> > 2016年3月アーカイブ

2016年3月アーカイブ

歯を守る「食べ方」と「食べ物」

|

★2●85656img★_staff_sato.jpg皆様、こんにちは。歯科助手の佐藤です。
3月に入り、少し暖かくなったかなと思えば、また寒くなったりと過ごしにくい気候が続いています(>_<)
春の暖かさが早く訪れてほしいですね
皆様体調を崩さないようお過ごしくださいね!

~歯を守る「食べ方」と「食べ物」~

歯の健康を守るためには、歯磨きも大切ですが、同時に「食べ方」「食べ物」も重要になります。
日頃の食べ方、食べ物の選び方で歯のトラブルのリスクが大きく変わります。

私たちは毎日食事をします。
この食事が虫歯・歯周病などの歯のトラブルを引き起こす要因になっています。

◇虫歯の出来る主な原因は「酸」◇
・食事をしていない時→歯についたプラーク(歯垢)はほぼ"中性"です。
・食後→虫歯菌によって酸がつくられ、プラークが"酸性"に変わります。

◇虫歯のメカニズム◇

糖を含む食べ物を食べたり飲んだりする

    虫歯菌が糖類を餌にして酸を出します。


酸によってエナメル質のカルシウムやリン酸が溶け、脱灰が始まります。


酸性になる=溶ける(脱灰)
  ↓↑ 
酸で溶けた歯は唾液に含まれる、ミネラルによって修復され、再石灰化される。アルカリ性になる=修復される(再石灰化)
○食事の度、脱灰と再石灰化を繰り返し、このバランスがとれている時は虫歯にならないといわれています。

◇虫歯を招きやすい飲み物、食べ物◇
○飲み物→清涼飲料水、炭酸飲料、乳酸飲料などの「砂糖」の含まれる甘い飲み物
○食べ物→「糖分」の多いお菓子類、歯にくっつきやすいお菓子
(ハイチュウ、キャラメル、あめ、ビスケット)類

◇虫歯になりにくい飲み物、食べ物◇
○飲み物→水、緑茶、ウーロン茶、紅茶、豆乳
○食べ物→歯の成分であるリン酸、カルシウムが多く含まれているチーズ、魚介類
キシリトールガム、食物繊維を豊富に含むごぼう、オクラ、ブロッコリー

★kkkosdfswhite.pngなまえ.png◇虫歯を予防する食事のポイント◇
・お口の中に食べ物が入っている"時間"と"回数"を減らす
・良く噛んでたべる

◇虫歯と歯周病になりにくい、食べ方や食べ物を選ぶコツ◇
○ダラダラ食べ、ダラダラ飲みはしない
食事以外の時に、お菓子など糖の入った甘い飲料水などを、ダラダラと食べたり、飲んだりしているとその間も脱灰がつづき、再石灰化が追いつかなくなります。
 
○よく噛んで「唾液」を増やす
唾液は酸を中和させたり、再石灰化を促したりする作用があります。
意識的によく噛んで食べ、噛みごたえのある食材を取り入れ、唾液の分泌を促しましょう。
 
60P-okasi06.jpg○甘い物や果物は食後のデザートで
脱灰は食べるたびに起こります。
お菓子を食事と食事の間に食べると、脱灰の回数が増え虫歯ができやすい状態になります。
甘い物を食べる時は、間食としてではなく、食事の最後に食べるようにしましょう。
そうする事で、脱灰の回数と時間を減らせます。

○寝る前の甘い物はやめましょう
睡眠中は唾液の分泌が少なくなります。
寝る前に糖をとり、そのまま歯磨きをしないで寝るとお口の中は酸性の状態が続き、虫歯が出来やすくなります。
食べ物、糖の入った飲み物を口にした時は、必ず歯磨きをしてから寝ましょう。

○シュガーレスの食べ物、飲み物を選びましょう
シュガーレス、ノンシュガーなどを表示してある食品などは、虫歯菌や歯周病菌の餌となる糖がほとんど入っていないため、予防に役立つといわれています。
甘い飲食物を選ぶ時に参考にしてみましょう。

○甘い飲み物の哺乳瓶のみは絶対にやめましょう
小さなお子さんを落ち着かせるためにと、乳酸飲料やジュースなどを哺乳瓶でダラダラと飲ませていると、お口の中では常に虫歯菌が酸を作っている状況が続き、虫歯が出来やすくなります。
糖を含む飲み物を与える時は、コップなどで短時間に飲ませるようにしましょう。
哺乳瓶では、ミルクや白湯を与えるだけにしましょう。

