> > 2015年9月アーカイブ

2015年9月アーカイブ

●歯を抜かない矯正治療

 

2013.11.22: 姿勢を正しましょう!!~姿勢のトレーニング~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/11/post-743.html 

 

2013.05.28: 『保存的』矯正治療~身体に負担がかかりにくい矯正治療~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/05/post-690.html

 

2013.03.29: 舌のトレーニング『タッチスティック』

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/03/post-669.html

 

2012.12.23: 歯を抜かない矯正治療~床矯正とチューブトレーニング②~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/12/post-641.html

 

2012.12.22: 歯を抜かない矯正治療~床矯正とチューブトレーニング①~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/12/post-640.html

 

2012.12.15: 当院スタッフ(大塚)の矯正治療④~4ヶ月半後~矯正治療終了

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/12/post-648.html

 

2012.07.25: 3歳児からの受け口治療「ムーシールド」 ~『反対咬合』と診断されたら~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/07/post-598.html

 

 

●歯並びがよくなる食事

 

 

2013.05.03: よく噛んでお食事されていますか?

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/05/post-684.html

 

 

 

2013.01.12: 残り物で簡単!かむかむレシピ!

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/01/post-649.html

 

2012.06.16: お手軽かむかむ料理♪サワー漬け(甘酢和え)

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/06/post-583.html

 

2012.06.06: 『よくかむ 日曜日ごはん vol2』料理本に、私のレシピが掲載されました!

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/06/vol2.html

 

2012.02.10: 丸かじり♪

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/02/post-542.html

 

2012.01.24: カムカム料理♪

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/01/post-537.html

 

2011.12.27: 「フレッチャーさんの噛む健康法」

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/12/post-527.html

 

 

●小児歯科

 

2013.09.27  「ゆびしゃぶりやめられるかな」絵本の紹介

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/09/post-724.html

 

2013.01.26  染色液を使って歯磨きをしてみましょう♪

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/01/post-653.html

 

 

2012.11.23: お子様にお勧めの歯ブラシ

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/11/post-635.html

 

2012.11.07: 子供の仕上げ磨きってどうするの??おすすめの歯ブラシは??

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/11/post-634.html

 

2012.02.29: 虫歯リスクの検査~歯の健康のために~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/02/post-546.html

 

2011.04.10: お子様とご一緒に☆

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/04/post-425.html

 

 

●虫歯にならないために!

 

2013.07.23: 飲み物について

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/07/post-704.html

 

 

2013.05.25: 「じょうぶな子供を作る基本食」

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/05/post-687.html

 

2013.02.25: 酸のとり過ぎ注意報!!~酸性飲料ってどんな飲み物?~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/02/post-662.html

 

 

2012.11.23: 人工甘味料とは?

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/11/post-628.html

 

 

2012.10.21: お砂糖について

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/10/post-621.html

 

 

●ホワイトニング(歯の美白)

2012.09.26: ホワイトニングコーディネーターの資格取得しました(*^_^*

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/09/post-615.html

 

2012.04.26: ホワイトニング終わりました☆

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/04/post-569.html

 

2012.03.11: ホワイトニング始めます!

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/03/post-555.html

 

2010.05.27: ホワイトニングいたしました!!

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2010/05/post-304.html

 

2010.05.08: 自分専用のトレイ

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2010/05/post-297.html

 

 

●薬で治す歯周病

 

 

2013.10.26: 皆で体験♪ペリオバスター~薬で治す歯周病(顕微鏡分析細菌治療)~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/10/post-730.html

 

2013.02.02: 『歯周病は薬で治る』を読んで

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/02/post-656.html

 

2011.05.17: 歯周病は薬で治る

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/05/post-443.html

 

2010.07.15: 歯茎の治療

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2010/07/post-332.html

 

 

●審美歯科

2010.06.28: オールセラミック

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2010/06/post-322.html

 

審美歯科の症例は

https://www.miki-dental.info/blog1/2011/07/post-11.html

 

 

●マウスピース(はぎしり・くいしばりの予防)

 

2013.06.30: はぎしり かみしめについて

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/06/post-699.html

 

2012.08.08: 歯は、動いている!!

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/09/post-615.html

 

2012.06.09: 硬いマウスピース(ハードバイトプレート)の体験

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/06/post-581.html

 

2011.09.28: くいしばり

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/09/post-494.html

 

 

●電動歯ブラシについて

2012.05.09: ソニッケアと海外へいこう!

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/09/post-726.html

 

2012.05.09: ソニッケアでツルツルの歯に♪

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/05/post-571.html

 

2011.04.13: ソニケアキッズ新登場☆★☆

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/04/post-429.html

 

2011.04.10: ソニケアキッズ新登場☆

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/04/post-428.html

 

 

●口臭

2012.03.29: 口臭をなくしてくれる強い味方!!

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/03/post-556.html

 

 

●痛くない治療

2010.06.03: そういえば、ない。

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2010/06/post-309.html

 

 

●その他

 

2013.10.27: 唾液について

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/10/post-732.html

2013.10.18: ハブラシの交換時期

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/10/post-729.html

 

2013.10.01: 補助的清掃用具

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/10/post-727.html

 

 

2013.09.14: 避難用具と誤嚥性肺炎

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/09/post-720.html

 

 

 

2013.08.28: ☆よく噛むことは、良いことだらけ☆

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/08/post-719.html

 

 

2013.08.28: 免疫を高めて病気をなおす 口の体操『あいうべ』

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/08/post-718.html

 

 

2013.06.26: 第1回 美希デンタルクリニック1日集中セミナー

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/06/1-6.html 

2013.05.24: 表情について

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/05/post-686.html

 

 

2013.05.01: 「金属アレルギーと歯科治療」を読んで

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/05/post-683.html

 

2011.11.09: デンタルケアはヘルスケア

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/11/post-509.html

 

2011.10.27: 噛み合わせ・ 歯は健康のシグナルだ!!【食卓の向こう側・第13部】の『命の入り口心の出口』

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/10/-13.html

 

2011.10.05: 歯のクリーニング

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/10/post-499.html

 

2011.08.02: 口とは...

