> > 2015年12月アーカイブ

2015年12月アーカイブ

写真トレーもってP1170017.JPG 後 トレー.JPG

こんにちは☆スマイルクリエーターの窪田です。
年末年始が近づくにつれ、忘年会や新年会など人に会う機会が増える方も多いのではないでしょうか(*^_^*)?
飲みすぎ食べすぎに注意して有意義なひと時をお過ごしくださいね♪

さて、当院で大人気のホワイトニング
  ...私もやってみました\(^o^)/
今回体験したのは自宅で行うホームホワイトニングなのですが、短期間で驚くべき効果が出ました☆

シェードの変化.jpg上の前歯で9トーン、上の前から数えて3番目の歯で10トーン、下の前歯で8トーン白くなりました♪
(効果には個人差がございます)

私が髪の毛をバッサリ切っても気付かない主人が気付いたくらいなので、よほど顔の表情や雰囲気が変わったのかと思われます(´・ω・`)笑

小★最終 連結●DSCF0008(75).JPG前.jpgホームホワイトニングとは  ...
歯の型を取って専用のマウスピースを作成し、その中にホワイトニングジェルを入れて装着するホワイトニング方法です。
寝ている間に装着することも出来ますので、比較的簡単に且つストレスも少なく行うことが可能です♪
当院でホワイトニングのマウスピースを作成された方は、通常  6,480円で販売させて頂いているジェルが  3,240円にてご購入いただけますので、薬剤の追加費用のみでご自身のペースに合わせて、お好きな時にホワイトニングを行うことが出来ます\(^o^)/
  (2015年12月現在の価格です)

当院では濃度の濃いタイプと薄いタイプのジェルを取り扱っておりますので、凍みるなどの症状が発生した際には、薄いタイプのものに変更または凍み止めを販売させて頂いております。

その他クリニックで行うタイプのオフィスホワイトニングも行っておりますので、気になる点等ございましたらお気軽にお声かけ下さいませ★

スマイルクリエーター 窪田伶香
             contact.PNG
★2img_staff_tabuchi.jpgこんにちは。気がつけば今年も残りわずかになりましたね。
なぜか、この季節になると気持ちが焦ります。
何に焦っているかは毎年分からないのですが、ソワソワする太渕です。

皆様、暖冬ではありますが冷える日々が続きます。
体調などに変化はございませんか?
私は、変わらず元気です。

さて、先日某ショッピングセンターのトイレに「くしゃみ」について書いてありました。
その内容は、くしゃみのスピードでした。
考えた事もない内容で、ついつい読みいってしまい長居してしまいましたよ(笑)

★image[4].jpg56.jpg問題です!
くしゃみをした際の唾液の飛ぶスピードはどれくらいでしょう?





答えは・・・時速320㎞程あります。
かなり早いですよね。
新幹線やフェラーリの最高速度と同じです。

瞬間的に手で押さえたとしても、おそらく間にあっていないでしょうね。
確実に周りの人に唾液が飛び散っているでしょう。
さらに、そんなスピードで体内から唾液が飛び出しているのですから、相当筋肉を使うことになりますし、喉への負担も大きくなります。
くしゃみをあまりしすぎると疲れるし、よけいにしんどくなる理由が分かりますね。

当院では、無料で顕微鏡にて歯周病菌の検査を行っております。
菌は唾液感染であり、その感染ルートの中にくしゃみがあります。
まわし食べやまわし飲みやキスで感染するのはイメージできるかと思いますが、くしゃみは比較的皆様に驚かれることが多いのです。
私も唾液が飛ぶのがくしゃみですし、たしかに感染しそうだな...くらいで考えていましたので驚かれる皆様の気持ちが分かりました。
しかし、家族やパートナーとの間柄での距離で時速300㎞以上のスピードの唾液が飛んでくるとなると確かに立派な感染ルートだと改めて納得できます。
家族で誰かが風邪を引けば、咳やくしゃみで家族間に風邪が感染していくのも納得できます。

くしゃみはとっさに出ることもありますが、やはり原因はあります。
鼻に侵入した異物が粘膜に取りついた時、それを追い出そうとする反射という本能的な防御反応です。
何から防御するかというと、アレルギーや風邪の菌などですよね。
基本的にアレルギー反応や風邪でくしゃみは出ますよね。
そのアレルギーや風邪にも原因があるのですよね。