食後脱灰は20分ほど続きます。
その間、虫歯菌が進みやすい時間になります。
脱灰の時間を少しでも短くすることが、虫歯予防につながります。
虫歯、歯周病を防ぐ正しい食生活を心がけましょう♪

佐藤 美布子
             contact.PNG

itou photo.jpg皆様こんにちは。衛生士の伊東です。
このところ、一気に春らしい暖かさになってまいりましたね。
あいうべ体操と口テープのおかげで、今年は風邪もインフルエンザも寄せ付けずに過ごせている娘達。
鼻呼吸の大切さを身をもって実感させられているようです。

さて、今回は、当院でも力を入れております子どもさんのマウスピース矯正について書かせていただきます。

 

現在11歳の娘がマウスピース矯正を始めて、1年半ほどが経過いたしました。

元々、下の前歯の歯並びが残念なくらいにガタガタで、床装置(顎を拡大して歯の生えるスペースを作る装置)やブラケット矯正(歯にブラケットを貼り、ワイヤーを通して歯並びを整える方法)が必要になるだろうと思っておりました。しかし、この下写真のように装置1つでここまで綺麗な歯並びになりました。

なんということでしょう~~~★本人も大喜びです!!

 

★★圧縮 前後name.jpg 

矯正スタート時は唇の筋力もかなり弱かったので、毎日5分間のトレーニングを継続し、1ヶ月ほどで理想的な値まで筋力は上がりました。
マウスピースを入れることで、口の周りの筋肉のバランスが整えられていきますが、それに加えて舌や口輪筋や唇の筋力を上げるためのトレーニングを続けることも重要です。


その他に、普段から正しい姿勢を本人にもできるだけ意識させ、私が気付いた時には何度も何度も姿勢を正すように声掛けを続けています。
(姿勢に関してはいまだに注意が必要です...)

又、入浴時のあいうべ体操も一緒に毎日続けています。

fso;hweaftwae.png<あいうべ体操> 
免疫力upでインフルエンザ、風邪予防にも効果的!

あとは就寝時にマウスピースを入れ、口テープを欠かさずに貼って寝る!!
これだけを1年少しの間、毎日継続して行ってきました。
意外にも、本人が勝手に全て管理してやってくれていますので、私は口テープを切らさないように気をつけるくらいです(笑)

その結果、驚くべきほどに歯並びは改善し、本人も痛みや治療に伴う煩わしさなど一切感じることなく、矯正治療を進めることができております。
他の矯正治療(床装置やブラケット矯正、抜歯矯正など)は何かしらお痛みを伴うことが多いですが、マウスピース矯正では痛みもありません。
この点は親にとっても大変ありがたいことです。

マウスピースを学校に付けて行く必要もないので、見た目を気にすることもなく、矯正を進めることができる点も大きな魅力であると感じます。

sssoiuu.jpgそしてもうひとつ、このマウスピース矯正の魅力は、上下一体型の装置であることによって、安定した噛み合わせを作り上げながら、歯並びも整えることができる点です。
上の歯並び、下の歯並び、たとえそれぞれが綺麗に並んだとしても、上下の噛み合わせがしっくりこなければ健康的な状態とはいえませんからね...。
見た目だけの歯並びの矯正ではなく、噛み合わせも含め、舌の位置、口の周りの筋力のバランスも整えながら矯正できるのは、やはりマウスピース矯正だけです!
★sdfffss.jpgその結果、矯正が終了した後の後戻り(歯並びが元の状態に戻ってしまうこと)をも防ぐことができるのです。
素晴らしいでしょ?

今後、このマウスピース矯正がどんどん広まっていくことを願っていますし、広まることを確信しています。

ただ、マウスピース矯正は取り外し可能な装置を使用するため、治療をスムーズに進めるためには毎日決められた時間(基本的には就寝時と日中1時間のみ)、必ず装置を入れていただくことが絶対条件になります。


saffew.gifそして、健康的な口元作りのためには、常に口を閉じた状態で鼻呼吸ができるようになることも大切です。
就寝時の口テープは毎日実践し、日中も口が開いた状態にならないように鼻呼吸の習慣化を意識しましょう!

