谷です。
梅雨に入りましたが、みなさまは体調にお変わりないでしょうか?

さて、皆様『矯正』といえばどんなイメージがありますか?
ギラギラした金属の装置を着けるイメージが強いとおもうのですが、実は矯正治療には3つの方法があります。

1つは『口腔外科』歯を抜いて出来たスペースに歯を並べる。
もう1つは『補綴』歯の形を削って、かぶせ物を作って歯を並べる。
最後は『保存』小さな顎を正しい顎に拡げて出来たスペースに歯を並べる。

興味があるものはおありですか?

IMG_9275.jpg5656.jpg私には1歳8ヵ月の息子がいます。
彼は左上の前歯が癒合歯で下顎が小さいために矯正治療を必要とする可能性が高いです。

私の知識では『口腔外科』の矯正だと思いショックを受けていました。
歯を抜いてしまうと二度と生えない上に思春期に装置を着けることは、友達から指摘される対象になり途中で止めたいと言い出し中断したり、心に傷を負ったりしないか?と思い、抵抗がありました。

しかし、『保存』の矯正治療は、私が抵抗のあった点をクリアにしてくれます。
小さな顎を正しい顎に拡げるとスペースが出来るので、歯を抜いてスペースを作る必要が無くなります。

また、この床矯正は取り外しが可能なので、どうしても学校に着けて行きたくない子どもは家に帰ってから着けます。
寝ている時間を含めて最低12~14時間装着すればいいのです。
低年齢で始めると家にいる時に着けることで、時間を確保することが出来ます。

治療の過程で固定タイプの装置をつけても、先に床矯正で顎を拡げていますので、着けている期間を短くすることが可能です。
ゴールが見えるのと見えないのとでは精神的に違いますよね。

IMG_7124.jpg5656.jpg以上の点から私は親として息子に『保存』の矯正治療を希望します。
学校の歯科検診で5人に1人が歯並び矯正が必要と指摘されています。
「おかしい?」と思った時が治療開始のタイミングです。

当クリニックでは50分の矯正の無料相談を行っています。
歯並びについて気になられている方は、是非一度、相談にお越し下さいね。

衛生士 中谷真弓
             contact.PNG

奈良町散策

|

DSC00018(24).JPG5656.JPGこんにちは!スマイルクリエーターの牧野支帆子です。
お昼は30度近くと暑くなり、紫外線対策が必須となってきましたね。
皆さんはお元気に過ごされていますか?

さて今回はゴールデンウィークに出掛けて、ぜひ皆様にもおすすめしたいと感じた奈良町散策について書かせて頂きます。

今年のゴールデンウィークはとても天気が良く、お出かけ日和でしたね。
私はあるキッカケで「奈良町を散策しよう!」と思い立ち、出掛けてまいりました。
実は私が住んでいるところから奈良町付近まで徒歩30分もかからないで行ける距離なんです。
ただ正直今まであまり興味がなく、小学校の頃に課外授業で散策するというくらいでした。
しかし先日、友人と話していて奈良町っていいよね!という話になりました。
でも実際のところこんなに近くにあるのに全然知らないなぁと思ったのがキッカケで歩いてみよう!と思いました。

実際歩いてみると、古い町家や歩くところ全てに風情があって、どこか懐かしい雰囲気で歩いているだけで癒されました。
その中でも町家をおしゃれに改装された雑貨屋さんが本当に多く、売られているアクセサリーなどは手作りで温かみがあるものばかりでした。
細い路地に入ってもたくさんの人が歩いていて行列まで出来ていました。
やはりテレビや雑誌で特集されているところは人気もあるようです★

20130505_132335.jpg5656.jpgそしてなんといってもやはり女子としてはお得な美味しいランチが食べたいですよね(*^^*)
丁度お昼時になり、色々見てまわったのですが、どこがいいかなーと迷ってしまうくらい雑貨屋さん同様レトロでおしゃれなお店が多く、ランチの内容も豊富でボリュームもあるところがたくさんありました。
迷った結果私が選んだのは明るく日が入る開放的なお店でした。
季節の食材をふんだんに使われた彩りのきれいなランチでした。
ごはんも古代米である赤米でした。
噛めば噛むほど甘く、もちもちしていてとても美味しかったです!

まさかこんなに楽しめると思いませんでした\(^o^)/
これから梅雨時にはなってきますが、どんどん新しいお店も増えてきているので楽しんで頂けるのではないでしょうか?

