> > 2015年10月アーカイブ

2015年10月アーカイブ

●gggg●56565622img_staff_hamazaki.jpgこんにちは。衛生士の濱崎です。
近頃、空気が乾燥してきましたね。
皆様風邪に負けてないでしょうか。
風邪予防には、『あいうべ体操』ですよ

私は東京で日本初上陸された世界一美しいフェスと言われるSENSATIONに行って参りました。

5555IMG_3780.jpg5656.jpgドレスコードは「白」。
それぞれ個性のある白の衣装を身にまとい、会場全体が白で埋め尽くされ、幻想的な世界となっておりました。

私が何より見たかった、ダンサー達の本気のダンスを生で見ることができて本当に良い経験となりました。

この日の為に練習を欠かさず、汗水垂らして練習してきた彼らのダンスは心に響きました。

私も衛生士という仕事の中で自分自身どこまで成長出来るのかという不安があった為、このイベントに参加する事により「努力すれば夢は叶う」という事を目の前で痛感する事ができ、大変有意義な休日となりました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、矯正の途中経過をご報告させて頂きたいと思います。

IMG_0666.JPG5656 56.jpg

最近は院長より終了に向かう調整をして頂き、自分では毎日上の歯と下の歯の噛み合わせを安定させる為にゴム(顎間ゴム)をかけております。

同時に、歯茎のホワイトニング(ガムピーリング)をして頂きました。
歯茎のホワイトニングにつきましては、また後日詳しくお伝えさせて頂きます。

毎日、ゴムをかける作業が歯茎のホワイトニングをしたせいか、歯茎に痛みがありますが、綺麗になる為なら!!と思い、毎日ゴムをかけております。

●★DSCF0003(90).jpgそんな努力をしていた先日、会食で赤ワインを飲んだ後に鏡の前に立つとビックリ!!

ワインによりゴム(モジュール)が黄色くなっていたのです。

今月は大好きなカレーも控えていたのに...(;_;)とショックで堪りませんでした。

ホワイトニングの際に、着色しやすい食べ物として、赤ワインがあるのですが、こんなにも黄色くなるとは思ってもいなかったので驚きました。

自分が矯正する事で、教科書には載っていない事、気付かなかった事を知る事が出来ているので、大変勉強になっております。

何より自分の経験を患者様に教えて頂く機会が増えたことが大きな価値だと思います。

日々の診療にお越しいただいている患者様には、大変感謝をしております。

まだまだ未熟な私ですが、これからも日々勉強し、患者様にご満足頂ける施術を出来るよう精進して参りますので今後ともよろしくお願い致します。

また、お子様の矯正をお考えの方は是非当院へご相談下さい。
後戻りを予防しながら、歯を抜かない矯正を一緒に始めませんか?

当院では、歯を抜かない矯正と共に、後戻りを予防するトレーニングを毎日小さいお子様が習い事のように通って下さっています。

是非一度無料相談だけでも、当院へ足をお運び下さいませ。
お待ちしております。

衛生士 濱崎 美帆

【過去の矯正治療のブログ】

当院スタッフ(濱崎)の矯正治療~1年4ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/09/post-946.html

 

当院スタッフ(濱崎)の矯正治療~1年3ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/08/post-938.html

 

当院スタッフ(濱崎)の矯正治療~1年2ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/07/post-930.html

 

当院スタッフ(濱崎)の矯正治療⑭~1年後1ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/06/post-925.html

 

★当院スタッフ(濱崎)の矯正治療⑬~1年後~★

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/05/post-916.html

 

当院では、無料で矯正治療相談・審美治療相談、治療費用の見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。(フリーダイヤル 0120-08-0461

             contact.PNG

魔法のおにぎりのからくりとは

|

★gggg★8989888img_staff_kubota.jpgこんにちは☆スマイルクリエーターの窪田です。
秋の運動会シーズンもいよいよ終盤といったところでしょうか。
朝早くからお弁当を作り場所取りに並ぶ親御様、必死に練習するお子様、家族が一致団結できる行事は準備が大変な分、喜びや楽しさが倍増しますよね\(^o^)/