(ちなみに、我が家の長女はもともとアレルギー性鼻炎でほぼ口呼吸でしたが、毎日口テープを貼って寝るようになったことで、今ではアレルギーの薬も必要なくなり、日中も無意識に鼻呼吸できるようになりましたよ)マウスピース矯正は患者様主体の治療になりますので、お子様ご本人の自覚ややる気に加え、それをサポートしていただく親御様の協力が不可欠です。
お家でのトレーニングを含め、装置の使用についてもご家庭でしっかりと管理をしていただく必要があります。
(その代わり、通院回数は少なくて済みますから頑張りましょうね!)

でも、決してそんなに難しい課題ではありませんし、頑張れば頑張った分だけ成果が目に見えて現れてきます。
それがまたモチベーションにもつながりますので、前向きに治療に取り組んでいただけると思います。

マウスピース矯正のおススメポイントを挙げてみましょう

治療中、痛みを伴わない。
装置の使用時間は、就寝中と日中1時間のみでOK
学校に付けて行く必要がないので、見た目や発語を気にすることなく治療できる。
通院回数が少ない。(習い事などで忙しいお子様にもおすすめです)
治療費が安い。(検査料+装置代)
上下の歯の噛み合わせを安定させながら歯並びを整えられる。
治療後の後戻りがほとんどない。


奈良県内でもマウスピース矯正を本格的に取り入れているクリニックはまだまだ少ないのが現状です。
そのため、院長を始め、当院スタッフは日頃から色々な勉強会やセミナーに参加し、他院見学を通じて勉強させていただいたりもしながら、試行錯誤を繰り返し、効果的なトレーニングメニューを考え、導入しています。
矯正治療は早期発見、早期開始できれば、負担も少なく治療費も抑えられます。
マウスピース矯正もできれば10歳頃までに、遅くても中学生に上がるまでには終えられるように、なるべく早い時期からの治療開始をおすすめいたします。

お子様の歯並びが気になっていらっしゃる方がおられましたら、一度当院にご相談くださいね。

まだ大丈夫かな?...と先送りにされている時間が実はとてももったいないことも少なくありませんので、どうぞお早めに無料相談にお越しくださいませ。
スタッフ一同、精一杯サポートさせていただきます。

歯科衛生士 伊東奈美

contact.PNG

当院では、無料で矯正治療相談・審美治療相談、治療費用の見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。(フリーダイヤル 0120-08-0461


 

 

 

 2014.10.8 ブログより

(その1子供のマウスピース矯正を始めました~筋機能矯正装置(T4K)~

皆様こんにちは。衛生士の伊東です。
秋も少しずつ深まり、まもなく紅葉シーズンを迎えますね

私は先日、ひと足早くに御在所岳に登ってまいりました!
さすがにまだ紅葉は見られませんでしたが、久しぶりにマイナスイオンたっぷりの大自然を満喫することができました(*'▽')
広大な海や壮大な山を目の前にすると、本当に心が洗われるかのようです...。
皆様も、それぞれの秋をどうぞ素敵にお過ごしくださいね。

さて、今月は、少し前からスタートさせていただきました、次女の矯正治療について書かせていただきたいと思います。
現在小学校4年生の娘ですが、下顎がやや小さめで、永久歯が綺麗に並ぶスペースが確保できておりません...。
私自身、もっと早くに美希デンタルクリニックと出会っていたなら... きっとこんなことにはなっていなかっただろうと残念です。

永久歯の生えるスペース不足=顎の発育不足ですが、小さい頃から正しくしっかりと噛む力を身に付け、正しい姿勢や正しい呼吸を獲得できていれば、顎はきちんと成長しますので、きれいな歯並びを自然に手に入れることができるのです。
でも、恥ずかしながら、娘の幼少期に私自身がそこまでの知識を持っていなかったために、娘にはこうやって矯正治療により歯並びを治すことになってしまいました。

当院では、基本的には歯を抜かない方法、主に床矯正による矯正治療を行っておりますが、院長が最近注目されている最新の矯正治療である筋機能矯正装置(T4K)を使って、娘の矯正を開始することになりました。
★IMG_1815.JPG5656.jpgこの筋機能矯正装置とは、簡単に説明しますと、弾力性のあるマウスピースのようなもので、基本的には就寝中に装着し、あとは日中の可能な時間帯にも出来る限り長く装着できると、より効果が期待されるというものです。
過蓋咬合や軽度の顎の成長不足などが、この筋機能矯正装置の適応症になるのですが、装置を装着することによって、口の周りの筋肉の状態を改善しながら舌の位置も是正し、さらには鼻呼吸を促し、正しい顎の成長につなげていくというものです。
筋機能矯正装置には、T4K、マイオブレース、プレオルソ、ムーシールド、パナシールドなどがあります。