ぜひみなさんも機会があれば足を運んでみてくださいね。

スマイルクリエーター 牧野支帆子

             contact.PNG

不思議な「歯間ブラシの木」

|
8DSC00014(24).JPGこんにちは。衛生士の濱崎です。

今日は不思議な木を紹介したいと思います。
2番の診療室から見える庭に生えている、ブラシの木。
調べてみると、、
ブラシノキ(ブラシの木)は、フトモモ目フトモモ科ブラシノキ属の耐寒性常緑小高木だそうです。

ブラシの木...
フトモモ目フトモモ科...
不思議!!

7DSC00004(27).JPGまた、不思議な事に、
花の後に実がなりますが山火事にあうまで木についたまま種子を出さないそうです。
山火事にあって木が死んだら、実が割れて種子が飛び散るそうです。
すごいですよね!

何もかもが不思議!
私は、このブラシの木を「歯間ブラシの木」と呼んでいます。
でも、人間には大きすぎますよね...恐竜の歯間ブラシだったのかな?(^-^)
別名「キンポウジュ」というみたいでお金持ちになるのでは?という事でスタッフ1人ずつ写真を取りました。
これでお金持ちになれるはず!

★1P1100602(1).JPG56.jpgあっという間にブラシの木の花がポツポツと咲いていき、すごくたくさんの歯間ブラシが生えましたが、もうすでに散り始めています。
そこで、お客様と院長の会話の中でこの花は散るのか、そのまま枯れて落ちるのかという疑問がうまれました。
ふと下を見ると...
一本一本散っていました...
まるで父の頭の毛のように...。
なんだか切ない!!(^_^;)
このブラシの木は
珍しく、今しか見られないので
みなさんもぜひ2番のお部屋にいらした時にはご覧下さいね。

歯科衛生士 濱崎美帆

             contact.PNG

「じょうぶな子供を作る基本食」

|
写真 (3).JPG5656.JPG
こんにちは。歯科医師の信田です。
今回私は幕内先生の「じょうぶな子供を作る基本食」という本を読ませていただいたので皆様に紹介させていただきます。

当院では食育指導を行っているのですが、私も具体的な内容を学びたいと思っていたところ、院長にこの本を薦めていただきました。
皆様は毎日の食事で気をつけていたり、意識されていることはございますか?
一日30品目以上とろう、バランスよく食べようなどいろいろありますが、案外毎日の生活できちんとするのは難しいことですよね。
幕内先生の考えは、毎日あれやこれをしなくてはいけないといった難しいことはなくて、日本人は日本人が昔から食べていた和食をしっかり食べようということです。

DSC00041(8).JPG5656.JPGご飯、みそ汁、漬物、お茶といった日常食が一番日本人の体にあっていていいのだということです。
そして食生活は主食が一番大切なので、ご飯をしっかり食べようということでした。
皆様はご飯をしっかり食べておられますか?
私自身は副食に気をとられて、主食のご飯をしっかり食べられていなかったり、朝食がパン食に偏りがちなところがあるかなと思います。
でも朝からしっかりご飯を食べた方が腹持ちも良くて、私の1歳の娘の機嫌も良い気がします。
みそ汁も旬のお野菜を入れてアレンジすれば、飽きることもありません。
また子供のおやつにしても、ついつい甘いものと思いがちですが、そうではなくて三度の食事を補うもの、つまり四度目の食事と考えればいいのです。
子供の味覚は3歳までにできてしまうといいますし、砂糖の入った甘いものは虫歯のリスクも上げてしまいますよね。
おにぎりやお茶などのシンプルなものが良いそうです。
私が昔通っていた幼稚園のおやつはじゃこでした(笑)
今思えばとっても健康的ですよね。
この本を読ませていただいて、基本の日常食についてもう一度見直すことができました。

また皆様も機会がありましたら読んでみてくださいね。
 
歯科医師 信田麻耶
             contact.PNG

表情について

|

DSC00016(24).JPG56566.JPG皆様こんにちは。衛生士の友成です!!
5月が終わろうとしていますね。
最近はどんどん暑くなり、皆様体調など崩されておられませんか??
私は5月が生まれ月なのでとても好きな季節です(*^_^*)
これから梅雨が始まりますので、皆様バテないようにしっかりご飯を食べましょう!!