さて、今回はおにぎりについてのお話を少し☆
朝起きてお昼ごはんにとおにぎりを握ると...夏場は特に見事に腐ってしまい、お昼まで持ちませんので冷蔵庫に入れる等して保存しなければなりません((+_+))
しかし、コンビニで購入したおにぎりは炎天下の中置いていても腐ることは無く、美味しくいただけてしまいます。
まさに魔法のような食べ物です。

fdiojsbfdbds.jpg5656.jpgそれもそのはず、そのおにぎり...裏面の原材料名に目を通してみてください。
よく目にする添加物がズラリと名を挙げています( ゜Д゜)
その添加物がいったいどういう働きをしているのか、以下をご参照ください。

調味料(アミノ酸等)
アミノ酸系のうまみを人工的に生成した調味料。
グルタミン酸ナトリウム等が含まれています。

pH調整剤
食品の酸性、アルカリ性の度合いを調整して、微生物の繁殖及び変質や変色を防ぐ。
おにぎりでは具材に添加されており、主に酢酸ナトリウムが挙げられます。
この中にはリン酸塩が入っており、摂りすぎるとミネラルを欠乏させ骨粗鬆症の発症リスクを高めます。

グリシン
アミノ酸の一種で微生物の発育を抑えて日持ちをよくします。

増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)
加熱すると粘り気がなくなり、冷やすと固くなるでんぷんを化学調理することで耐熱・耐冷性を高めた加工でんぷん等で食品に粘り気を加えます。

香辛料抽出物
香りや辛みのある植物からその有効成分を抽出したもの。

福岡県内のとある養豚農家では、母豚にあるコンビニの弁当やおにぎりを毎日3キロずつ与えたところ、豚の妊娠期間である114日後のお産で、死産が相次ぎ、やっと生まれた子豚も、虚弱体質ですぐに死んでしまったり奇形であったりしたそうです。
透明なはずの羊水がコーヒー色に濁っていたといいますから本当に恐ろしいですよね。
与えていたコンビニ弁当やおにぎりは決して腐っていたものではなかったそうですが、月々20万円のエサ代を浮かせるためにと与えていた食事が、大切な豚を飛んだ悲劇にさらしてしまいました。

人も同じです。
ごくたまに口にする程度では健康に被害を及ぼすまでに至らないと考えられますが、毎日毎日添加物にまみれた食材を口にしていると気が付いた時には既に身体がむしばまれている可能性が高く、それは子孫にも伝染してしまいます。
人は自身が食するものを選択できる自由があります。

皆様是非今一度ご自身の健康を考えたうえで、最良の選択をしてみてくださいね☆

スマイルクリエーター  窪田 伶香
             contact.PNG

依存症について

|

こんにちは。スマイルクリエーターの太渕です
気がつけば、今年も残すところ数か月になりましたね。
皆様、今年の目標は達成出来そうですか?
私はまだ未達成の物がたくさんあるので、残りの時間で計画を立てます。

さて、今回は「依存症」についてお話したいと思います。
最近よくテレビなどで芸能人の依存症の番組も多く、気になり調べてみました。
依存症とは、WHOの専門部門が提唱した概念、精神に作用する化学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返し行った結果、それらの刺激を求めるため抑えがたい欲求である渇望が生じることです。
そして、その刺激を追い求める行為が優位となり、その刺激がないと不快な精神的、身体的症状が出ることです。
依存症にはたくさんの種類があります。

2 koko.jpg

・薬物依存症
・アルコール依存症
・ギャンブル依存症
・買い物依存症
・喫煙依存症
・恋愛依存症
・ネット、スマホ、ゲーム依存症
・性的行為依存症
・糖分依存症

ほんの一例ですので、まだまだたくさんあるとは思います。

依存症なんて、自分には無縁と思いがちですが、自分自身でも気付かないうちに忍び寄ってきている可能性は大いにあります。
慢性的で再発性のある脳の疾患なため、有害な結果を招くこともあり、最悪な場合人を死に至らしめるおそれの高い病気の一つでもあります。
病気ということは、もちろん治療が可能なのですが、なかなか本人が依存症ということを認める事が困難で、克服するのは安易ではないだろうなとは想像がつきますね。
家族や周りの人の協力が非常に重要になってくるのでしょう。
とは言え、協力も安易ではないはずです。