床矯正は、装置を使って力を加えながら強制的に顎を広げていくのに対し、T4Kは筋機能を改善していく中で、自ら力で正しい顎の成長を促すというものです。
この方法で矯正治療が成功すれば、後戻りはほとんど心配ないのではないかと思います。
ここが筋機能矯正装置の最大の魅力かもしれませんね。

娘が治療を始めてからまだひと月ほどですが、日中の装着時間がまだまだ足りないなあと感じているのが現状です。
取り外しできる装置ですので、本人の自覚がないとどうしても装着時間が短くなりがちです。

口輪筋(口の周りの筋肉)を鍛えるためのトレーニングは努力の成果が早くに現れてきましたが、正しい姿勢を意識し、装置をもっと長時間きちんと使用することが今後の課題です...。
筋機能矯正装置は、治療の段階別に装置の硬さをより硬いものへと交換しながら進めていきますので、次のステップへ移れるようにもっと頑張らなければなりません(^-^;

当院のお客様でも、この筋機能矯正装置を使った治療を始められる方が少しずつ増えていらっしゃいました。
方式は違いますが床矯正と並ぶ理想的な矯正治療ができることでしょう。

娘の治療を通して、私もまだまだ学ぶべきことはたくさんありますが、親子二人三脚で治療が成功するように歩んでいきたいと思います。
この最新の筋機能矯正装置を使った治療にご興味を持たれた方は、是非、当院の矯正治療無料カウンセリングにお越しくださいませ。

衛生士 伊東奈美

 

当院では、無料で矯正治療相談・審美治療相談、治療費用の見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。(フリーダイヤル 0120-08-0461

 

2015.1.21 ブログより 

(その2)装置を入れて3ヶ月がたちました!子供のマウスピース矯正~筋機能矯正装置(T4K)~

岡山県岡山市にあります船橋歯科医院より、船橋先生を、お招き致しまして講義をおこなって頂きました。ijdjdkdlmage.jpg

内容は、矯正治療で当院が取り組んでいるT4K(マイオブレースmyobrace)」という装置についての勉強です。


T4Kって何?と思う方がたくさんいらっしっると思いますが、お口のまわりの筋肉を正しく成長させて、機能を回復させる装置です。
当院では「筋機能装置」と呼んでいます、
機能?と、更に疑問がでてきますよね?
お口は、歯の役割、舌の役割、唇の役割、そしてお口のまわりの筋肉、口輪筋といった様々な機能が合わさり、それらが全て正しく機能することで、ようやく正しいお顔に発育するのです。

666image.jpg66.jpg

つまり、歯並びに何かしら症状があるか方は機能にも問題があると考えられます。

この機能をきちんと改善しておかないと、せっかく並んだ歯並びも後戻りの可能性が高くなったり、将来顎が痛くなったりなどと、様々な症状を引き起こす可能性が高くなります。
当院では、歯を並べるにあたって顎のスペース不足を成長させる床矯正装置や、歯を並べるマルチブラケットで皆様の歯並びを治療して悩みを改善しております。
しかし、それだけでは機能まで正しくできない症状もあり、T4K装置も取り扱っております。


★DSC00002(22).JPG565.jpg

そのためには、まず私達が知識をきちんと習得しなくては、よい物も提供できませんので、院長のご厚意でセミナーを開催してくださったのです。
まず前半は、装置の種類や使い方についてお話ししてくださりました。
後半は、色んな症例を見せていただきながら、正しい機能にするために装置以外に必要な事や、トレーニングの種類を船橋先生の医院で実際に行っていらっしゃるトレーニングを教えてくださりました。
さて、トレーニングの種類とありましたが、お口のまわりの機能を正しくするには装置だけではなく日常のトレーニングが必要なのです。
筋肉を発育させるので、やはり筋トレは必要ですよね。
また、お口のまわりの機能低下は、身体全体のちょっとした癖が引き起こしています。
その癖を改善しなければ、歯並びはもちろん、口のまわりの機能や身体全体の機能も低下したままです。
当院でも筋機能装置(T4K)で治療される方には、必ずトレーニングをお受けいただいております。
最低3回はお受けいただき、トレーニング内容を習得してもらいます。
そして、自宅でもしっかり自主トレを行っていただくのです。