その一つが呼吸法です。
しっかり口を閉じて鼻呼吸ができるようになれば、その症状は軽減されます。
もちろん、歯周病菌を含め、他人に何かを感染させるリスクは低くなります。
案外、鼻呼吸していると思っても、口呼吸になっていることが多いのです。
しっかり鼻呼吸できるように予防の体操をしてください。

★image[4].jpg

「あいうべ体操」です。
何度か紹介させてもらっているかと思いますが、簡単に出来て健康になる体操ですよ。
私たちも毎朝、朝礼で行っております。

身体が起こす反応を自らコントロールすることはなかなか難しいです。
ですので、その反応が極力起こらないように自己管理を行うことぐらいは出来そうですよね。

今回、ちょっと立ち寄ったトイレの雑学コラムのくしゃみのスピードという観点から、唾液での感染の怖さや、その症状を軽減させるために自分でできる予防策があることを改めて認識できました。
「あいうべ体操」
騙されたと思って皆様のこの冬から行って下さいね。

スマイルクリエータ 太渕 亜弥

contact.PNG

~参考ブログ~

きれいな顔をつくるために♪

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/09/post-845.html

 

口呼吸していませんか? 口呼吸より鼻呼吸‼

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/08/s.html

 

姿勢を正しましょう!!~姿勢のトレーニング~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/11/post-743.html

 

免疫を高めて病気をなおす 口の体操『あいうべ』

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/08/post-718.html


 

hosi DSC00091(3).jpg皆様、こんにちは。佐藤です。
12月に入り急に冷え込み、冬到来!となりましたね。
クリスマス&お正月の準備で慌ただしくなりますが、寒さにも風邪にも負けず
元気に過ごして下さいね

先日、今年最後のランチミーティング&美希デンタルクリニックのお誕生日会を一緒に行いました。
司会は私、佐藤が担当させて頂きました。

12月のランチミーティングのご報告をさせて頂きます。

①先月の報告(太渕さん、事務長より)
今年も残すところあと、1カ月。
12月の目標を達成できるようスタッフ全員がやるべき事を意識し、そして2015年に向けての目標を皆で話し合いました。
より多くの方々に当クリニックの良さを知っていただくには、スタッフ一人一人が身につけた知識を、周りの方々にお伝えしていく事だと思いましたし、患者様からのご紹介がいかに大切かを実感いたしました。
当クリニックに一人でも多くの方が足を運んでいただければと思います。

②ヒヤリハット
クリニックの中での問題点をスタッフ全員で考え、改善策、気づいた事について、情報を共有し、今後同じ事が起こらないようスタッフで話し合いました。

gfdho.jpg③院長より 
今回、『あいうべムック』の本紹介していただきました。
毎回、スタッフの為に院長がオススメの本を選んで、スタッフに紹介してくだり、スタッフ内で読ませていただいています。
読むことで色んな知識が身につき、とても勉強になります。
院長ありがとうございます

④事務長より
イベントのルール変更や、スタッフの勤務体制、新しいスタッフの採用、パソコンでの情報共有依頼など、いつもスタッフが、不自由なく仕事ができる環境づくりや、クリニックの事を考えて色々提案してくださる事務長に感謝しております。

050.JPG⑤太渕さんより
矯正セット後の流れと、こども矯正歯科クリニック見学の質疑応答について
装置は補助の役割であり、床矯正、T4Kをセットしてからの、口の機能を正しく使う為の姿勢トレーニング、舌トレーニングのトレーニング回数がいかに重要かを、わかりやすく説明してくださいました。
また、こども矯正クリニック見学の質疑応答では、トレーニングの実践の進め方や、トレーニングメニューの組み合わせ方法、トレーニングの合格判断の基準、などを質問させていただきました。
トレーニングは、個々の症状によってトレーニング間隔が違ったり、メニューは1セット3項目(姿勢,舌癖,呼吸法)で組み合わされていて回数ではなく出来ればステップアップという形をとられていたり、「合格」はなく、目標とはゴールであり、口を閉じ鼻呼吸ができているか、正しい嚥下ができるようになっていることが大事。
だと回答していただきました。
いかに「鼻呼吸」が大切かを再認識できました。
こども矯正歯科クリニックのトレーニングレベルが高い事や多くの知識やヒントを習得する事ができ、学ぶ事ができました。
これをまとめてくださった太渕さんに感謝したいと思います。