依存症になってしまう原因は、何か特定の引き金があるわけでないのです。
中毒性の症状を引き起こす要素や行動は様々なのです。

・生理学的要素:出生前の薬物暴露、遺伝的要因、使用された薬物の精神薬物学的な影響、さらには当人の耐性などが関わっています。

・心理的要素:ストレスや悲嘆、不安、うつ状態、身体的あるいは心理的苦痛があります。


・社会的要素:家族やコミュニテェー内で依存症の状況を目にしている場合があります。
・内面的要素:生きがいや希望の喪失、あるいは人生に意味を見いだせないといった状況が考えられます。

どの要因がきっかけで依存症になるかは本当に人それぞれであり、当人は心のよりどころにしてしまうため、ただ注意する、指摘するだけでは依存症の悪循環に陥る手助けをしてしまう恐れがあるのです。
本当に難しい病気ですよね。

私自身は何かの依存症になっている認識はないです。
が、もしかしたらすでに陥っているかもしれないですし、自分のまわりに依存症になっている人がいるかもしれません。
ただ、今の段階では正直分かりません。

では、どうすれば依存症から抜け出せるのでしょうか。
どうやら、治療の第一ステップが最初にして最大の困難だそうです。
それは、自身に問題が存在していることを少なくとも自分自身に対して認めさせることです。
本気で変わるために自らの背中を押すのは自分しかいないというのは本当に困難だと思います。
この難関を突破できれば、後は専門医と二人三脚で歩むのです。
もちろん医師以外の周りの協力も不可欠ですよ。
逆効果となる威圧的に相手を責めるようなことは避け、相手を受け入れ、寄り添い、導いていく働きが効果的です。
依存行為に「気付かせる」これが重要なのですね。

4dddddddd.jpg

実は、歯科からもお手伝いは出来るのです。
お口の中は正直です。
何の依存症だとしても少なからず生活は乱れます。
そうなると、お口の中は信号を出します。
私たちは、その信号をキャッチします。

専門機関ではないですが、何かお手伝いできると私は思っています。
特に、糖分依存はお口の中に大きな影響をあたえます。
おそらく、何かの症状で歯医者に行かざるおえない状況になるはずです。
口腔ケアから依存症脱出の道を一歩でも進められたら、私は嬉しいです。
もちろん自己認識の低い病気ですので、依存症関係なく歯科健診は受けていただくことをお勧めします。

今回は依存症のお話でしたが、依存症問わず自分自身の身体(もちろんお口の中も。)の主治医は必要だと思います。
それは、どこかに症状が出てからではなく、健康なうちに信頼できる主治医を見つけ、定期的に健診を受けることは大切ですよね。

★DSC00022(1).JPG

歯科に関しては、自分で言うのもなんですが当院がお勧めです。
ぜひお口の健康のために当院に健診にお越しくださいませ。

スマイルクリエーター 太渕 亜弥

             contact.PNG

『歯の神様』

|

★5656img★_staff_sato.jpg皆様こんにちは。
歯科助手の佐藤です。

もうすっかり秋になりましたね。
朝晩の寒暖の差がありますが、皆様お体調など崩されてはいませんか?

皆様は、開運厄除、家内安全、学業成就、合格祈願、交通安全、商売繁盛など様々な事で神社にお参りされる事があるかと思いますが、沢山ある神社の中に歯にご利益のある神社があるのをご存知でしたか?

今回歯にご利益のある神社についてお話しさせていただきたいと思います。

『歯の神様』!?

皆様は、『歯の神様』!?の存在をご存知でしょうか?
そもそも、『歯の神様』の信仰が始まったのは、江戸時代中期~後期頃と言われています。
当時、歯科医にあたる職は「口中医」(こうちゅうい)といわれ、殿様、武将、豪商などの一部権力者、上流階級にしかかかる事が出来なかったと言われています。
庶民には無縁の存在だったそうで、明治時代になるまでは歯痛はじっとこらえるか、草木や水の民間治療しかなかったそうで、自己流で治療し命を落とした事もあったとも言われています。
そんな中、庶民の歯痛対処法の一つとして生まれたのが、「苦しい時の神頼み」「まじない」歯の神様の信仰です。

神様であれば、理屈抜きで助けてくれるかもしれない...という思いから神様に頼らざるを得なかったのです。
現在でも、乳歯が抜けると丈夫な歯に生え変わってほしいという心情から、「上の歯が抜けたら縁の下へ」「下の歯が抜けたら屋根の上に投げる」風習があります。

attachment02.jpgwqrwqr555.jpg現在日本では、歯科医院の数はコンビニの数の約1.5倍あるそうで、医療技術も発達していて、歯が痛くなったら、歯科医院に駆け込めば何とかなる時代な為、歯が痛くなった時に神様を頼る人はほとんどいないのかも
しれませんが...
日本各地には昔から「歯の神様」が多く存在しているそうです。