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/08/post-480.html

 

2011.06.13: 親知らず★抜歯★

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2011/06/post-461.html

 

2010.09.22: 噛むことは、生きること。

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2010/09/post-357.html

 

2010.05.01: クリーニング

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2010/05/post-293.html

 

2010.04.24: 自分の歯をチェック!

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2010/04/post-290.html

 

             contact.PNG

こんにちは。
ハロウィンの色とりどりの飾りをよくみかける今日この頃、お変わりございませんか?
衛生士の榎本です。

●★P1160495.jpgさて先日、私の「6周年お祝い」を8月に、「お誕生日会」を9月に、なんと2回も連続でお祝いしていただきました!(^^)!
お誕生日会は、私がクリニックに就職させていただき、7回目のお誕生日会です。
毎年きっちりお祝いしてくださる院長はじめ準備をしてくださるスタッフには感謝の気持ちでいっぱいです!
プライベートでは、自分の誕生日会はここ何年かしていないので、本当に貴重なイベントです。
そしてスタッフ1人1人から心あたたまるメッセージ(しかも私の大好きなスヌーピーの形のメッセージカードです☆)をいただき、幸せ者です(^-^)。

お誕生日会では、去年に引き続きわたしの大好きなUSJのハリーポッターの演出をしてくださり、院長のスマホによるBGMを今年もご用意いただき、私がハリーポッターになっている合成写真も作製してくださいました!(^^)!
そしてプレゼントには、あの!!ハリーポッターのマフラーをいただきました☆ 
それに、知る人ぞ知る!?バタービールまでも用意してくださいました!
(中身もカップも!そしてバタービールのお持ち帰り用までもいただきました!)
一品ずつご自身で揃えてくださる院長は、「おもてなしの達人」です!私も見習わないといけません!

そして、いただいたお祝いの数々を自宅にもちかえると、子供たちが察知して、「メッセージみせてー!!」「何もらったん?」と、わくわくしながら聞いてきます。
そんな姿を見るのも、私にとっては、クリニックからのプレゼントのひとつになるので、最後の最後まで満喫させていただいております。

しかも今回は、ハリーポッターの、「あの」マフラーをいただいたので、もれなく、こどもたちからも笑顔がこぼれました。
この冬、子供たちの通学時に持っていかれる可能性大ですので、厳重に管理しないといけませんね(笑)。


そして、「6周年のお祝い」ではクリニック就職6周年と、サブチーフ就任1周年を、8月のミーティング中に、スタッフ皆のサプライズでお祝いしていただきました。
スタッフの皆が準備してくれていることに、私はまったく気付くことなく、サプライズ大成功でした。
毎日診療が忙しいにも関わらず、イベントを企画してくださる院長、そして準備を中心になって進めてくださる太渕さんには本当に頭がさがります。
こちらもスタッフ一人一人から激励のお祝いメッセージをいただきました。
maru★P1160388.jpgそして、院長からは私の大好きなスヌーピーのバッグをいただき、早速使わせていただいております!
ありがとうございます。

まだまだクリニックで学ぶこと、学ばなければならないこと、沢山ありますが、ひとつひとつ確実に自分のものにしていこうと思っております。

「誕生日」、「就職6周年」、「サブチーフ2年目」という節目に、また改めて気の引き締まる思いでいっぱいです。
8月、9月は、至れり尽くせりのお祝いの嵐で、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

衛生士 榎本まりこ
             contact.PNG

妊娠中の歯科治療

|

●56565622img_staff_hamazaki.jpg

本題 こんにちは。衛生士の濱崎です。
皆様シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか。
私は今年も奈良で野外フェスが開催されましたので参加して来ました。

IMG_0110.png565.png奈良で開催されるのは今年で2回目。
芝生があり、周りには田んぼや山があり、20歳になるまでは来た事もなかった奈良が今ではとても誇らしく、大変落ち着く場所となっております。

IMG_0113.JPG565.JPGさて、今回私は歯科医院と妊産婦さんについて、調べてみました。

昔から「子を産むと歯を失う」と言われていますが、その原因として大きく関係するのが妊娠中に起こるホルモンの変化により口腔内は大きく変化するのです。
①ホルモンのバランスで唾液が粘り食べかすが残りやすくなる。
②唾液が酸性に傾き、口の中の細菌が増えやすくなる。
③食事の回数が増えて、口の中が汚れやすくなる。
④妊娠初期2~3ヶ月位の間には悪阻(つわり)によって胃酸が逆流し、口の中の酸性度がさらに高まる。
結果として歯が溶けやすい環境を作る。
⑤妊娠中期から後期にかけて胎児が大きくなると胃が圧迫されて1回に食べられる量が少なくなります。
その結果食事や間食の回数が多くなり、結果として口の中が不衛生になりがちになります。
⑥つわりがひどくて歯ブラシを口に入れるのもいやになってつい歯磨きをさぼってしまう。
⑦酸っぱいものを食べたくなるのでお口の中が酸性に傾く。