日常の身体全体の癖がお口の機能に大きく関わっています。
普段からの意識が大事なのです。
こういったトレーニングの新しい方法を教えていただき、実際にスタッフ同士で実践してみました。

45646image.jpg99.jpg

 

 

 

 

実際に当院でも行っているトレーニングを簡単に紹介しますね。
・あいうべ体操
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/08/post-718.html
・ガムトレーニング
・ポッピング
・木べら体操
・姿勢トレーニング(立った姿勢、座った姿勢、寝姿勢)
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/11/post-743.html

・呼吸方法

上記の中で様々なものを組み合わせ、応用して行っております。
矯正治療を受けられている方以外も、もちろん受けられます。
(303240円で行っております。)

今まで当院で取り組んできた矯正治療に更なる自信がついたのと、新しい知識を習得できる本当に有意義なセミナーでした。
1
日セミナーでしたがあっという間に時間がすぎ、たくさん学べた事に達成感と満足感がセミナー後も私を興奮させていました。
講師の船橋先生のお話しもすごく分かりやすく、説明の仕方も真似させてもらおうと思います。

実際はこれから教わった知識を皆様にお伝えすることで、本当の知識習得ですね。
貴重な時間に奈良までお越しいただいて、セミナーを開催してくださった船橋先生や、そういった時間をつくってくださった院長に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
とても楽しく勉強できましたし、スタッフ皆でレベルアップできましたので、これからは皆様にしっかりお伝え致します。

私達と一緒に、歯並びから身体全体の癖を改善して健康な人生を送りましょうね。

スマイルクリエーター 太渕亜弥

 

当院では、無料で矯正治療相談・審美治療相談、治療費用の見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。(フリーダイヤル 0120-08-0461

             contact.PNG

ネコの会に参加して★

|

★★IMG_5694.jpgこんにちは☆スマイルクリエーターの窪田です。
春の陽気が近づいてきたと思いきや、肌に刺さるような冷たい風が吹くなど、まだまだ体調管理に力を入れなければならない気候が続いていますね。
皆様あいうべ体操をしっかり行って、元気に暖かい春を迎えましょう♪

さて、私は先日神戸で開催されました、「第33回公衆衛生研究会」に参加して参りました。
通称「ネコの会」で知られているこの会は、歯科従事者のみならず、その他全般医療従事者や公務員、会社員、アーティストまで(!)、様々なジャンルの方が参加されており、講師の方々も各方面のスペシャリストが代わる代わる講演して下さるなど、中身のとっても濃い充実した1日となりました。

今回の主催者や講師の中には当院でも愛読者多数の書物を出版されております、岡崎好秀先生、あいうべ体操でお馴染みの今井一彰先生、竹下和男先生もいらっしゃり、多くの先生方の生の声を聴くことが出来ました。

なかでも、私が以前非常に感銘を受けました「弁当の日」を広めていらっしゃる竹下和男先生は、「人は置かれた環境で育つ」ことを実際に何度も目の当たりにし、何を食べるかだけではなく、誰のために作るのか、食材に触れ実際に作ることで、台所に立つ喜びと楽しさを覚えることが大切であると教えてくださいました。
改めてたくさんの子どもたちと置かれた家庭環境を見てきた竹下先生だからこそ、熱く語ることのできる深い内容だと感じ、食育について現在勉強中の私にとっては、勉強になることばかりでした。

★★IMG_6056.jpgまた、今回とても興味深くお話をお伺いすることのできた糖尿病専門医の西田亙先生は、糖尿病を予防するためには医科歯科連携が重要であり、また歯科でこそ出来る予防策や歯科の連続性の素晴らしさについて語られていました。
現在当院でも糖尿病にスポットライトを当てており、スタッフ全員が血糖値の測定をさせて頂いたこともございます。
皆様も糖尿病の疑いがある、なんとなく不安という考えをお持ちでございましたら、お気軽にスタッフまでお声がけくださいませ。
食や日常生活のお話や改善点についてお話しさせて頂きます。

今回ネコの会へ参加させて頂いたことで、多くの参加者と交流でき、普段お会いすることのできない先生方の貴重なお話を聞くことができました。
ただ参加するだけではなく、得た情報はしっかりと身に着け、正しく皆様にお伝えすることが出来るように努めてまいりますので、ご期待下さいませ♪

スマイルクリエーター 窪田伶香
             contact.PNG

2016年2月度 ランチミーティング

|

P1170297.JPG5656.JPG

暖かくなったり、寒くなったり、気温差が激しい今日この頃ですがお変わりございませんか?
衛生士の榎本です。
こんな時期は、いつも以上に免疫力をあげる「あいうべ体操」がおすすめですよ♪
これからはじまる「花粉症」やアレルギー症状緩和にもとても効果的です!

