> > 2015年5月アーカイブ

2015年5月アーカイブ

P1150884.JPG5656.JPGこんにちは。スマイルクリエータの太渕です♪
すっかりと日差しが厳しくなり、夏がジワジワ迫ってきていますね
皆様、バテないように体調管理をしっかりしましょうね

さて、今月は私事ではありますが、 32 回目の誕生日を迎えました。
年々、歳を重ねていくと嬉しいような悲しいような複雑な気持ちになりますが、お忙しい中、今年もスタッフ皆さんにお祝いして頂きました。
重ねていく歳はさておきで、やはり誰かにお祝いしてもらえることは、すごく嬉しいですね (*^-^*)
連休中に誕生日があるため、毎年忙しい連休前に時間を作ってパーティーをしてくださるクリニックに本当に感謝ですよね
今年は、私の好きなキャラクターや愛犬レンくんの絵を飾ってくださっていました。
ちなみに、私の好きなキャラクターはスヌーピーの中に登場する「ウッドストック」です。
黄色の鳥です(笑)。

●DSC00027(31).JPG5656.jpg飾りつけなど、色んな工夫が準備の大変さを物語り、スタッフの気持ちに心があたたかくなりました。
また、院長から素敵なプレゼントを頂きました
お洒落なペアグラスに私の好きなお酒と、アルコールが飲めない主人のためにまでノンアルコールのワインを用意してくださっていました。
晩酌をしてからご報告しようと思っていましたが、なかなか時間がなく夫婦で晩酌がまだできていないのですが、近いうちに夫婦でそういった時間を作りたいと思います

クリニックでお祝いして頂くのは 8 回目になりますが、毎年私の好きな物を院長はご用意してくださります。
日々の診療やそれ以外のお仕事で多忙にも関わらず、ご準備してくださる院長に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがたいことに毎年お祝いしていただき、その都度しっかり一つ歳を重ねた分成長して、クリニックに恩返ししなくてはと気がひきしまる思いになります。

プライベートでも、誕生日が祝日ということもあり必ず当日に滋賀県にある山を登ります。
山というよりは、 800 段近くある石段を登り、お参りをして一年一年少しずつでも成長するように自分への試練です。
試練はちょっと言い過ぎですがね・・・(笑)
主人はスタコラサッサと上がりますが、私は 10 段目ぐらいから息切れですからね(笑)
皆様のおかげで、今年も素敵な誕生日を迎え過ごすことができました。

誰かのために、笑顔のために、そして自分の笑顔のために日々思いやりをもって生きていける大人になりたいですね。
たくさん幸せを皆様に届けられるように、毎年成長していきたいと思います。

スマイルクリエータ 太渕亜弥
             contact.PNG

知らないと怖い流行りの口腔ケア

|

こんにちは。衛生士の濱崎です。
蒸し蒸しとした暑さが続きますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

★FullSizeRender.jpgjjjjj.jpgさて、私は今回少し前からテレビでも紹介される程流行している「オイルプリング」について調べてみました。

私が、このオイルプリングを知ったきっかけはテレビではなく当院の衛生士パートさんである春名さんとの会話の中で初めて知りました。

このオイルプリングとは元々ドイツの自然療法らしいのですが、一体どのようなものなのか簡単に説明したいと思います。

1、舌の汚れをとる。
2、大さじ一杯のココナッツオイルを口に含む。
3、口内全体にオイルを広げる。
4、ゆっくり口内全体にブクブクをする。
ゆっくりブクブクする事により唾液を出す。
5、唾液でオイルが薄まったところでブクブクを全体的にまんべんなく行う。
6、約10分間のブクブクをする。
7、10分後ティッシュにオイルを吐き出す。

ココナッツオイルでたったこの作業を行う事によりどんなメリットがあるのか?