IMG_0111.JPG465486.JPGこのように、妊娠中は非常にむし歯、歯周病になりやすいのです。
むし歯菌、歯周病菌は、唾液により感染してしまう為、ママがむし歯になると、もちろん赤ちゃんもむし歯になるリスクが高まってしまいますので、正しいオーラルケアをする事が非常に大切になってきます。

妊娠初期(0~3ヶ月)
口腔内のトラブルを発生しやすい時期ですが、流産の可能性も非常に高く、体調が悪くなりやすい時期ですので、お家でのフッ素入りの歯磨き粉、歯周病菌に効くペリオバスターを使用し、歯磨きを行って下さい。
歯科医院では応急処置のみをお勧め致します。
また、つわりの酷い際は1日のうち、気分が良い時間帯にヘッドが小さい歯ブラシで歯磨きをして下さい。
歯磨きの際は、下の方を向いて前かがみになり、歯ブラシを舌に当てないようにすると嘔吐感を避けられます。
また、歯ブラシを歯に当てる時には小刻みに当てて下さい。

妊娠中期(4~7ヶ月)
この時期は、1回に食べられる量が少なくなり、間食が増えてしまうので、むし歯になりやすくなります。
体調も優れている事が多い為、歯科医院でクリーニング、歯磨き指導をしてもらい、できれば分娩までに治療を済ませておくことをお勧めします。
出産後は育児に追われたり、あるいは子供の面倒をみてくれる方がいないなどといった理由から放置し症状を悪化させてしまったり、歯の治療に関して慎重になり、受診されるのが遅れてしまいがちです。

後期に入ってからでは、お腹が重くなってきますので、お口の中で気になる事があればこの時期に歯科医院へ行かれる事をお勧め致します。

妊娠後期(8~10ヶ月)
赤ちゃんが生まれる準備が忙しくなってくる時期です。
また、お腹も大きい為に歯科医院での体制がしんどくなってきますので、きちんと、ホームケアをして頂く事が大切になってきます。


これ以外にも気になる事がございましたら、当院では、半数以上のスタッフがママですのでお気軽にご相談下さい。

また、妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参しましょう。
妊娠中の歯の状態のページをチェックしてもらえますし、歯科医院側もあなたの妊娠中の健康状態がよくわかります。

歯科衛生士  濱崎 美帆
             contact.PNG

2015年9月度 ランチミーティング

|

●DSC00024.JPGこんにちは。衛生士の榎本です。
食欲の秋、運動の秋、とても過ごしやすいシーズンの到来ですね。
私も食欲全開(笑)、「運動の秋」到来で、ランニングを再開しはじめました(^^) 。

さて先日、9 月のミーティングを行いましたのでご報告させていただきます。

①先月の各種報告
8月は夏休みということもあり、お子様に平日の午前中にお越しいただき、満遍なくご予約が埋まっているイメージでした。
しかし、新しくお越しいただいた患者様は、少なめだったとのことで、患者さまからのご家族やお知り合いの方のご紹介が、大切なものだとより一層深く実感することができました。
新たに当クリニックに足を運んでいただくきっかけをつくるために、ホームページの更新も今後頻繁に行っていくと、院長、事務長より報告もありました。
ホームページをご覧いただき気付いた方もいらっしゃるとは思いますが、スマートホン専用ページも新たにできましたので、ぜひ皆さまご利用くださいませ。

②先月、先々月のブログ大賞
1位 佐藤さん 
「お子さんの歯並びは大丈夫ですか?こんな癖ありませんか?」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/07/post-932.html

2位 窪田さん 
「乳幼児のサプリメント利用について(前編)」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/07/post-929.html
「乳幼児のサプリメント利用について(後編)」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/07/post-934.html
「ゼロカロリーの落とし穴」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/08/post-937.html

3位 太渕さん
「ある1冊の本を読んで」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/07/post-933.html

4位 伊東さん
「赤ちゃんの頃からの積み重ね」(哺乳びんについて)
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/07/post-928.html

5位 信田先生
「歯根膜とはなに?」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/08/post-937.html

6位 濱崎さん
矯正治療15
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/07/post-930.html
矯正治療16
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/08/post-938.html
「スタッフみんなでBBQ」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/08/bbq-1.html

7位 春名さん
「ながら食べ」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/08/post-941.html

皆様おめでとうございます!

③ヒヤリハット、マニュアル報告
診療中に気がづいたこと、改善すべき点、よりよくする点について皆で情報共有しました。

●DSC00005.JPG④勉強会(窪田さん)
「オーガニックコスメについて」
オーガニックとは?有機オーガニックとは?さて、両者の違いとは?
窪田さんによる、わかりやすい資料を作成していただき、女性の身近な化粧品を例にとって、お話いただきました。
「オーガニック」とは有機栽培されたもの、無農薬で栽培されたものをさすそうです。
食品では比較的厳しく管理されているそうですが、化粧品「オーガニックコスメ」に関しては、日本ではまだまだグレーゾーンが広いのが実際だそうです。
極端な話ですと、1%でもオーガニック材料がつかわれていれば、99%化学製品が使われていても、「オーガニック」と記載しても問題ないそうです。
歯科でも、「研磨剤不使用」「研磨剤無配合」など、ややこしい表現のものがあふれています。
何に対しても、何気なく使うのではなく、表示をよく読み、しっかり表示成分をみて、実際に使用して効果を確かめるのが、いかに重要なのかを改めて知るきっかけとなりました。
窪田さん、素敵な勉強会をありがとうございます!!

⑤事務長より
今後のクリニックの展望、予定について発表がありました。

★yubitako.jpg⑥院長より
・「ゆびたこ」絵本の紹介
シュールな絵がとても印象的な絵本です。お子さんの指吸い(爪咬みなども)が気になる親御さんには是非読んでいただきたい一冊です!