Ps1160988.jpg⑤年間ブログ大賞の発表
特別賞 濱崎さん
昨年に引き続き今回も受賞されました。おめでとうございます♪
濱崎さんはとても素直で、ご自分が思った事、感じた事を上手く文章にされていて、とてもわかりやすくて、素晴らしい内容です。私も濱崎さんのように自分の言葉で文章を書いていきたいと思いました

2位 太渕さん
昨年に引き続き今回も受賞されました!おめでとうございます♪
ベテランチーフ太渕さん!さすがです。
幅広い分野の内容を取り上げられていて、分かりやすくまとめられていて、内容も共感できますし、なにより勉強になります。

1位 佐藤 なんと、私がいただきました... ありがとうございます♪
とても嬉しいです文章を書いたり、まとめたりするのが得意な方ではないのですが、頑張って書いてよかったなと思いました。
そしてこの賞を頂けたのは、他のスタッフが書かれたブログを拝見し、参考にして書かせていただいた事にあります。
皆様にも感謝しています(^▽^)/
来年も頑張ってブログを書き、濱崎さん、太渕さんのように連続で賞を頂きたいな(笑)と思いました。
 
そして院長より、昨年同様シャボン玉表彰式をしていただき、表彰状とブルガリの高級チョコレートを頂きました
自分では絶対に買って食べる事はないと思いますのでとても嬉しかったです♪
院長ありがとうございます(^^♪
 
037.JPG⑥セミナー報告(榎本さん)
先月に引き続き「小児の口腔機能を考えようセミナー」について報告していただきました。
ものまねメイクで有名な"ざわちん"なぜマスクをしているのか?
その理由は
口元は、修正やごまかしがきかず、目や鼻のようにメイクをして色々かえる事ができない。
口元で顔全体が変わってしまう事を知り、マスクをしている事に納得しました!
いかに口腔周囲筋が大切なのかを、わかりやすく理由を説明してくださり学ぶことが出来ました。

最後に、歯並びが良くなる3つのポイントとして
1.鼻呼吸 
2.舌尖がスポットにある 
3.正しい嚥下(飲み込み) 
この3つがいかに大切なのかを、スタッフ皆で共有し、勉強する事が出来ました。
皆で一緒に学べる環境は本当に素晴らしい事だと思いました。

さぁ、祝8周年記念パーティー♪の始まりです(^▽^)/

12月3日で8周年を迎える美希デンタルクリニックですが、この記念すべき日に私は、昨年7周年と今年8周年の2回も参加できた事、嬉しく思っておりますし、心より感謝しております。

999+ffff●DSC00081.jpgまずは、スタッフから"クリニックロゴ"入りケーキ&ミニ胡蝶蘭(ピンク色)&プリンちゃんのぬいぐるみブランケットを8周年のお祝いにプレゼントさせていただきました。
クリニックロゴ入りケーキには、8周年ということで8本のロウソクを院長に消していただきました。
院長は、8本のロウソクを一吹きで一気に消されました!さすが院長(^▽^)/
そしてミニ胡蝶蘭は、衛生士のサブチーフ榎本さんと濱崎さんが悩みに悩まれた結果、8周年の8にちなんで
「8」→「ハチ」→「鉢」"鉢植え"となりミニ胡蝶蘭に
プリンちゃんのブランケットは、院長が大~好きなキャラクター"プリンちゃん"をチョイス。

そして、院長からもサプライズでスタッフにプレゼントを用意してくださいました(^^♪
院長は、周年の数字にちなんだプレゼントをご用意してくださっていて、私は、8にちなんで「ハチミツ」かな?なんて思っていたのですが...
正解は、8周年の8にちなんで、「ハチ=箸」そう、お箸です
それと美希デンタルクリニックバージョンの"ブラックサンダー"のチョコレート菓子を頂ました

このお箸には、なんとスタッフの生まれ年の"干支の絵"&"名前"が刻まれていました。
なかなか、自分で名前入りのお箸を買うことがないので、嬉しくて帰って娘に見せたら、羨ましがっていましたこのお箸を年明けから使おうと今は、大切にしまってあります。
日々多忙の中、院長がスタッフの為にプレゼントを考えて、ご用意してくださる事は本当にありがたい気持ちでいっぱいですし、院長のお心遣いに感謝、感謝です...