それは、
1、口内から毒素を排出。
ブクブクをする事により唾液が分泌し、デトックス効果に繋がる。
2、口臭予防。
オイルプリングをする事により口の中の菌を殺菌してくれる。
3、歯が白くなり、ツルツルになる。
ココナッツオイルには殺菌能力があり、むし歯予防、さらにオイルは歯根管まで浸透する為、歯周病対策にもなる。
4、口内炎が治る。
オイルプリングする事により、口内の環境が整う。
5、ブクブクの動きで、ほうれい線が消える。

hcoiscosahi.jpgいい事ばかりですね。
ですが、よーくネットで調べてみると、医学的根拠は無いと発表している先生方もいらっしゃいます。
ある先生はオイルプリングでのむし歯や歯周病予防について調べたそうです。
歯の表面には分厚く張り付いた「バイオフィルム」と呼ばれる色々な細菌同士が化学的に強固に結合した細菌膜の内側に潜んでいます。
むし歯菌が歯の表面にくっついている訳ではありません。
ですからうがいをするだけで、むし歯や歯周病予防にはならないとしています。
言うならお風呂のバスタブに付着するザラザラ、ヌメヌメしたあの汚れがバイオフィルムです。
あれも細菌膜の一種で、よくお風呂用洗剤のCMで「擦らずにピカピカ!」とかありますけど、実際はよくスポンジで擦って洗わないと、洗剤をかけるだけではきれいにならないですよね?あれと一緒でして歯磨きしないで消毒薬でうがいだけをしても、虫歯菌は撲滅できないと発表していらっしゃいました。

これ以外にも調べてみるとこのオイルプリングは賛否両論がたくさんありました。
衛生士である私もこれがいいのか悪いのか、はっきりと調べる事が出来ませんでしたが、私の結論は「ブクブクの動きをする事により、口の周りの筋肉が鍛えられるという事は納得出来るが、やはり正しいのかく分からないケアをするよりは、きちんと定期的に歯科医院に行ってプロによるケア、そして、歯を白くしたいのであれば、きちんと歯科医師に口の中を見てもらえる歯科医院でのホワイトニングをする事が1番良い」と思いました。

今はネット社会ですので、あらゆる情報がすぐに入手できます。
正しいのかよく分からない口腔ケア、そして間違ったホワイトニングをする前にまずは歯科医院へ足を運ばれる事をオススメ致します。

P1150979.JPG当院では、むし歯・歯周病予防、そしてホワイトニング、その他口の周りの筋肉の鍛え方、歯並びを良くする為の姿勢トレーニング、その他、患者様一人一人に合う正しい治療法を見つけ出せるよう院長始め、スタッフ全員が日々勉強しておりますので、お悩みの方はぜひ一度当院へ足をお運び下さいませ。お待ちしております。

衛生士 濱崎美帆
             contact.PNG

【Baby Book】を読んで

|
★★DSC00003(27).JPG5656.JPGこんにちは☆スマイルクリエーターの窪田です。
今月の読書感想文は私が担当させていただきます。
さて、突然ではございますが、皆様赤ちゃんを胎内に迎え入れるまでに準備しておくべきこととして何を思い浮かべますでしょうか。
現在不妊症の増加や低出生体重児の出生率増加が社会問題としても取り上げられておりますが、それらの原因の一つとして、私たちが婦人科の知識に乏しいということが考えられます。
妊娠には準備が必要なのです。

hwio;e.jpg今回ご紹介させていただく本には、各分野の専門家たちが集う予防医療チームLuvtelli(ラブテリ)が手掛けた、【産むための身体づくり】について知っておくべきことがぎっしり詰まっています☆

その中でも私が着目したのは、もちろん【デンタルケア】についてです☆
日本の歯科受診率.jpg5555.jpg

日本は諸外国に比べて定期検診の受診率がぐんと下がります。
歯医者は歯が痛くなってから行く場所、そう思っておられる方がまだまだ多い証ですね。
しかし、実は口腔環境は生活習慣病の引き金になるだけでなく、流産や早産、低出生体重児と赤ちゃんの健康にも大きく影響しているのです!!
私たちは皆、口の中にたくさんの菌を抱えています。
その数なんと数にして約1億個!!(*_*)
そして何よりも気を付けたいのが【歯周病】です。

現在15歳以上の3人に1人は歯周病患者だといわれています。
甘いもの大好きでも歯磨きは適当(あるいはうまく磨けない)なんてことが起こると、歯の表面にべったりと歯垢がつきます。
その細菌が繁殖して歯周病になることも|д゜)
歯周病を引き起こす細菌が口から身体の中へ入り、炎症から生じる物質が増加してしまうと、子宮の収縮を早め、早産のリスクをなんと5倍にまで上昇させてしまうのです!
また、血液中に入った歯周病菌が胎児に影響を及ぼして低出生児が生まれることも。