・よりよい印象面(型どり)を目指して
詰め物、被せ物などを作るのには「型どり」をどれだけ精密に行うかが重要です。
常に自分の結果に点数をつけて、ベストな診療に努めるようスタッフ皆で再確認いたしました。

・フッ素について
フッ素についての知識をより深めるため院長より資料を作成していただきました。

・一日の呼吸量とは?
呼吸とは、息を吸うことと、息を吐くことです。
人間の1回の呼吸量は約500ミリリットルです。
1分間に平均18回呼吸するといわれています。
ということは、人間は1日24時間で約129リットルもの空気を吸って吐いています。
空気、大気の状態がキレイなことはもちろん重要ですが、「口呼吸」をしていると、フィルターのない口で喉から身体の中にずっと汚染された空気が体内にとりこまれることになります。
「鼻呼吸」とは、本当に大切なことと、この数字を見るとより一層納得できますね。

・「ORS」( Oral RehydrationSolution ・経口補水液 )について
「ORS」を、市販の製品でもみかけるようになりました。
皆様は飲まれたことはありますか?
「スポーツドリンク」と呼ばれているものも、「ORS」やイオン飲料と思われがちですが、市販の「ORS」は、それと比べて甘さ控えめで、塩分を感じます。
そこで、院長より本来の「ORS」を手作りしていただきました。
材料を揃えるのは大変だったと思います。ありがとうございます!
材料は、水、重層、食塩、ブドウ糖、レモン果汁です。
(色々な作り方がネットを検索するとでてきますが、基本は水、食塩、砂糖だそうです。)
スタッフ皆で飲んだ率直な感想は、「甘くない」「なんかしょっぱい」「薄い」。
そうなのです!「ORS飲料」とは、そもそも「おいしくないもの」なんです!
院長の手作り「ORS飲料」も、かなりの砂糖を入れた印象なのですが、舌に感じる甘みはごくわずかでした。
「市販飲料」は、目には見えませんが、たっぷり砂糖が含まれており、「おいしく感じる」のです。
やはり、市販の「スポーツドリンク」はいわゆる「ジュース」で、「砂糖のかたまり」だと感じることができました。
(是非、前回のミーティング内容をご参照ください!)
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/08/2015-7.html
市販の「スポーツドリンク」は、普段の日常生活のなかでは、あえて摂取する必要はないことが、今回の試飲を通して感じることができました。
水分摂取も大切ですが、朝ごはんをしっかり摂ることや三度の食事をとることが熱中症や脱水症の予防になるということも再確認することができました。
ちなみに日本の食文化で、下痢や初熱の時に食べる定番の、梅干しの入ったおかゆ(水分、塩分=梅、糖分=ごはん)は究極の「ORS」だそうです。
先人の知恵はすごいですね(*^_^* )!
honn.jpg5656.jpg
ランチタイムには、スタッフ各自の手作りお弁当を食べて、以前にスタッフ皆で回覧をした「Health dentistry 」という本とDVDを見た感想を皆で述べました。
そのDVDの中で、私が印象に残ったのは、入れ歯をいれた高齢の方の映像でした。
 前半の映像では顔つきも暗く、足取りもヨタヨタとされていました。
しかし、入れ歯を新たに作り変えて、咬み合わせをしっかりあわせた後には、足取りも軽やか、表情とても豊かになられており、とても衝撃を受けました。
「咬み合わせ」とは、乳児期~高齢期まで、生きていく上でもとても重要なことを改めて再確認することができました。

今回のミーティングも、実りの秋にふさわしい内容の濃いミーティングでした(^-^)。
ありがとうございました。

衛生士 榎本 まりこ
             contact.PNG

★IMG_4477 (4).JPG5656.jpg皆様こんにちは。衛生士の伊東です。
すっかり秋めいて、過ごしやすい季節になりましたね。
我が家では、夏に植えたプチトマトやすずなりブロッコリーがすくすく育ち、実を付けています。
先日、娘達と一緒に、新たにほうれん草と小松菜の種も蒔きましたよ♪
今年は高温多雨により、野菜の値段が上がっているので、収穫が待ち遠しい今日この頃です。

さて、今回は、シルバーウィークに読みました『1日1分 仕事のお守り』という本の感想を書かせていただきたいと思います。
私自身、長い専業主婦期間を経ての仕事復帰をして2年が経ちましたが、社会とつながり、その中で働く日々において、多くの責任ややりがいを感じることができます。
しかし、もちろん良い状況ばかりではなく、時には落ち込んだり迷ったり、不安になることもあり、その都度自分の中で少しでも成長できる方向へ進めるよう考えることを心掛けています。
数日前から久しぶりに風邪を引いてしまい、体調管理が悪かったのかと反省していたのですが、風邪とは、なにかしらが偏り疲れた部分の故障であって、その機会に上手く休息することでより弾力のある体へと変化できると、たまたま本の中に書かれてあり、少し救われる思いがしました  (^^;

この本には、ページをめくる度に小さなお守り言葉が書かれていて、それぞれのプラス思考に刺激をもらい、楽しみながら読み進めることができるようになっています。
同時に、日頃の不調を整えてくれるヒントもたくさんもらえました。

この2年間、仕事と家事、子育てに励む日々で、家事を億劫に感じることも多々ありましたが、そのことについても本の中で触れられています。
そもそも家事という作業は知的、肉体的な活動であって、果敢な決断と実行の連続である。
家事における発想力や判断力は仕事に通じることも多く、家事を通しても効率的な仕事の仕方を身に付けることができると思うことでお荷物に感じなくなるのだ...と。
そんなこと言われたら、家事の手抜きが出来なくなってしまいそうですが...笑 
何事も考えようですね。