8周年記念のバルーンも院長がご用意してくださり、クリニックの入り口に飾らせていただいています!
更に、院長からのお手紙では、クリニックの歴史や成長を知る事が出来、温かいお言葉を頂戴いたしました。
スタッフ皆感動し、9年目に向け身が引き締まるし思いがいたしました。
私はまだまだ成長過程ではありますが、クリニックの一員として、クリニックの歴史にほんの少し携わる事が出来た事は、ありがたいことですし、この場にいれる事に感謝したいと思います。

いよいよお待ちかねのランチタイムです(^▽^)/
今回のメニューを紹介いたします!
99999DSC00101(7).jpg院長→レモンの塩麹スープ、サツマイモのレモン煮(患者様にいただいたレモンを使わせていただきました)
事務長→雑穀米
榎本さん→小松菜と揚げの煮物
窪田さん→蓮根とササミのサラダ
伊東さん→蓮根鶏つくねハンバーグ
佐藤→豚肉の大根巻き

毎回、皆さんのお料理レベルの高さに驚かされます...
家でのレシピがどんどん増えていくので、とても嬉しいです♪
ですが、お料理担当になった時はとてもプレッシャーです...(>_<)

今年最後のランチミーティング、そしてクリニックの8周年記念パーティーが無事終わる事ができました!
素敵な思い出作りが出来た事に感謝しております♪

来年も美希デンタルクリニックをよろしくお願いいたします!

歯科助手 佐藤美布子
contact.PNG

 

参考ブログ;★設立8周年のごあいさつ★

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/12/post-967.html



 

3~12歳のブラッシング習慣

|

●f5gggg●56565622img_staff_hamazaki.jpgこんにちは。衛生士の濱崎です。
今年もいよいよ残すところ1ヶ月となりましたね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
2015年の目標は達成できたでしょうか?
私は、まだまだ目標に届かない点もありましたので来年に向けて少しでも近づいていきたいと思っています。

さて、今回は「歯科衛生士」という本で学んだブラッシング習慣についてお話したいと思います。

777sfffesee.png3~12歳の生活習慣は生涯のベースとなります。
3~5歳の幼児期後半は、生活行動が徐々に「自立」して言語理解も進む為、自分のしている行動の目的や意味が少しずつ分かってくるようになる時期です。
また6~12歳の学童期には、さらに精神発達が進み、行動の目的や意味の理解も高まり、自己コントロール能力も獲得し、自分の行動を「自律」する事が出来るようになってくる重要な時期となります。
そこで、正しいブラッシングが習慣化できなければ生涯にわたる歯・口の健康作りに繋げる事が出来ません。

そこで、習慣づけの為の2つのポイント。
・発達に合わせてブラッシング方法を子どもに伝える。
・発見・気付きを与える事。


3~5歳は親御様の協力でブラッシング習慣をつけましょう。
乳歯が生え揃い、噛み合わせが安定してくる時期です。
食後、子どもに歯磨きをさせて親御様はお子様が磨きにくい部位を仕上げ磨きしてあげて下さい。

6~7歳はブラッシングの関心を高めてあげて下さい。
6歳前後になると6歳臼歯(永久歯)が生えてきますので、一本ブラシで磨く事を教えてあげて下さい。

8~10歳は歯並びに応じたブラッシングを教えてあげて下さい。
乳歯から永久歯に生え変わる時期となり、歯磨きが大変難しくなります。
歯科医院にて、歯科医、衛生士より歯磨きの方法を子ども自身に伝えてもらって下さい。
歯科医・衛生士は、この時期になると永久歯の隣接したところに出来たむし歯がないか、歯肉炎がないか確認しておりますので定期的な検診をお勧め致します。

11~12歳はブラッシングを自己管理させてあげて下さい
12歳臼歯が生えてくる時期となります。
この時期も6歳臼歯と同様、一本ブラシでしっかり磨く事が大切です。
また、すでに永久歯が完成している事が多い為、仕上げ磨きだけでなく、自分の責任でブラッシングをする事が大切になってきます。