このように赤ちゃんの健康を守るためには、まず口腔環境を整えることが大切なのです。

歯周病や虫歯チェックのためにも、日頃から定期的に歯医者に行く習慣を身につけましょう(∩´∀`)∩

DSC00023(27).JPG5656.JPGこの本にはその他様々な項目について書かれており、どれも「ふむふむ」と納得ができ、尚且つ日々の生活の中ですぐに見直すことが出来ることも多いので是非一度手に取ってみてください☆
母親のみならず父親に対するメッセージも沢山書かれているので、これから赤ちゃんを迎え入れたいと考えられている方や、知識を身につけておきたい方、どなたにもお勧めの1冊です。

スマイルクリエーター 窪田伶香
             contact.PNG

2015年5月度 ランチミーティング

|

こんにちは☆スマイルクリエーターの窪田です。
日に日に気温も上昇し、まだ5月だというのにお外ではノースリーブの方の姿もちらほら...。
皆様しっかり水分補給して、くれぐれも熱中症にはお気を付けください(*´Д`)

P1150954.JPG5656.JPGさて、先日初めてランチミーティングで司会デビューを果たしましたので、ご報告させて頂きます。

★1★ 事務長・太渕さんより先月の業務報告
改めて患者様が何度でも通いたくなるクリニックを全員で意識しました。

★2★ 先月・先々月のブログ大賞
1位 太渕さん
「院内セミナー ~T4K(マイオブレースmyobrace)」という装置について~」
お子様自身のやる気と大人の褒める力でどんどん伸びる!
当院も積極的に取り込んでいる筋機能装置について書かれています。
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/03/t4kmyobrace.html

2位 佐藤さん
「現代人の「あご」が小さい!?」
昔と比べて食生活も噛む力加減も変わったことによって引き起こされる症状について、しっかりと説明されております。
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/04/post-910.html

3位 中谷さん
「第32回公衆歯科衛生研究会に出席して」
歯周病と糖尿病が関連している!?新しい発見がいっぱいだったようです☆
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/04/32.html

「はなちゃんのみそ汁を読んで」
乳がん患者の母親が娘に遺したものとは。
中谷さんの感想ブログを読むだけでもウルッとくる、是非読みたい1冊です。
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/03/post-903.html

4位 春名さん
「『春の熱中症』に要注意!!」
熱中症予防には水分補給が大切!という事からスポーツドリンクの正しい飲み方まで、今の季節為になることがたくさん書いてありますので必見です!
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/04/post-907.html

5位 伊東さん
「食養医療革命」
健康を保つためにはどんな食事が必要なのでしょうか。
食と健康についてわかりやすく説明されています☆
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/03/post-899.html

6位 信田先生
「朝食を食べていますか?」
毎日の忙しい朝、朝食をしっかり食べることで得ることのできるメリットとは。
体力を消費しやすいこれからの季節は特に朝から元気モリモリでいたいものですよね♪
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/04/post-905.html

7位 濱崎さん
「木下大サーカス」
日常の至る所に気づきの点があることを改めて感じることのできるブログです\(^o^)/
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/03/post-904.html

8位 榎本さん
「当院スタッフ(榎本)の矯正治療⑤~終了~」
BeforeAfterの写真は違いが歴然!!榎本さんの笑顔はとっても素敵です♪
矯正をお考えの方、実際に体験しているスタッフも多くおりますので、
是非お気軽にご相談ください。
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/03/post-900.html

DSC00003(28).JPG5656.JPG★3★ 勉強会(濱崎さん)
「セルフホワイトニング」についての勉強会でした。
歯科で受けるホワイトニングとセルフホワイトニング店等で受けるホワイトニングの違いについて、薬品や効果の違い、それぞれのメリットやデメリットについて教えて頂きました。
正しい知識を身に着けたうえで自身の求めているものを選択することが大切ですね☆