歯の痛み、悩みを癒す目的で祈願する、歯の神社、仏閣、石像などが全国で約300カ所ほど祀られているそうです。

その中の一つ、大阪梅田の繁華街に位置しESTというファッションビルの一番端に小さな神社『歯神社』があります。

この神社の存在をご存知でしたでしょうか?

a5555ttachment01.jpgjdfjjf1111111.jpg「歯神社」
歯神社の主祭神は、歯神大神(はがみさん)といい、歯、全般の神様として信仰されており、元々この地にあった巨石に神さまが宿っておられると信仰した地元の人々によって、お祀りされるようになったそうです。
1945年大阪大空襲で大阪が焼け野原になった時も歯神社まで火は届かず、戦火を歯止めしたと言われ貴重な史跡だとも言われています。
2000年この歯神社が放火に遭い、その後地元商店街、有志の方々によって再建され新しい姿になったそうです。

「歯神社」の由来
今から数百年前に淀川が氾濫し、このお社の御神体であった巨石が、流れ来る水を「歯止め」し梅田の水没を防いだことから「歯止めの神様」として慕われるようになったと言われています。
語呂合わせで「歯止め」→「歯痛止め」→「歯の神様」になり、歯痛止めにご利益があるお社といわれ、歯に悩む方、歯に関わる方の神様として信仰されるようになったそうです。

「歯神社」、御祭神は「歯神大神」(はがみさん)で歯痛鎮痛、健歯護持、歯業成就、歯止祈願、商売繁盛の御利益があるそうです。

「なで石」
歯神社の本殿の手前に「なで石」と呼ばれる小さな丸石があり、御神体の巨石の欠片とも言われるそうでこの石を2~3度撫でた手で、疾患部をさすれば歯痛が和らぐそうです。
よく見るとタコ焼きのようにもみえます...

現在、歯神社では歯の悩み、歯に対する思いを、「歯の大切さ」「歯磨きは己の心磨き」として今の世に伝え、広く信仰されているそうです。
歯の大神さまの御心として日本、世界中で歯に悩む人々、歯科医、歯科医師を目指す学生さん、歯科技工士など歯の医療に関わる人々や、歯ブラシ、歯磨き粉、歯に関わりのあるお仕事をされている
方々の参拝が多く、歯の大神さまとして慕われているそうです。

毎年6月4日には「歯神社例祭」(通称歯ブラシ感謝祭)が行われ、参拝者の皆様の1年間の歯の健康を祈願し、古くなった歯ブラシを神様にお返しし、新しい歯ブラシを頂く歯ブラシ授与(先着順)の行事もあるそうです。

歯に関する悩みなどある方は、一度「歯神社」に足を運ばれ、神頼みされてみてはいかがでしょうか...

歯科助手 佐藤美布子
             contact.PNG

シーラントについて☆

|

gggg★8989888img_staff_kubota.jpgこんにちは☆
スマイルクリエーターの窪田です。

先日、院長にお口を診ていただいたところ、まさかまさかの虫歯がこんにちは...((+_+))
永久歯になってからは虫歯0で過ごしてきたつもりでした為、とてもショックを受けましたが、院長に虫歯を全て取り除いて頂き、新たに虫歯治療&シーラントをして頂きました☆
もう虫歯が出来ないよう日々のケアと食生活を徹底しなければなりませんね(*´Д`)

さて、受付でゲストの皆様とお話をさせて頂く中で、「シーラントって何?フッ素と何が違うの?」という質問を受けることがあります。

fdgfdg.jpg★シーラントとは★
奥歯の噛み合わせの溝にプラスチックの膜を埋め込み、虫歯を予防する方法です。
溝には汚れや食べかすなどが溜まりやすく、また歯ブラシの毛先が行き届かないこともある為、虫歯になる可能性が高いのです。

★フッ素塗布とは★
歯の再石灰化を助け、表面のエナメル質成分と結びつくことで歯の質を強くし、むし歯になりにくくするお薬です。
生えたての歯のほうが、効果的といわれています。
ちなみに上記のシーラントにはフッ素も含まれています。

sddgsgdsgsd.gif同じ虫歯予防でも、シーラントは溝を埋め、フッ素は歯の質を強くする等それぞれに違った役割を持っているのです!(^^)!