私自身はまだ結婚もしていないので、子育てに関しては日々仕事の中で担当させていただいている親御様方に教えて頂く事ばかりです。

衛生士としては、もちろん歯が1番大切ですが、子育て中のお母様というのは日々生活をしている中で、もちろん歯の事以外でも大変忙しいかとは思います。

ご自身の出来る範囲でお子様のブラッシング習慣と向き合ってもらえればと思います。

また、今はむし歯がなくても糖分を多く含んだ食生活により、急にむし歯になってしまう事もあります。

むし歯になる前に定期的な歯科検診をお勧め致します。

当院では、お子様の定期検診の際、汚れている部分の染め出しをして自分でも磨けるようブラッシング指導を行い、無料で虫歯リスクの検査をしております。

(参考ブログ;虫歯リスクの検査~歯の健康のために~https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/02/post-546.html )


是非、一度お子様とご来院下さいませ。
お待ちしております。

衛生士  濱崎 美帆

             contact.PNG

月刊 歯科衛生士を読んで

|

565★565DSC_1714.jpg こんにちは!いよいよクリスマスシーズン真っ盛りですね♪
衛生士の榎本です。
クリニックでもディスプレイはどのお部屋もクリスマス一色です(^_^)。
エントランスも夜には素敵なイルミネーションが光っています☆
(今年のクリニックのお庭のトナカイさんは去年より一回り小さく、結果にコミットしていますよ~(笑))

さて、私が今回紹介します本は、「月刊 歯科衛生士」です。
専門書になりますので、歯そのもの話題になりそうですが、実はそうではありません!

ジュースやお酢を常飲することによる「酸蝕歯」や、「糖尿病」や「認知症」などの「病気」と歯科の関係など、色々な最新の情報を毎月読むことができます!
こうして考えると、「歯科=日常生活」で、毎日の生活に歯科はかなり深く関わっていることがわかります。

最新の12月号では、残っている歯の数と認知症の関係や、残っている歯が少なくても入れ歯を入れていると転倒する確率が減るなど、目からウロコな情報や、意外なところでの歯との関係や、日常生活にかかわる知識が満載でした。
このように、歯科関係者だけが楽しめる話題以外にも、普段読む情報誌のひとつとしても楽しめるぐらい、解りやすく書かれています。

美希デンタルクリニックでは、衛生士はもちろん、全てのスタッフが情報の共有も兼ねて回し読みしています。
毎月購読するためにとってくださる院長にも改めて感謝です!
これからも知識を増やしてゲストの皆様にどんどんお伝えしてまいります(^_^)。

★56DSC00018(2).JPG

来年2016年も美希デンタルクリニックをよろしくお願いいたします!

衛生士 榎本まりこ

             contact.PNG

「魅力的な笑顔とは」

|

maim★ghh_staff_shida.jpgこんにちは。歯科医師の信田です。
今年の冬は暖かいので油断していましたが、一気に寒くなってきましたね。
皆さまお変わりないでしょうか?
毎年ならこの時期には風邪をひいてる私ですが、今年は家族全員風邪知らずで元気です。
このまま年末まで体調壊さず頑張りたいと思います。

fafaffpg565.jpgさて皆さまは魅力的な笑顔と言われるとどんな笑顔を想像しますか?
女優さんや映画スターなどを思い浮かべるのではないでしょうか?
私個人としては上戸彩さんや、ハリウッド女優ではジェシカ・アルバさんの笑顔が大好きです。

周りをパッと明るくさせてくれるような素敵な笑顔です。
でも、もし口元に自信がなかったら、なかなか思い切り笑えないですよね?
ハリウッドのスター達はどうぞ見てください!とばかりに口元を見せて笑っています。
どのような口元が魅力的な笑顔を作ってくれるのでしょうか

gsdgsg.jpg565.jpg1スマイルライン
歯科の審美的な治療では、スマイルラインを重視しています。
スマイルラインとは、笑った時に見える下唇のラインと上顎の前歯の先端を横に結んだラインのことをいいます。
このラインが下に向かってきれいに弓なりになっているのが理想的とされています。
スマイルラインが緩やかな弧を描くほど女性的な魅力が高まり、水平でまっすぐなほど男性的な印象になります。
この歯並びは世界的に好まれる歯並びです。
ハリウッドのスター達の笑顔はみんなこれに当てはまっていて、ハリウッドスマイルと呼ばれています。

2リップライン
笑った時に上唇が作るラインをリップラインといいます。
笑った時にリップラインと歯茎のラインが一致してみえないか、1~2㎜歯茎が見える状態が理想的とされています。