そして、私が一番考えさせられたことは、「言いたいこと」と「伝えること」は、別物であるということです。
「相手が必要としていること」と「自分が伝えたいこと」との間に開きがあると自分の伝えたいことは相手に届きません。
相手との関わりの中で、また会話の中で、どこに相手のチェーンがあるのかを感じる力を養っていかなければならないと感じました。

また、生きていると、誰しも辛いことや傷つくことがあるでしょう。
でも、そういったことを少し別の角度から捉える余裕を持つことを意識し、ある程度楽観するたくましさを身にまとう...。
そんな生き方をしたいと思いました。
idddddggmage.jpg
不幸なままであることも、幸運のままであることもないのですから。
調子のよい時にはおごらず、失意の時にはくじけず、日々継続して懸命に働くことが大切であると思います。
健康や運命も、自分自身の心ひとつの置きどころであると思います。

この本に並ぶお守り言葉を栄養にして、今ある場所を大切に思い、今ある恵みに感謝してこれからも過ごしていきたいと感じることができました。

皆様も、心の持ち様を少し変えてみたりしながら、笑顔溢れる毎日を創られてみてはいかがでしょうか?

衛生士 伊東 奈美
             contact.PNG

歯に良い食事とは☆

|

★8989888img_staff_kubota.jpgこんにちは☆スマイルクリエーターの窪田です。
最大 9連休ともいわれているシルバーウィークを迎えていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか(^^)?

さて、皆様は日々どれくらい健康を意識した食事を取っていますか?
また、常々意識している方の中で、高齢になっても噛み続けることが出来るように歯のことも考えた食事を取っている方はどれくらいいるでしょうか。

errthlyu.jpg目まぐるしく過ぎていく 1 日の中で、栄養バランスのしっかり取れた食事を作ることがどれほど大変で難しいことか  ... 
私も兼業主婦として悩みの種であります(*´Д`)
もちろん完璧な食事を提供できるに越したことはございませんが、本日はほんの少しでも悩みの解消になればと、歯を強くする食べ物をご紹介させていただきます。

csohfwewefwef.jpg「まごわやさしい」、この言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
実はこの言葉(略語)にこそ歯に良い食事の秘密が隠されているのです(*^^*)

  まめ(豆)の略で、豆腐やお味噌、納豆等主に大豆製品を表しています。
豆には、植物性のタンパク質が豊富に含まれている他、マグネシウムも沢山含まれています。
マグネシウムは、歯のエナメル質を構成している元素です。
つまり沢山摂ると歯質の強化につながります。

ご  ごま(胡麻)を意味しています。
胡麻に含まれている抗酸化作用は歯茎を始め、全身の細胞の老化を防ぐ働きをしてくれます。

  わかめ(若布)のことで、ミネラルが豊富な海藻類全般を指しています。
歯を作る上で最も重要なカルシウムが沢山入っているので、歯の健康を保つためにはお味噌汁に入れる等して毎日摂取することが大切です。

  やさい(野菜)を意味しており、ビタミンやベータカロチンなどが沢山含まれています。

さ  さかな(魚)を表しており、EPAやDHAなどの必須脂肪酸などを摂取することができます。

し  しいたけ等キノコ類を指しており、ビタミンDを豊富に含みます。

  イモ類を指しており、じゃがいもやさつまいも等が当てはまります。

どれも身近な食材ですよね。
但し、上記で紹介したものだけを食べていれば虫歯にも病気にもならないという訳ではありませんので、これらの食材をバランス良く、日々摂取する意識をしていきましょう。

vsdfsf.jpgバランス良い食事に気をつけるということは、「歯を丈夫にするため」のみならず、健康には不可欠だということがわかりますね(*^_^*)

皆様も是非日々の食事に少し意識を加えてみてくださいね♪

スマイルクリエーター 窪田 伶香
             contact.PNG

『口輪筋』を鍛えましょう!!!

|

5656img★_staff_sato.jpg皆様、こんにちは。歯科助手の佐藤です。
ここ最近、朝晩涼しさを感じるようになりましたが、皆さま体調を崩されたりはしていませんか?

皆さまもよくご存知だと思いますが、お口は、食べる、話す、呼吸したりする大切な器官です。
では、口に周りの筋肉が健康に関係している事をご存知でしょうか?

口の周りの筋肉を『口輪筋』といいます。

984+ddddhattachment00.jpg『口輪筋』とは?
唇の周囲を取り囲む筋肉の事で、唇を開閉させたり、口元の表情を作る表情筋の一つです。
唇の周りの筋肉を鍛える事により、唇を閉じる力が強化され、"口呼吸"が"鼻呼吸"へ改善されたり、歯周病、虫歯、口臭の予防などの効果があると言われています。
agweagweagwaettachment01.jpgまた、『口輪筋』は多くの表情筋とつながっているため、『口輪筋』に負荷をかける事は顔中の表情筋を鍛えることにつながり、顔のラインの引き締め、たるみ、シワの予防にも効果があるとも言われています。
また、『口輪筋』が衰えると、物をうまく飲み込めない、発音が聞き取りにくい、などの原因にもなったりするそうです。

『口輪筋』の衰えによる影響

◇お口の健康の悪化◇
『口輪筋』が衰えると、お口を閉鎖していられなくなる為、唾液が蒸発してお口の中が乾燥してしまい、プラークや細菌が制御されず、虫歯になったり、歯石の沈着、歯周病、口内炎、口腔乾燥症、口臭に影響を及ぼすと言われています。