しかし、虫歯予防をいくら行っていても甘いお菓子やジュース、スポーツドリンクのような糖を多く含む飲み物を毎日のように口にしている方は、虫歯菌が酸を出すことで歯が溶け続け、虫歯になってしまいます。
1日3回きちんと噛み、味わいながらバランスの取れた食生活を心がけることが大切ですね(*^_^*)

また、定期的に検診を受けてプロに歯磨きの方法を教わり、汚れを落としていただくことも大切です☆

何かあってから行く歯科ではなく、何も起こらないように予防する歯科への意識を高めて頂けましたら幸いでございます\(^o^)/

また、当院では詳しい資料もご用意しておりますので、ご利用の方はお気軽にお声かけ下さいませ♪

スマイルクリエーター  窪田 伶香
             contact.PNG

素敵な誕生日会♪♪♪

|

mmmm★DSC00006(1).jpgこんにちは。歯科医師の信田です
すっかり秋の季節となりましたね。
秋は大好きな梨やりんごなどが旬の季節となっているので、私は食欲の秋を満喫しております。

さて今月は私の誕生日月で院長をはじめスタッフみんなにお祝いをしていただきました
本当にいつも忙しい中、準備をしていただきありがとうございます。
今回はこの素敵なお誕生日会について書かせていただきます。

まず目隠しをした状態の私はスタッフの榎本さんに誘導してもらい、二階のスタッフルームまで行きました☆
ドアを開けると一斉にクラッカーが鳴り、みんなに出迎えていただきました。
目隠しを外すと、目の前には二段の特大ケーキ!!と思ったら帽子でした(笑)
ケーキ帽子をかぶりながら、本物のフルーツいっぱいのケーキのろうそくを消しました
思いっきり吹いたつもりですが、一回で消すのはなかなか難しいですね。残念!

★誕生日1.jpg5656.jpgそして院長からプレゼントをいただきました。
今年は金粉入りのキラキラしたシャンパンです。
なんと私の名前と誕生日の日付も一緒にラベルにしてくださいました。
もったいなくていつまでも飾っておきたいくらいです。
去年の誕生日に院長よりいただいたグラスに入れて飲みたいと思います。

さらに、私の娘に までキティちゃんのランチョンマットをくださいました。
娘はキティちゃんが大好きなので大喜びでした。
本当にいつもお気遣いありがとうございます。
部屋の中は、私と娘の写真でいっぱいにみんなが飾りつけしてくださっていました。
飾りつけを家に持ち帰ると、娘が自分の写真がある~♪とまたさらに喜んでいました。

★DSC00016(1).JPG最後にみんなから心温まるメッセージをたくさんいただきました。
このメッセージは本当にうれしい言葉がいっぱいで、今の私にとって良い励みとなりました。

美希デンタルクリニックにきてから二回目のお誕生日会をしていただいて、本当に感動と感謝の気持ちでいっぱいです。
家での育児、家事も私にとっては大切な仕事ですが、美希デンタルクリニックで働くことは私にとって今 ではなくてはならないものです。
ここで働いているみんながとても熱心で頑張っているので、いつも良い刺激をいただいています。
歯科医師として、人として、この一年でさらに成長していけるようみんなと一緒に頑張りたいと思います。

歯科医師 信田麻耶
             contact.PNG

ベトナム歯科事情

|

gggg●56565622img_staff_hamazaki.jpgこんにちは。衛生士の濱崎です。
最近は冷え込みますが、皆様体調はいかがでしょうか?
風邪を引きやすい季節ですのでお気をつけ下さいませ。

さて、私はお休みを頂きベトナムへ行って参りました。

今まで海外には何回か行った事があるのですが、ベトナムは初めての国で、私の大嫌いなパクチーがあらゆる食べ物に入っていたり、朝から野良犬三匹に追いかけられたり、親切な人だと思いきや、お金を取られそうになったり、、と初日から散々な事がありましたが、都市であるハノイは世界遺産が多く、綺麗な建物も多かったです。
IMG_4802.jpg5656.jpg最終日には民族衣装であるアオザイを着て写真撮影をして頂きました(^_^;)