さて、先日行いました2016年2月のランチミーティングのご報告をさせていただきます。

①・先月の医業収入の報告
最近の新患様の傾向として、一度きりではなく、クリーニングや、その後の治療においても、永く通っていただいている方が増えているとのことでした。
これからも永く通いたくなる歯医者になるように努力することを、改めて肝に銘じました。

・リコンファーム集計報告
当院では、全ての患者様に前日にご予約の確認の電話をさせていただいており(リコンファーム)、皆様にお時間通りの診療を心掛けております。
ゲストの皆様のご協力のもとに成り立っておりますので、スタッフ一同、いつも感謝しております。

② マニュアル報告
器具の清掃方法について、再度スタッフ全員で確認、情報の共有を行いました。
患者様おひとりおひとり、滅菌したものを徹底して使用させていただいており、日々滅菌レベルの向上をしております。

 

sumairurainn.jpg③ 院長より
・スマイルラインについて
素敵なスマイルラインの作り方や、トレーニング方法の再確認をおこないました。
モデルさん、アナウンサーの方などは、このスマイルラインをすぐ作り、キープをすることが求められております。
一般人には必要ないと思われがちですが、写真を撮るときなど、やはり表情づくりは重要です。
美希デンタルクリニックでは、歯を綺麗にするだけでなく、更にお口元をきれいに見せる一歩上の「スマイルトレーニング」も実施しております。
スタッフも日々スマイルトレーニングを実施しており、一番簡単で効果がある「あいうべ体操」を行っております。
その他にも、様々なスマイルトレーニングをご提案させてでいただいております。
きれいな歯に、きれいなスマイルラインで、お顔全体が更に魅力的に生まれ変わりますよ♪

●魅力的な笑顔とは(ブログ参照);https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/12/post-969.html



DSC00010(1).JPG565.JPG・「筋機能矯正装置」についての本の紹介
海外版の書物を院長よりお取り寄せいただきました。
「筋機能矯正装置」発祥の地のオーストラリアだけでなく、アジア圏の症例までも掲載されており、英語が苦手な私でも、とてもわかりやすい書物でした。
「筋機能矯正装置」を取り入れているクリニックがまだまだ少ない中、その装置についての症例をたくさん見ることができました。
日本語版がでるまで待つよりも、最新版にて色々な症例を目にすることができ、紹介していただいた院長には感謝しております。

565P1170279.JPG565.jpg

④ 太渕さんより
 「口輪筋トレーニング」について
(いわゆる・・・☆ボタン引っ張り合い選手権☆)
たこ糸の両端に大きめのボタンをつけて、二人一組になって、唇で抑えてひっぱりあいをしました!
歯並びが悪くなる原因のひとつとして、「口輪筋(唇を閉じる力)の弱さ」が挙げられます。
それを鍛えるためのトレーニングであり、ご自身の強さの目安になります。
さあ、スタッフ同士でトーナメント対決のはじまりです(笑)!

気になる結果は・・・
1位・・・信田先生
2位・・・窪田さんでした!
やはり歯並びのきれいなお二人が口輪筋も強かったです!
私自身は歯並びが悪いので、口輪筋もかなり低下していると思っていたので、初戦敗退すると思われていたのですが、矯正したのと、毎日の「あいうべ体操」でバランスが良くなり、一回戦は勝利をおさめることができました!
これには本人含め、周りのスタッフもびっくりでした!
見た目だけでなく「健康」のためにもきれいな歯並びはおすすめです(^-^)。
このボタン引っ張り合いは、二人一組で対決しながらトレーニングできますので、小学生以上のお子様から大人まで、ご家族間で楽しく対決しながらトレーニングできますので是非やってみてください♪

P1170285.JPG565.JPG

⑤ セミナー発表 (濱崎さん)
 「小児の口腔機能を考えようセミナー」後半です。
前半は私、榎本が担当させていただきましたが、後半は濱崎さんにバトンタッチです。
自分の参加したセミナーの別の角度からの意見を聞くことができるので、この発表の時間は、内容は然り、発表の方法についてもとても勉強になります。

☆みんなでランチタイム
・サラダ(信田先生)・・・大根わかめサラダ
・焼き物(太渕さん)・・・大根の挟み焼き卵締め
      (榎本)・・・大葉入り餃子
・煮物 (窪田さん)・・・蕪と鶏の餡かけ煮
・揚げ物(濱崎さん)・・・人参とアスパラの肉巻き揚げ(タルタルソースつき)
・スープ(院長) ・・・ミネストローネ
・ごはん(事務長)・・・雑穀いり玄米ごはん

DSC00019(1).JPG565.JPG

冬の旬の食材や体を温める食材たっぷりで、おいしくいただきました。
ごちそうさまでした!