◇たるみ◇
『口輪筋』の衰えによって、表情筋(顔の筋肉)全般が弱くなります。
その為、あごのたるみ、頬のたるみなどが起こります。
ほうれい線や二重あご、左右の顔が変わってくるなどの悪影響が出るそうです。

◇のどの炎症や全身的な病気に◇
『口輪筋』の衰えは、口呼吸を誘発します。
鼻呼吸は、空気の温度や湿度を調節し、呼吸器の乾燥を防ぎ、体内に異物を入るのを防いでくれますが、口呼吸は、ウイルスや細菌がのどの周りにある扁桃に直接付いてしまい、咽頭炎、扁桃炎や慢性的な炎症を起こしやすくなります。

◇いびきと無呼吸◇
『口輪筋』に筋肉が低下していると、睡眠中に口が開いてしまい、舌根が沈化し気道を塞ぐので、
いびき(空気が通りにくく粘膜が振動してしまう)や無呼吸症候群を起こしやすくなると言われて
います。
酸素不足が眠りを浅くし、睡眠不足、記憶力低下、肥満の原因、不整脈、高血圧、糖尿病の原因になったりするそうです。

では、どうして『口輪筋』の力が弱くなるのでしょうか?
◇哺乳瓶の影響◇
授乳時、母乳は乳輪をつまむことによって出ます。
赤ちゃんは、母乳を飲むとき吸うのではなく唇を使ってお母さんの乳輪をつまんでいるそうです。
一方哺乳瓶は、乳首を逆さまにすると中のミルクが少しずつ出てくる為唇の力の成長が遅れてしまい、不正咬合(悪い歯並び)、お口ポカンなどにつながってしまうそうです。
『口輪筋』が発達せず、口を開けて寝る習慣がついてしまうことがあり、授乳期に使われる筋肉は、口唇と舌の協調運動の発育に影響していると言われています。

◇老化◇
加齢とともに筋肉が弱くなり『口輪筋』も低下します。
男性で60歳前後、女性で70歳前後から著しく口唇閉鎖力は低下すると言われています。
大病をすると口唇閉鎖力の低下を招きます。老人顔、気管に食べ物が入る(むせ)など不快現象や誤飲性肺炎も起こしやすくなるそうです。

『口輪筋』チェック
500mlのペットボトルに女性は100ml、男性は150mlの水を入れ、歯を使わないで唇だけでくわえます。
10秒間出来れば大丈夫です。

『口輪筋』の鍛え方(お家にあるもので鍛えられます)
◇直径2.5㎝ぐらいの薄いボタンと糸(タコ糸、デンタルフロス)◇
1.ボタンに糸やデンタルフロスのような細い糸を通して輪に結びます。
2.ボタンを唇の裏(歯の前)に入れ、唇を閉じておさえます。
3.ボタンが口から飛び出す寸前の程度の力で糸を前方に引っ張り、そして力をゆるめます。
(これを10回繰り返します)

◇風船◇
唇とほほの筋肉を使って風船をふくらませます。
手は、風船を支えるだけで、風船の口は指で押さえない。
息を吸い込むときは鼻から吸い、風船から空気が漏れないように、唇でしっかり保持しておきます。

◇2の空の柔らかめのペットボトル◇
1.足を肩幅に開いて立ちます。
2.「ホー」っと声を出しながら息を全部吐き出します。
3.ペットボトルをくわえて思いっきり息を吸い込みます。
(ペットボトルがくしゃっとへこむ状態に)
4.くわえたまま思いっきり息を吐き出します。
(ペットボトルが元の形になる状態に)
(1日3セット繰り返します)
<ポイント>
・息を吸い込むときに、お尻をキュッとしめて唇だけで吸い上げ、心の中で6~8カウント数えたら、お尻を緩めて息を吐き出します。
・息を吸うときは、頬の筋肉を意識してへこませます。
・息を吐くときは、頬の筋肉をぷうっと膨らませます。

『口輪筋』を鍛えることによって
・口呼吸、ドライマウスの改善により免疫力アップ
・表情筋力の回復により小顔になり、スマイルラインが綺麗になり笑顔がステキになります。
・低位舌の改善により、いびきや無呼吸症候群が改善されやすくなります。
・お口ポカンが口輪筋を鍛えることによって治まります。

qattacssssshment02.jpg※口元のたるみに効くツボ
口元のたるみには、地倉(ちそう)と呼ばれるツボが効果があると言われています。
心地よいくらいの力で口角から0.5㎝~1㎝ほど外側を左右同時に5秒間押します。
これを5回くりかえします。

『口輪筋』は殆どの顔の筋肉に繋がっています。
『口輪筋』を動かすだけで、頬や目の周り、おでこの筋肉
まで、活発に動かすことができます。
『口輪筋』を鍛えていつまでも美しく健康でいたいものですね。

是非、皆様も『口輪筋チェック』やってみて下さい。

歯科助手 佐藤美布子
contact.PNG

~参考ブログ~

きれいな顔をつくるために♪

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/09/post-845.html

 

口呼吸していませんか? 口呼吸より鼻呼吸‼

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/08/s.html

 

姿勢を正しましょう!!~姿勢のトレーニング~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/11/post-743.html

 

免疫を高めて病気をなおす 口の体操『あいうべ』

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/08/post-718.html

●22img_staff_hamazaki.jpgこんにちは。衛生士の濱崎です。
秋らしい気候となりましたね
皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は最近、夏の最後の思い出作りに、友人60人でバスを貸し切って川遊びに行って来ました(^O^)