さてここで唐突ですが、皆さんは日々笑っていますか??
今回は表情筋など筋肉についてお話をさせて頂きます。

笑顔とはその名のごとく表情のひとつで笑ったときの顔のことを言います。
口角(唇の端)が上がります。
実際には顔には何種類の筋肉があるのでしょう?
顔には30種類以上の筋肉が相互に作用し、そのうち12種類の筋肉で人の色んな表情を作りだすのです。
身体の筋肉は骨と骨をつないでいますが、顔の筋肉は骨と皮膚に繋がっているので細かな表情を作り出すことができるのです!!
眼や鼻の開閉、口で飲む・食べる・吹く・話すなどの運動にも関わっている重要な筋肉です。

しかしそれら表情筋は生活の中では全体の30%しか使っていないとも言われています(+o+)
脳と同じで意外と使えていないものなのですね・・・・・・・。

56565959.gif顔の筋肉には色々たくさんありますが、今回は2種類の筋肉をピックアップしたいと思います。
①頬筋
 上下のあごの関節から口角(唇の端)まで伸びている筋肉です。この筋肉が衰えると口角が下がったさびしい口元になります。
②口輪筋
 唇の周りの筋肉です。口元の様々な表情をつくります。

これらはよく私たちもお話させていただきますが、きれいな歯並びを維持させるためには、口輪筋、頬筋、舌筋の3つのバランスが整っていないと維持できないのです。
その中の2つはこの表情筋です。
中々私たち大人も含めお子様も筋肉がしっかり使えていない方が多いです。

私が気になるお口が開いている方(+o+)
ご本人は(特にお子さま)無意識なのですが、口が開いている方は口呼吸の方が多いです。
そうしていると空気中の菌が直接体内に入り、風邪などひきやすくなってしまいます。
また口元で言えば、歯並びが悪くなりやすい、緩んだ顔つきになりやすいなどが挙げられます。
そして口が開いている方は姿勢も崩れやすく、姿勢が悪いです。
姿勢が悪いから歯並びも悪くなるとも言われています。
そうするとどんどん筋肉は衰え、締まりのないお顔つきに成長してしまいます。
口の周りの口輪筋は頬筋などと繋がっていますので、口で飲む・食べる・吹く・話すなど使う事が大切です。
そして使わない時はしっかり閉じる!!これも筋肉を使っているのです。

私は人の笑っているお顔=笑顔が大好きです。(*^_^*)
笑顔は周りを明るくしたり、元気づけたりパワーを与えてくれます。
そして自分自身も自信がもてたり、元気になったりとプラスに働きます。
笑うことにより、表情筋も刺激され、表情も豊かになります。
筋肉は使ってなんぼです!!使わなければ衰えます。
それはお子様も一緒です。

だからたくさん笑って、話して、食べて、そして口を閉じる!!
しっかり筋肉を使っていきましょう!!
そして表情豊かになりましょう(^O^)/
私も笑顔美人目指します!!(^O^)/
P1100611(1).JPG5656.JPGそして皆さまも笑顔美人になっていただけるように今後もサポートをさせて頂きたいと思います!

衛生士 友成有希

             contact.PNG

祝! 太渕さんのバースデー!

|

DSC00045(12).JPG5656.JPGこんにちは!スマイルクリエーターの牧野支帆子です。
ゴールデンウィークも終わりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて5月5日は業務チームチーフ太渕さんのお誕生日です
当日はクリニックがお休みの為、2日のお昼休みにお誕生日会をしました!
私はこのクリニックで働かせて頂いて初めての参加だったので、とても楽しみにしていました。

少し前からメッセージカードが友成さんより配られ、みんなでお祝いメッセージを書きました
DSC00003(24).JPG5656.JPGまた太渕さんがいないところで、「おたんじょうびおめでとう」を一文字ずつ言っている顔をそれぞれ院長が撮ってくださいました
ちなみに私は「お」を担当させて頂きました\(^o^)/

そしてお誕生日会当日、朝礼でまず友成さんより招待状が太渕さんに渡されました。
招待状まであることにビックリしました。
歯のキャラクターのシールが貼られていてとても可愛かったです。

午前の診療が終わり、友成さんを中心に飾り付けなど準備をしてくださいました。
全員クラッカーを持って揃い、いよいよ太渕さんの登場です
榎本さんに連れられ、目隠しをしての登場です

DSC00015(21).JPG5656.JPG登場と同時にパンパンパーン!とクラッカーをならし、ケーキのローソクを消して頂きました
車好きの太渕さんの為にタンクローリーのローソク(働くクルマシリーズしかなかったそうです)まで用意されていてすごく可愛いケーキです。
また一文字ずつ撮った写真が繋げられた垂れ幕にも太渕さんがとっても喜んでいらっしゃいました(^-^)
恒例の一人一人書いたメッセージをお伝えさせて頂きました!