2月のミーティングも、現在の知識をより深め、最新の情報を共有する機会となりました。
3月のセミナーも待ち遠しいです。

衛生士 榎本まりこ

             contact.PNG

三周年を迎えて☆

|

★P1170299.JPG565.jpgこんにちは。歯科医師の信田です。
三月に入り、一気に暖かくなってきましたね。
冬は寒くて家にこもりがちだったのですが、この季節は娘と一緒に公園に繰り出していきたいなと思っています。

さて私事なのですが二月末にて美希デンタルクリニックに入職して三年になりました。
当日、私は全く気付いてなかったのですが、スタッフみんなよりサプライズのお祝いをしていただきました。

午前の診療が終わり、私がカルテを見ていたところ、いきなり扉が開いてクラッカーにてお祝いが始まりました。
最初は何か機材が壊れたのかとびっくりしたのですが、とてもうれしいサプライズでした。

スタッフみんなからはたくさんのメッセージが入った色紙をいただきました。
本当に心温まる言葉がいっぱいで、周りの方々に支えられてこの三年やってこれたのだなと改めて実感いたしました。

そして院長からは、私と娘の写真がプリントされた巨大クッションをいただきました。
世界に一つしかない記念になり、我が家で早速愛用させていただいています。
あと私の似顔絵が印刷された新しい名刺もいただきました。
院長と太渕さんがイラストを考えてくださったそうで、家に持ち帰ると、主人にもなかなか私の特徴が出ていると言われました(笑)

お昼休みの貴重な時間を使ってお祝いしていただきありがとうございました。
メッセージカードや当日のケーキの手配、プレゼントの用意など院長をはじめスタッフのみんなが忙しい中準備してくださったこと本当に感謝しております。

家に帰ってから一周年の時に書いた自分のブログを読み返してみました。
一年目の時は朝礼でさえもまだ緊張していたという内容に驚きましたが、その緊張感を忘れてはいけないなと気が引き締まる思いがしました。
三周年を迎えて、もう三年もたったんだー!というのが正直な気持ちで、時間のたつ速さに少し焦りも感じました。
★33333sfi.jpgこの三年で成長できたところ、まだまだできていないところを改めて自分で考えてみることができました。
自分の施術や知識量、患者様への説明、スタッフ同士の連携においてもまだまだレベルアップしていけるよう頑張っていきたいと思います。
四年目もどうぞよろしくお願いします。

歯科医師 信田麻耶
             contact.PNG

☆皆様に感謝☆

|

DSC00050(6).JPG5656.JPG565.JPGこんにちは。スマイルクリエーターの太渕です。
少しずつ暖かくなり、春の兆しが見えてきましたね。
皆様いかがお過ごしですか?私は変わらず元気です!

さて、先日私のクリニック勤続8年を院長はじめスタッフ皆さんがお祝いしてくださりました。
お仕事の忙しい中こっそり準備してくださっていて、まったく気づかずサプライズに感激しました。
★P1170400.JPG565.jpgお昼休みの作業中に、私の好きな曲が流れだし「なんじゃい?」と思ったら皆さん勢揃いで素敵なケーキが登場しました。
自分でいうのもなんですが・・・割と色んな事に気づける方ですが、まったく気づかず久しぶりにサプライズを満喫してしまいました(*^-^*)
ありがとうございました(*^-^*)

hosi DSC00032(1).JPG5656.jpg皆さんからのあたたかいメッセージをいただきまして、院長からもかわいらしいプレゼントを頂戴しました。
ちょうどこの時期から使える、ピンクのストールです。
早速家に帰って、愛犬に巻いて写真を撮ってみようと試みましたが、噛み噛みと穴をあけそうなぐらい遊び道具と勘違いして、大興奮になったためすぐさま中止 笑
やはり、私の首だけに巻きます!!
大人になり、社会人として人生を歩みだすと本当にそれは長い道のりだと思います。
成人をして世間一般に退職と言われる年齢まで働くと考えれば、約40年はあります。
その年数に比べたら、私の勤続8年はまだまだ雛にもなっていない卵の状態ですよね。
社会人としても10年がたち、約4分の1が終わったところです。
そう思うと、まだまだ学ぶこと、成長することが山のようにあると思います。
それは、職場だけではなく日常の生活のなかでたくさんの方と出会い、吸収することがあると思います。