そこで、ギリシャ旅行の際の窪田さんに続き、私もベトナムの歯科事情を調べてみました。

ベトナムでは、まだ「予防」という概念がなく、昔の日本の歯科事情と同様、悪くなったら歯医者へ行くというのが主流だそうです。
かつての日本でも、高度経済成長の頃より共働きが増え、インスタント食品が登場し、親の帰りを待ちながらそれらを食べる鍵っ子の増加など食生活をはじめとする生活習慣の大きな変化がありました。
★IMG_2010.jpg5656.jpgこのような生活を通じて日本人の口の中にはこれまでにないほど多くの虫歯ができるようになり、「虫歯の洪水」と呼ばれて歯医者の待合室に行列ができるような時代だったのです。
あれから何十年も経って、当時受けた治療をやり直さなければならなくなり、幼少時や働きざかりの頃に歯を悪くした人たちは今になって入れ歯に悩まされるなどその弊害は 今も続いています。

ベトナムも今そのような道をなぞろうとしているのですが、そこで、日本人のある女性のドクターがベトナムの現状を知り、「日本人が高度経済成長に伴う生活環境変化の結果として味わった『歯の苦労』をベトナム人には味わってほしくない」という思いから予防歯科をベトナムに持ち込むべく開院されているみたいです。
是非見学に行ってみたい!!と思ったのですが残念ながら今回は場所がすごく遠く、行けませんでした(;_;)


せっかく予防歯科が主流となっている日本に住んでいるにも関わらず、最近歯医者に行ってないな~と思われる方がいらっしゃいましたら是非当院へ一歩足をお運び下さい。
生涯ご自身の歯で健康に過ごせるよう、私はこの日本の地で皆様のお手伝いが出来ればと思っております。

衛生士 濱崎 美帆
             contact.PNG

「告白」を読んで

|

im★ghh_staff_shida.jpgこんにちは。
歯科医師の信田です。

今月の読書感想文は湊かなえさんの告白という本についてです。
数年前に松たか子さん主演で映画化された本で、今さらながら読ませていただきました。

このお話は森口裕子というシングルマザーの中学校教師がある告白をするところから始まります。
自分が学校を辞める日のホームルームで、4歳の娘を殺したのは自分の生徒二人であることを告白するのです。
そして、その少年AとBが起こした事件の真相を話します。
教師として、生徒を守らなくてはいけない立場でもあるし、この国の法律では罰することができない。
けれども命の重さ、大切さを知って、自分の罪の重さを知り、それを背負って生きてほしいと訴え、自らがその二人を裁きます。

★2kkkkk.jpg同じ年頃の娘のいる私は主人公である教師の状況とついつい重ね合わせてしまい、加害者の少年たちにどんな理由や生い立ちがあっても、子供を殺すのは許せない思いで読んでいました。
しかし裕子先生の告白の後から起きる少年Aに対するクラスメイトのによるいじめに対してはそんなことをする権利がそのクラスメイトにあるのだろうか?と疑問を抱きました。
そして少年Bの不登校に対しての親の態度には甘いなあと思いつつも、親にとってはかわいい子で守ってあげたい気持ちも理解でき、複雑な思いになりました。

この事件については少年A、B、そのクラスメイト、少年の母親のいろんな視点から語られています。
一つのものごとの捉え方でも時と場合、立場によって全然違います。

事件の報道一つにとっても偏った方向からでなくいろんな視点で見ていくことの大切さを感じましたし、私たちはついつい騒ぎたてるマスコミに振り回されているのかなという気もしました。
裕子先生の話の中で印象的だったのが「道を踏み外して、その後更生した人よりも、もともと道を踏み外すようなことをしなかった人がえらいに決まっています。
でも残念なことにそういう人には日常スポットが当てられません」という言葉です。
もちろん何かをして、賞をいただいたりすることはその人の努力の結果なので素晴らしいと思います。
でも目立ったり、華々しくスポットが当てられなくても、「毎日真面目に生活する」、当たり前のことでなんの価値もないように思われがちですが、それができることが十分幸せで、ありがたいことなんじゃないかなと思いました。

この本からは重いテーマも含め、たくさんのことをじっくり考える機会をいただけた気がします。
また皆様も機会があれば読んでみてくださいね。

歯科医師 信田麻耶
             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年9月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461