DSC00044(14).JPG5656.JPG次にクリニックよりプレゼントです♪
太渕さんと言えば!のお酒が一升と(笑)、オシャレなジャージです!
早速履いていらっしゃって、とてもお似合いでした
最後にこれもまた恒例の全員写真です!
こうやって記念になる写真がどんどん増えていくことが嬉しく思います。

今までの職場ではそれぞれ個人でお祝いをする事はありましたが、全員でこんなにお祝いされるなんて本当に幸せで素敵だなと感じました。
またみんなでワイワイ出来る環境に感謝したいなと思います(^-^)

DSC00024(19).JPG5656.JPG太渕さん!素敵な1年になりますよう願っております★☆

 

スマイルクリエーター 牧野支帆子

             contact.PNG

美STに掲載されました!

|
みなさまこんにちは
院長の椋本です。

皆さまお元気でしょうか?

maru.jpgさて、突然ですが、みなさまは『美魔女』という言葉をお聞きになったことはおありでしょうか?

最近は世間でも一般的に知られつつある言葉になっていますが、実はこの『美魔女』という言葉は女性ファッション雑誌「美ST」が火付け役となって誕生したのです。
その定義としては「年齢という言葉が無意味に思えてくる位の輝いた容姿」「経験を積み重ねて磨かれた内面の美しさ」などがありまして、要するにエイジレスビューティーを標榜するワードです。

美魔女グランプリ」というのも行われていて、昨年は関西の大会も行われました。
テレビでも放送されていましたので、ご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんね。
で、実はこの関西大会で優勝されて東京の全国大会で準優勝されたM様が当院の患者様なのです。
★DSC00004(11).JPG2.JPG
それだけでも嬉しいのですが、なんとM様の紹介で雑誌「美ST」の4月号の歯科の特集に「美魔女が通う歯科医院」として美希デンタルクリニックが取り上げられたのです。
これまでも地元紙や歯科雑誌等は、取材の経験はありましたが、10万部を超えるメジャーファッション誌はさすがに初めてで当日は緊張をいたしました。

★DSC00007(11).JPG2.JPG先月の終わりに取材があり、当日はM様とライターの女性の方、そして男性のカメラマンの方の3名様にわざわざ当院までお越しいただいて行われました。

あっという間に時間が経ち、たくさん写真もとっていただき、後は発売を待つのみとなりました。

そしていよいよ先週15日の発売日
さっそく近所の書店で10冊ほど買い占めましたが、特集ページをみるとかなり大きい扱いをしていただいておりました。
M様が美しいのはプロなので当然ですが、私もカメラマンの方のおかげで良い写真で掲載していただきました

私も写真は仕事柄たくさんとる方だとは思いますが、プロの方のお仕事ぶりをみていると本格的に習いたいと思いました。

また、ライターの方の的確な質問や距離感などもたいへん参考になったので、今後に活かしたいです。

そしてM様にはわざわざ推薦いただいて本当に感謝しています。

奈良の地を愛してやまない私には、この地から全国に羽ばたいてるM様にジャンルは違っても良い刺激を受けることができました。

これからもここで頑張っていきたいと改めて思いました。

M様、美STの皆様、本当にありがとうございました!

P1090900(1).JPG5656.JPGちなみにこの取材が掲載されている号はクリニックの受付の書棚コーナーにおいてありますので、お越しの際は是非ご覧になって下さいね
「ニッポン・三ツ星全国歯医者さん」でも、当院が紹介されています。↓
 
M様のブログでも、当院を紹介していただきました!感謝感謝です♪↓
『かかりつけは 「D1グランプリ」金賞クリニック』
 
院長 椋本美希
             contact.PNG
DSC00009(20).JPG2.JPG56565.JPGこんにちは、衛生士の中谷です。
筍、春キャベツ、しんたまねぎなど春野菜が美味しい季節ですね。
 
さて、皆様はよく噛んでお食事されていますか?
「噛むことは体に良い 」と、聞いたことがあると思います。
 
噛むことは唾液の分泌を促進して消化を助けたり、脳の老化を防いだり、アゴの成長を助け綺麗な歯並びを作るなど様々な効能があります。
本日注目したいのはアゴの成長を助け綺麗な歯並びを作る効能です。
現在の子供の40%は歯並びに問題を抱えています。