「生きている以上学ぶべし」
学生の時、耳が痛い言葉だと思っていましたが、人としてしっかり人生を歩む以上当たり前の事だと、今となれば日々実感しております。
クリニックも昨日12月に8周年を迎え、9年目になりました。
私も後を追い、今月から9年目になりクリニックの成長と共に更に成長したいと思います。
まだまだ社会人の卵な私なので、成長できます。いや、します!!笑

この8年間があるのも、院長はじめ今いてくれているスタッフ、今まで出会い共にお仕事させてもらったスタッフ、私の生活に関わってくださる方々など、たくさんの方の支えがあったからだと思います。
そんな方々への感謝の気持ちを忘れることなく、これからも力強く日々歩んで行きたいと思います。

スマイルクリエーター 太渕 亜弥

             contact.PNG

コムオンボ.jpg8.jpgみなさんこんにちは!院長の椋本です。
引き続きエジプト旅行のお話をさせていただきます。

エジプト紀行パート2 ~奇跡のアブ・シンベル大神殿~ https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2016/02/2-11.html

エジプト紀行パート1 ~ピラミッドにかかる虹~ https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2016/01/post-976.html

アスワンから船に乗り、最初に寄港したのはコムオンボという町でした。
ここのコムオンボ神殿はワニとハヤブサの神がまつられており、少し気持ちが悪かったですが付属の博物館には数百ものワニのミイラが展示されておりました。
神殿はそれぞれの神の為に完全に左右対称の珍しい2重構造になっています。
紀元前300年頃の建築だそうですが壁画には当時すでに外科的な治療が行われていたことが記されていました。


ホルス神殿.jpg7.jpg次に船はエドフという町につきました。
こちらのエドフ神殿もハヤブサであるホルス神を祭っています。
ここの最大の特徴はエジプトの遺跡の中でも保存状態が最良であることです。
この後に行くことになるルクソールも含めてこの国の遺跡はその古さもあって異教徒の破壊や盗掘などの被害にあってきました。
しかしながらこの神殿は数百年ほど砂の堆積によって地下12mほどの位置に眠っていたのもあって綺麗な状態で見つかったとの事です。
ハヤブサの像も大変美しかったです。
さて、船は最後の目的地であるルクソールへ向かいます。

ルクソールはかつての古代エジプトではテーベと呼ばれた都市です。
ナイル川によって東西に分断され、東岸には生を象徴するカルナック神殿やルクソール神殿が、西岸には死の象徴である墓地、王家の谷と王妃の谷があります。
王家の谷は古代のファラオ(王)の墓が64基ありますが、エジプトツアーで唯一写真撮影が一切禁止の観光地です。
バスにカメラ類を置いていかなければ入場できないので小山ほどもある墓地の外観さえも撮影できませんでしたが、谷というだけあって丘陵地のなかにいくつもの墓が点在していました。
この地を有名にしたのは初回でもお伝えしたツタンカーメンの墓の発掘です。

ルクソール神殿.jpg1922年にハワード・カーターによって発見された時、3000年以上の時を経たにもかかわらず、盗掘の被害を免れて副葬品を含めて完ぺきな状態だったことがツタンカーメンとこの谷を有名にしました。
エジプト考古学博物館には前々回に述べたとおり、この谷に葬られていたミイラの大多数がおさめられていますが、ツタンカーメンのミイラだけはカーターの遺志により彼の墓室に眠っています。
王家の谷を後にして、東岸のカルナック神殿で今回の旅を終えました。
北アフリカの素晴らしいいサンセットに照らされる遺跡を眺めながら悠久の歴史に触れられたことに今回も感謝したいと思いました。

ピラミッドにかかる虹と、現地で見たコブラに囲まれる初夢(コブラは古代エジプトでは神聖視されていました)を経験して今年も良い一年になりそうな気がしました。
最後に、テロや政情不安でエジプトの観光客数の減少が著しい為、今回のツアーでは毎日警察官が我々についていてくれたことを併記します。
最後までお読みいただきありがとうございました!

院長 椋本 美希

             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461