★4★ セミナー報告(榎本さん)
「床矯正ベーシックコース」の後編、床矯正と抜歯矯正の違いから始まり、顎を広げるという事や噛み合わせの力について、歯科初心者の私でもわかりやすく説明していただきました。

P1150935.JPG5656.JPG★5★ 糖尿病について(事務長)
そもそも糖尿病とは何であるのか。どういう基準で糖尿病と診断されるのか。
口腔環境と糖尿病が大きく関係しているということから、まずは全員で糖尿病についての基礎知識を共有いたしました。

 ★6★ 口呼吸から顎関節症へ(院長)
イラストを通して口呼吸から顎関節症を引き起こすまでの経緯について教わりました。
事細かなイラストを設けてくださり、分かりやすく説明してくださった院長に感謝です。

たくさんお勉強した後は、お待ちかねのランチタイム!!
...のはずですが、そのまえに当院衛生士春名さんのお誕生日&祝1周年のサプライズパーティーを開催いたしました\(^o^)/
喜んでいただけて全員満面の笑みで溢れていました♪
パーティーの内容につきましては春名さんがブログを書かれておりますので、是非こちらも覗いてみてください(*^_^*)
P1150939.JPG565.JPG「誕生日&1週年パーティー」
https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/05/post-912.html

今回のランチタイムの担当は、
院長...塩麹のスープ
事務長...雑穀米と玄米のごはん
太渕さん...ジャガイモの肉詰め
伊東さん...キッシュ
中谷さん...アボカドのサラダ
濱崎さん...厚揚げと卵の煮物
窪田...鶏と野菜の黒酢餡かけ
でした☆
料理上手のスタッフのおかげで我が家のごはんもレパートリーが増えそうです♪
ごちそうさまでした!(^^)!

今月もたくさんの知識を得て、美味しいごはんも頂き、実りあるミーティングとなりました☆
さらに勉強を重ねて、皆様にも得た知識をお裾分けできるよう日々努力いたしますので、今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

スマイルクリエーター 窪田伶香
             contact.PNG

誕生日&1周年パーティー

|

DSC00043(19).JPG565.JPGこんにちは。衛生士の春名稚晴です。
吹く風も夏めいてまいりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

早くもやってきた5月の台風が過ぎた頃、私は誕生日を迎えました。
そして、美希デンタルクリニックに入職させていただいて1年が経ちました。

★DSC00039(22).JPG5656.jpgそんなある日、毎月恒例のランチミーティングが行われ、いい具合に空腹になったところでランチタイムとなりました。
スタッフ皆で「いただきます」を言い終わるや否や、パ~ン!とクラッカーの音が鳴り響き、サプライズで誕生日&1周年パーティーを開いていただきました。

スタッフ全員からのメッセージカードと、美味しそうなイチゴのケーキをこっそりご用意していただいていたようで、とても驚きました。
院長からは鍵盤柄の鏡入りフォトフレームとハンカチをいただきました。
早速、我が家のエレクトーンと記念撮影いたしました。

数年のブランクを経て入職したため、衛生士として出来て当たり前であることを忘れてしまっていたりしましたが、院長をはじめスタッフの皆さんからフォローしていただき、1周年を迎えることができました。
私は週2~3日の夕方のみ勤務させていただいておりますので、まだお会いしたことのない患者様も多くいらっしゃると思いますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

年齢を重ねるほど人間性が顔に出るといいますので、心穏やかに過ごすことができるよう、今からストレスフリーな生活を目指していきたいと思います。

衛生士 春名稚晴
             contact.PNG

皆様、こんにちは。歯科助手の佐藤です。
日に日に暖かくなり、過ごしやすい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ashdadsdsa.jpg

◇ 歯周病と喫煙切っても切れない関係 ◇
タバコは体にとって良くない事はご存知だとおもいますが、お口にも悪影響を及ぼしている事をご存知でしょうか?
口腔は体の中で最初に、直接喫煙の被害を受ける臓器です。
タバコを吸うと口の中の免疫が低下するため、"歯周病菌"によって歯茎がどんどん浸食され、歯茎の色が赤紫になったり、歯磨きをすると出血するなどの症状が頻繁に見られるようになるそうです。
一般的にタバコを吸う人は吸わない人に比べて3倍も歯周病になりやすく、また...倍も多く歯を失っているそうです。
喫煙習慣は歯茎の血流不足を引き起こす為、歯周病になりやすく、歯周病の進行も早く、治療を始めても治りにくい傾向があると言われています。
タバコの本数が多ければ多いほど歯周病が重症化するそうです。