3口角を上げる
笑った時に上唇と下唇のつなぎ目である両側の口角を上げることできれいな笑顔になります。
口角が下がっていると、老けて見えたり、冷たいイメージになってしまいます。

4顔貌に対して左右対称である
顔の真ん中と左右中切歯の中央が一致すること。
そして口角までの距離が同じで、その間に見える歯の数が同じであると左右対称に見えます。

5歯の色
やはり歯の色は白いほうが相手に与える印象は良くなります。
白のイメージは清潔、さわやか、純真、無垢などで結婚式でも白い色が好まれます。

皆さまの笑顔はどうでしょうか?
割りばし.jpg565.jpgご自身でも鏡を見ながら簡単にスマイルトレーニングはできます。
1まず割りばしを口にくわえながら「い」の口をしてください。
2割りばしよりも上の位置まで口角を引き上げます。
3割りばしを引き抜いて、口角を上げたままの状態でで30秒キープしてください。
これを繰り返し行ってみてください。
鏡を見ながら左右均等に口角が上がっているかどうかもチェックしてみてくださいね。
そして口の周りや頬の筋肉をしっかり使って口角や頬を上がりやすくするためには、あいうべ体操もおすすめです。
あいうべ.jpg5656.jpg口の周りにはたくさんの表情筋があるので、あいうべ体操をしてしっかり表情筋をトレーニングしてみてください。

歯の色、形や歯並びは人それぞれに合った個性や好みもあると思います。
当院では、患者様に応じた様々な治療方法がございますので、魅力的な口元を手に入れたい方はぜひお気軽にご相談にいらしてくださいね。
人の笑顔は、健康にも心にも良い効果をがあると言われています。
皆さまが自信をもって笑顔になれるお手伝いをしたいと思います。

歯科医師 信田麻耶
             contact.PNG

こども矯正歯科クリニック見学

|

★●P1160913.JPG5656.jpgこんにちは☆スマイルクリエーターの窪田です。
先日 11月 21日は臨時休診とさせていただき、静岡県にあるこども矯正歯科クリニックへ見学に行ってまいりました☆
私は初めての他院見学でしたが、本当に勉強になることばかりで連れて行って下さった院長に感謝いたします (*^^*)

こども矯正歯科クリニックでは筋機能矯正装置を使用して口腔機能を正しくする矯正治療が行われています。
筋機能矯正装置とは ...
歯並びを良くするための 3つのポイントと言われている【鼻呼吸・舌を正しい位置へ・嚥下】を改善し、改善された筋肉によって歯と顎の矯正を可能にしてくれる装置の事です。
上記にもございます通り、決して装置そのものが歯並びを良くしているわけではなく、舌や頬の筋肉を改善することによって歯並びが綺麗になり、口腔機能が正常となるのです。

筋機能矯正装置をより効果的に使用するため、子ども矯正歯科クリニックでは、その手助けとなるトレーニングが実施されています。

当院でもトレーニングを行っている為、トレーニング見学では効果向上のヒントが沢山隠されており、私たちは真剣そのもの☆
トレーニング担当者は「なぜ舌がスポットにないといけないのか」「姿勢を正すことでどのような効果が見受けられるのか」等当事者であるお子様や親御様に分かりやすく伝えた上で、本人のやる気をどんどん引き出しておられました (*^^*)

★●P1160822.JPG2.jpg大切なポイントは全てのトレーニング項目をこなすのではなく、定めたゴールに適したトレーニングを提供すること★
こども矯正歯科クリニックでは、教育することを徹底しておられますが、決して厳しく指導するわけではなく、本人のやる気をうまく引き出すべく、無理のない範囲内で楽しみながらトレーニングを進めることで効果が歴然となって現れることを認識させておられます。
自身の頑張りで口腔機能を改善させることができるという事は、日常生活においても根気強さとやり遂げる力に繋がるという気付きにも繋がるかもしれませんね (*^_^*)

トレーニングや治療を見学した後は院長や衛生士による質疑応答タイムを経てランチタイムへ\ (^o^)/
今回見学へ行かせて頂いた中で、個人的にはこのランチタイムが一番充実しておりました ☆
(決して出てきた親子丼がとっても美味しかったからという理由ではありません笑)
診療中にはお伺いすることのできなかった質問にお答えいただいたり、クリニック全員が診療内容等共通理解するために取り組んでいることなどをお伺いしたりと本当に沢山の心に響くお話をして頂きました。