IMG_7475.jpg565.jpg人数が多い為、班に別れてカレー、ハヤシライス、焼きそば、パスタ、グラタンを作り、中学生ぶりに飯盒炊爨を楽しみました。
予想通り、矯正のゴムは着色で真っ黄色になってしまいましたが、とても有意義な休日でした。

hhhhDSC012~1.JPGさて、私の矯正なのですが、下の歯をより綺麗に並べる為、現在チューブトレーニングを自宅にて毎日5分間行っております。

チューブを噛む事により、歯に刺激を与えるというトレーニングなのですが、まだ矯正が出来ないお子様にもして頂いているトレーニングです。

トレーニング方法はすごく簡単です。
1.姿勢を正しくする。(足を床につけて、背筋をのばす)
2.チューブを5秒間力強く噛む。
3.パッと離す。

これを1日5分間行うだけです。
すごく簡単なので、顎が小さいお子様は是非挑戦してみて下さい。
刺激により、顎が拡がり、歯が並ぶスペースが出来ます。

*下顎前突(いわゆるしゃくれ顔)のお子様は行わないで下さい。
悪化してしまう恐れがあります。

当院ではチューブトレーニングの他、小さいお子様でも一人一人に合ったトレーニング方法をお伝えさせて頂いておりますので是非ご相談下さい。

衛生士  濱崎 美帆

 

 

その他 参考ブログ

歯を抜かない矯正治療~床矯正とチューブトレーニング①~https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/12/post-640.html

 

歯を抜かない矯正治療~床矯正とチューブトレーニング②~https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2012/12/post-641.html

 

 

 

 

【過去の矯正治療のブログ】

 

当院スタッフ(濱崎)の矯正治療⑮~1年2ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/07/post-930.html

 

当院スタッフ(濱崎)の矯正治療⑭~1年後1ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/06/post-925.html

当院スタッフ(濱崎)の矯正治療⑬~1年後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/05/post-916.html

 

 

 

当院では、無料で矯正治療相談・審美治療相談、治療費用の見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。(フリーダイヤル 0120-08-0461

             contact.PNG

炭水化物抜きダイエット

|

★888img_staff_kubota.jpgこんにちは☆スマイルクリエーターの窪田です。
秋を感じる日々が増え、夏の終わりに寂しさを感じつつも、今年も大好きな食欲の秋を迎えられることに心がうきうきしています\ (^o^)/

さて、食欲の秋と言われる程美味しい食材がどんどん現れるこの季節☆
たくさん食べたいけど太ってしまうし  ...  とダイエットを意識してしまう方も多いはず。
もちろん食べすぎはよくありません。
ですが、知らず知らずの間に身体に負荷のかかるダイエットを実行してはいませんか。

hiuafsfasfasjpg.jpg今回はよく耳にする《炭水化物抜きダイエット》についてお話しさせて頂きます。

そもそも炭水化物とはどのような食品に含まれているのか。
主食であるお米やパン、麺類など幅広く認識されているものから、野菜や砂糖、ヨーグルトや豆腐など他の様々な食品にも炭水化物は含まれています。

sadfghf.gifでは、なぜ炭水化物を取ると太るといわれているかご存知でしょうか。
三大栄養素《炭水化物・脂質・タンパク質》の 1 つである炭水化物のカロリーは約 4kcal/g とされており、脂質に比べるとカロリーは半分以下なのです。
しかし、炭水化物は、脂質やタンパク質よりも消化が早く、摂取した炭水化物は約 1 時間以内に消費しないと、脂肪として蓄積されるといわれています(* ´Д` )

hhsdfsfsf.jpgまた、炭水化物は脂質やタンパク質に比べて血糖値を急激に上昇させやすい食べ物が多く、血糖値が急激に上昇すると、インスリンという血糖値を下げる役割を果たすホルモンが多く分泌されます。
インスリンは食べ物を食べると必ず分泌され、その分泌量が多いほど体内に脂肪として蓄積されやすいといわれています。

ここまで聞くと、やはり炭水化物は大敵だと思われがちですよね。
しかし、炭水化物にはとっても重要な働きがあるのです。

炭水化物の体内での 1 番の働きは、エネルギー源になることです。
摂取しすぎると、中性脂肪に変わり体内に貯蓄されてしまいますが、不足すると思考力や集中力の低下、低血糖症、疲れやすくなるなどの症状が現れます。
また、脳の唯一のエネルギー源が炭水化物です。
体内でブドウ糖に分解され、脳のエネルギーとなります。

では実際に、炭水化物を普段の食事から排除するとどういったことが起こるのか、具体的に見ていきましょう。

【コルチゾール】
当然身体の中は、いつもと違った状態に変わってしまいます
きちんとカロリーや栄養素を補えないために、血糖値が急激に下がります。
脳はこの状態を「飢餓状態」と感じとり、身体を守るために「コルチゾール」というホルモンを分泌させます。
このコルチゾールと呼ばれるホルモンは、普段は人間の身体に必要なものですが、炭水化物を抜くと、その分泌量が増え、身体に悪影響を及ぼします。
大量のコルチゾールが一気に脳に伝達されると、感情が鈍くなったり、記憶力が低下したりする症状が見られる他、筋肉を分解する力を持っているため、筋肉量が少なく脂肪の多い身体へと変化させてしまうのです。

【肌荒れ・生理不順】
美しい肌を保つ為にはタンパク質が必要です
しかし、炭水化物を抜いてしまうと、その代わりのエネルギー源をタンパク質から補います。
そのため、肌の形成の為本来必要なタンパク質が減ってしまうのです。
afsfeasew.jpgお肌の保湿力が衰え、ハリやツヤが失われ、肌荒れや老化を招いてしまうなんて、これでは綺麗になるためのダイエットも無駄になってしまいます((+_+))
また、見た目には現れませんが、炭水化物不足により、脳や神経組織に影響がおよぶことで、ホルモンバランスが崩れ、生理不順や極度な生理痛を招く可能性も出てきます。

炭水化物を摂取しすぎてしまうと肥満につながりますが、生活から排除することもまた身体に悪影響を及ぼしてしまいます。
まずは普段口にする食べ物にどのくらいの炭水化物が含まれているかを知り、摂りすぎず、適量を意識して丈夫で健康な身体、みずみずしいお肌を保ちましょう  !(^^)!