★attachment02.jpg●タバコが歯周組織に及ぼす悪影響●
◯タバコに含まれるニコチンは、歯肉の血液の流れを悪くして酸素を行き渡らせなくします。
◯抵抗力が弱まり、細菌と戦う白血球の働きが半分程度になり、免疫力も低下していきます。
◯タバコは唾液の分泌を抑える為、プラーク、歯石が付きやすくなります。
* ニコチンは接着剤の役割をして歯石を強固にしてしまう為、歯石が大量に付着すれば歯茎が痩せてしまい、歯の根っ子(歯頚部)がむき出しになってきます。
◯歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足して、酸素が嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作っています。

●歯周病以外のタバコの害●
ヤニで歯が汚れるだけでなく、メラニンが沈着して歯肉が黒くなり、線維性のゴツゴツした歯肉になります。
* 下の表面の細かい突起部分に舌苔(歯垢と同じ細菌のかたまり)にまみれてヤニが沈着し、ひどい口臭を発します。
* 味覚を感じる器官をヤニまみれの舌苔が覆い、味覚を鈍くさせてしまいます。
その為、自然と味付けの濃いものに食事が偏り、高血圧等の生活習慣病の原因にもなります。
* 子どもにおいてはタバコの煙を、二次的に吸い込む"副流煙"により"むし歯"が2倍に増えるといわれています。
* 人工歯根を顎の骨に植える"インプラント"手術の成功率は、喫煙者では約10%低下するといわれています。
血流が悪い事が失敗の原因になる為、喫煙者の方は禁煙をしてからインプラント手術を行う事が常識化しているそうです。
* インドにおいては、噛みタバコのせいで、口腔ガンがもっとも多いそうです。

●タバコの三大有害物質●
タバコの煙には、約 4,000種以上の化学物質が含まれ、そのうち 200種類が有害物質といわれています。
特に有害とされているのが次の3つです。
* ニコチン → 強い依存性があり、喫煙習慣をつくる。末梢血管を収縮させ心拍数を増やし、血圧を上昇させる。
* タール → 発ガン性がある。
* 一酸化酸素 → 血液中で酸素を運搬するのを阻害する。

タバコを吸うと煙が口の中に入り込むので、ニコチン、タール、一酸化炭素の物質が歯の周りで歯を支えている"歯肉、歯槽骨、歯槽膜"などに悪影響を与えます。

●555attachment03.gif

●非喫煙者と喫煙者の口腔内の状態●

○ 非喫煙者 ○ 
 

・みずみずしいピンク色の歯肉    

・健康な歯肉組織 

・光沢のある白い歯・美味しく食事を味わえる      

・爽やかな息

○ 喫煙者 ○
・メラニン色素沈着による歯肉の黒色化
・進行した歯周病
・タールの沈着による歯面の着色
・味覚の鈍麻
・不快な口臭

attachment04.jpgタバコで歯周病はグンと加速されます!
歯周病が進行すると、歯茎が痩せて下がるため、"歯周ポケットも6ミリ以上"深くなり、歯がグラグラして、歯茎から膿が出て口臭もきつくなり、"歯周炎"にするといわれています。
タバコを吸わない人に比べる口臭レベルは高いそうです。
喫煙に生活習慣病の"糖尿病"が加わると、糖化による老化が加わり更に歯周病が進んで歯を失う本数も多くなるそうです。

タバコは歯周病を悪化させるだけではなく、歯や全身の様々な病の原因となります。
一生を健康に過ごす為にも 喫煙 者の方は、ぜひ禁煙を始めてみてはいかがでしょうか?