1人のスキルが高いのではなく、 1人 1人の力が合わさり同じ目標へ向かって歩むことで全体のスキルが高くなることがいかに大切か、実際にこども矯正歯科クリニックで働く皆様の動きやお話を見聞きして改めて感じることが出来ました。

私はまだ当院に勤めて 1年足らずではございますが、今回の見学を通して私自身が今すべきことを見直せたような気がします。
まずは【基礎をしっかり習得して基盤をつくる】こと。
どんなに立派な建物も基礎がしっかりしていなければいつか倒れてしまいます。
上乗せは基礎が出来てからでも十分間に合います。
日々の診療の中で先輩方の知識量の多さに全く追いつくことが出来ずに焦ってしまうこともありましたが、今一度私はまだ原点に立っているに過ぎないことを理解し、焦らずきちんとした知識と基盤を身に着けていきたいと感じることが出来ました。
この機会を頂けたことに改めて感謝したいと思います (^-^)

なお、こども矯正歯科クリニックで学んだ内容が早速当院のトレーニングでも実施されています★
口腔機能を改善して美しい歯並び、顔だちを手に入れるべく、皆様是非ご来院くださいませ (*^_^*)

スマイルクリエーター 窪田伶香
             contact.PNG

★設立8周年のごあいさつ★

|

●★DSC00090(3).JPGこんにちは!院長の椋本です。
皆様のおかげをもちまして去12月3日に当院は無事8周年を迎えることができました。
本当にありがとうございます!

8年前の2007年の12月3日、美希デンタルクリニックは産声をあげました。
当時、私はまだ29歳で歯科医師としての技量はともかく、経営者としてはもちろんの事、社会人としてもまだまだ未熟なひとりの人間でした。
同期の中でも早い開業であったため、同じ立場の人間が周りにおらず、何においても試行錯誤の連続でした。
診療後に深夜までさまざまな文書や掲示物を作成し、休日はあらゆるセミナーに通って勉強を続けました。
仕事漬け、勉強漬けでしたが、当時は若さゆえに体力があったのでそんな暮らしを3年以上することができました。
この時の頑張りが血肉となり、今も私を支えてくれている1つであることは間違いありません。

5●DSC00081.jpg一方で、当時からこの業界は人手不足でもあったにもかかわらず、幸いにも2名の優秀な衛生士さんが私と共にクリニックの立ち上げに尽力くださった上に3年以上も勤めてくださいました。
また数ヶ月後には現在も活躍して頂いている太渕亜弥さんが入職されて現在の受付のスタイルを確立してくださいました。
施術方の私たち3人は診療に精一杯で、まだ社会人2年ほどの経験しかない若い太渕さんにひとりで何から何までまかせっきりにしてきたことを本当に申し訳なく、またその頑張りに大いに感謝をしています。
この3人の方々に加え、1年後に来て下さった衛生士のTさんという4名の方々が現在まで続く基盤を創ってくださったことは間違いありません。
神業のスケーリングはMさん、こども矯正は私よりも先に経験があったIさん、予防に関してはフィンランドに研修の経験もあったTさん、カウンセリングは患者様の信頼に厚く、コミュニケーション能力に秀でる太渕さんというそれぞれの長所をいかんなく発揮してくださった為に、当初から当院は「若いけれどもお互いの仕事に敬意をはらえるプロ集団」でした。
彼女たちが学び、習得してきた技術は今も脈々と若いスタッフに継承されています。
将来30周年を迎える日にも、患者様がたの次に、この4名のお名前を感謝する勲一等にあげることは私のなかでは不変です。

現在はスタッフの人数も増えましたが、現状維持に甘んじることなく、それぞれがたくさん学び、技術を磨いて成長を続けています。
昨今、歯科の将来を悲観視する傾向が見受けられますが、「すべては患者様のために」の初心を忘れず、勤勉に知識を蓄え、地道に技術を磨くことでその役割には際限がないと私自身は予感しています。

あらためて全ての患者様と過去と現在のスタッフ、協力企業さまへの感謝を胸にこれからも日々の診療に邁進していく所存ですので今後とも美希デンタルクリニックをどうぞよろしくお願い申し上げます。

院長  椋本 美希
             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461