スマイルクリエーター  窪田 伶香
             contact.PNG

PMTCって何?

|

★ppppp24889784.jpg皆様こんにちは。衛生士の伊東です。
夏休みも終わり、少しずつ秋の気配が感じられるようになってまいりました。
皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

さて、今回は歯科医院で行う口腔内のクリーニング、PMTC(professional mechanical tooth cleaning 専門的機械的歯面清掃)の効果について書かせていただきたいと思います。
P・・・プロフェッショナル(専門家による)
M・・・メカニカル(機械的な)
T・・・トゥース(歯の)
C・・・クリーニング(清掃)

PMTCという言葉、皆様耳にされたことはありますでしょうか?

毎日、ご自身で頑張っておられる歯磨き・・・磨いているつもりでも、歯並びの悪さや歯磨きのテクニック不足などによって、残念ながら磨き残しが出てきてしまうことが殆どです。
また、バイオフィルム(歯の表面にできる頑固な菌の塊)が形成されてしまっていると、日々の歯磨きの努力も水の泡...なんてことになっているかもしれません。

11111.jpgこういったご自身ではなかなか落としきれない部分を含めて、専用の機械を使いながら徹底的にお掃除を行うのがPMTCです
具体的には専用の回転ブラシやゴムでできたカップやチップを用いて、歯磨剤やトリートメント剤を塗布しながらクリーニングしていきます。
定期的なPMTCと、ホームケアをバランスよく行っていただくことで、皆様の大切な歯をより長く美しく健康に保っていただくことができるのです。

では、PMTCでしかクリーニングできない部分とはどのような場所なのでしょう?

22222.jpg①歯と歯の間。
歯間ブラシやフロス(糸ようじ)を毎食後にしっかり使われている方はかなり少ないです。
また、一旦歯と歯の間に入り込んでしまった汚れは歯磨きだけでは落とすことができません。
PMTCでは、そんな歯と歯の間のお掃除もケアしていきます。

33333.jpg②歯と歯の境目。
プラーク(歯垢)を染色液で染め出してみると、多くの方の歯と歯肉の境目にプラークの残存を確認することができます。
そして、歯周ポケット(歯肉の溝)の中に入り込んだプラークも、ホームケアで落としきることは難しいです。

③歯の細かい溝

444444.jpg


奥歯の噛み合わせの面には細かい溝がたくさんあります。
普段の歯磨きだけでは落としきれない汚れを磨き上げていきます。



④そしてなんと、細菌構造の破壊。
PMTC専用の機器を用いてクリーニングすることで、バイオフィルムを破壊することが可能です。
当院でもおすすめしている、ソニッケア(電動歯ブラシ)も、同様の効果を得られますので、まだ手磨きされている方には是非お使いいただきたいです。
歯の表面がツルツルになりますよ!

PMTCの効果はたくさんあります!
★きれいな歯を保ち、口臭を防ぐ。
★歯肉炎や歯周病の予防
★虫歯になりにくい口の中になる
★歯質が強くなる
★歯の光沢が蘇り、美しくなる。

スウェーデンは虫歯や歯周病が少ない予防歯科の先進国ですが、こういった国々の人は虫歯や歯周病になる前に歯科へ通い、PMTCを含めたメインテナンスを日常的に受けているのです。

555555555.jpgPMTCの虫歯予防効果を裏付けるスウェーデンの研究結果によると、なんとPMTCを受けなかったグループは受けていたグループに比べて70倍もの虫歯罹患率が確認されています。

私達日本人は、何かトラブルがあってから歯科を受診するケースがまだまだ多いのが現状です。
病気になる前に病気を防ぐこと、病気の早期発見には日頃からのメインテナンス=定期健診は欠かせません。
当院では4ヶ月に1度の健診をおすすめしております。

皆様にはご自身の歯を、そしてお身体を一生健康に保っていただきたいとスタッフ一同願っております。
そのお手伝いをさせていただくために、私達も日々全力で診療に励んでまいります

毎日の歯磨きにプラスして、是非当院でのPMTCを受けてみてくださいね♪

衛生士 伊東 奈美
             contact.PNG

ありがとうございました。

|

★DSC00015.JPG5656.jpgこんにちは、衛生士の中谷です。
朝夕日毎に涼しくなりましたが、皆様お変わりはございませんでしょうか?

私事で恐縮ですが、12月に出産を控えており、9月より産休・育休に入らせていただくことになりました。
在職中は大変お世話になりました。
美希デンタルクリニックに入職させていただいてから、沢山の出会いと経験を得られたことに感謝いたします。
直接ご挨拶を出来なかった方へは、ブログでの報告になってしまうことをご容赦ください。
育児休暇を終えて職場復帰が叶いましたら、また皆様にお会いできますことを楽しみにしております。

衛生士  中谷 真弓
             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461