「歯並びが悪いのは遺伝だから?」と思っていませんか?
私はそう思っていました。
アゴの形や歯並びはある程度生活環境に影響されるそうです。
親と同じ生活環境であるため、子供も同じアゴの形な歯並びになりやすいことが分かってきています。
そのことが遺伝と勘違いされているんですね。

IMG_8855.jpg5656.jpg「よくかむ日曜日ごはんvol1」という料理本にはよく噛むポイントが、「同vol2」はよく噛むための7つのルールが紹介されています。
また、このvol2は医療従事者の方が応募したレシピを集めたもので、当院の椋本院長が発案したものが2つ掲載されていす。
※この本をご覧になりたい方は、受付に配置しておりますので、お気軽にスタッフまでお尋ね下さいませ。

私は料理を作る事も食べる事も好きなのですが、毎日の料理を考える事に苦戦しています(笑)
そういった意味でもこの本はにもなります♪
「自分の体」を「自分の力」で育てる環境作りをしてみませんか?

衛生士 中谷真弓
             contact.PNG

565236560_.jpgこんにちは。受付の太渕です。

今回私は、「金属アレルギーと歯科治療」という本を読んでみました。
以前にもお伝えしたことがありますが、人一倍本を読むのが得意ではない私なので、1月から数ページずつはじめてようやく読み終えることができました。

なぜこの本にしたかと言いますと、お仕事でカウンセリングをさせていただいている中で、歯周病の観点からお口の中のカビについてお話をさせてもらっています。
金属とカビについて説明しているうちに「お口の中にある金属の影響」ということにさらに興味を持つようになり、まずはアレルギーのことについて勉強してみよう思ったのがきっかけです。

2013050114080000.jpg5656.jpgさて、みなさんは日々何気なく治療してお口の中にある金属(銀歯)が、口の環境や身体にどんな影響しているか考えたことはありますか?
たしかに虫歯の治療は終わっていても、天然の歯から人工の銀歯に変わったことによって起こるデメリットまでは考えたことがない人の方が多いではないでしょうか。

口の中は、常に唾液があります。
虫歯の治療で使用された材料はいつも唾液に浸っている状態になるのです。
そんな中で、異種金属が触れあることで極微量ではあるが電流が流れたり、歯の痛みがでたり、または金属味がしたりという不快感があるのはよく聞きます。
この症状で終われば良いですが、今ではアレルギー症状を訴える方が出てきているのが現状です。
花粉症やアトピー性皮膚炎、あるいは喘息のようなアレルギー性症状など生活する場面で多くの困難をもたらしているのです。
「いま症状が現われていなくても安心できない」
アレルギー性疾患は、感染症のように、誰でも同じように発症するという病気ではないのです。
それと同じように、歯科金属アレルギーも同様で歯科金属を歯に詰めている人のほとんどは、症状として現れることなく済んでいるということを改めてこの本を通して再認識することができました。

そして自分が今任せていただいている、口に中に入る金属のコンサルティングの大切さを感じることができました。
また、身体の中で「口」は小さな空間ではあるけれども、健康を守ることで考えれば、偉大な空間なんだなあと思って頂けれるような話術がないと、いくら知識があっても相手に伝わらないんだと思いました。
もちろん、歯に詰めたりかぶせたりした金属は一般的には安全ですし、機能的にも優れたものです。
ただ、まれに歯科金属によるアレルギーを発症する人がいることも事実なんだと改めて学ぶことができました。

近年、歯科金属アレルギーが増えている原因に社会にストレスが多いことや、偏食が増えていること、体内に入る化学物質が氾濫していることなど、現在の社会環境と深い関係があることに、分かってはいてもやっぱり驚きました。

口の中の金属をすべて除去してセラミック製のものになどに替える「メタルフリー治療」をすれば治ることもありますが、それも含めて自分の身体は自分で守る時代になったんだなあと痛感した一冊でした。

やはり私たち歯科業界にいる者として出来ることは、みなさんが妥協せず、時間と手間をかけて自身の健康を守るために納得のいく歯科医院を探していただくように働きかけることだと思いました。

そして、当院や私が、そんな皆様のお手伝いをできる歯科医院になることだと思いました。
今後も歯科金属に悩むような口の中の環境にならないように、きちんと「予防歯科」を意識して定期健診に足を運んでいただけるように務めていきたいとと思います。
受付 太渕 亜弥 

             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461