歯科助手 佐藤美布子
             contact.PNG
連結★修正DSC00007(23).jpg2.jpg

こんにちは。衛生士の濱崎です。
皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
海外や国内に旅行に行かれた方も多かったのではないでしょうか?
私は、家族で過ごしたり、友人と BBQ をしたりと有意義なゴールデンウィークを過ごす事が出来ました。

さて、私の矯正治療も 1 年が過ぎ、上に続いて下の歯の矯正も順調に進む事が出来ております。

★圧縮 1年後 文字要れ 連結●正面DSCF0030(115).jpg院長よりボタンをつけて頂きまして現在、飛び出ている左下の3番目の歯を中にいれる為に4番目、5番目の歯をゴムにて後ろに移動させている途中です。

毎食後ゴムをかける事が慣れないうちはとても時間がかかり、早起きする日が続きましたが、同じようにゴムをかけている患者様に励まして頂き、最近では何とかゴムをかけるという事に慣れてきました。<
やはり、歯を移動していますので痛みを生じる事がありますが、歯並びが良くなる為だ!と思い毎日諦めずにゴムをかけています。
私は以前に前歯もゴムをかけていたのですが、やはり下の奥歯は骨も硬い事もあり中々スムーズに動いてくれません。
しかし、順調にいけば、歯を抜かずに下の歯も綺麗な歯並びになりそうなので頑張っていこうと思います。

上の歯は、綺麗な歯並びになりましたので現在動かす事はせず、固定をして頂いております。
上の歯だけでも歯並びが良くなった事により、最近では写真を撮る時に大いに笑う事が出来るようになりました。
歯を抜かずにここまで綺麗な歯並びにして頂いた院長には本当に感謝をしきれない程です。<

IMG_5974.jpg565.jpg歯並びでお悩みの方はぜひ、当院のスタッフに気軽にご相談下さいね。

衛生士 濱崎 美帆

 

【過去の矯正治療のブログ】

 

当院スタッフの矯正治療①~矯正治療を始めました~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/04/post-792.html

 

当院スタッフの矯正治療②~1ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/05/post-801.html

 

当院スタッフの矯正治療③~2ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/06/post-810.html

 

当院スタッフの矯正治療④~3ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/07/post-824.html

 

当院スタッフの矯正治療⑤~4ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/08/post-837.html

 

当院スタッフの矯正治療⑥~5ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/09/post-850.html

 

当院スタッフの矯正治療⑦~6ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/10/post-862.html

 

当院スタッフの矯正治療⑧~7ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2014/12/post-880.html

 

当院スタッフの矯正治療⑨~8ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/01/post-888.html

 

当院スタッフの矯正治療⑩~9ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/02/post-895.html

 

当院スタッフの矯正治療⑪~10ヶ月後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2015/03/10-9.html

 

 

contact.PNG

当院では、無料で矯正治療相談・審美治療相談、治療費用の見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。(フリーダイヤル 0120-08-0461

 

 

よろしくお願いします♪ 

|
★DSC00003(27).JPG5656.JPG

はじめまして。
2015年 1月より美希デンタルクリニックの一員として働かせていただいております、スマイルクリエーターの窪田伶香と申します。

本日はブログ初登場を記念いたしまして、簡単に私の自己紹介をさせて頂きます  \  (^o^)  /

私は、ゲストの皆様の歯の治療のみでなく、普段の食生活や姿勢など生活習慣から改善し、お口の中も身体全体も健康にするお手伝いをさせて頂いております、当院の方針に非常に感銘を受けて異業種から転職いたしました。

特に食育については以前より興味を持っておりましたので、食育の大切さについても沢山学ぶことのできる当院の環境にはとても魅力を感じておりました☆

ハロウィン.jpg5656 bbbb.jpgいざ働き始めると、歯科の知識はもちろんのこと、私自身も気を付けなければいけない生活習慣について学ばせて頂けるなど、知らなかった世界が一気に広がり、期待をおおいに上回る驚きと感動の連続の日々を過ごしています !!笑
現在は、 1日でも早く私からもゲストの皆様に今すぐ役立つ情報を提供できる日を目指して奮闘中です  m(__)m
まだまだ至らない点も多々あると存じますが、 1人 1人のゲストの皆様との出会いや院長をはじめとするスタッフの皆様に感謝しながら、精一杯精進いたしますのでよろしくお願いいたします☆

最後になりますが、そんな私の趣味は旅行とホームパーティーです  !(^^)!
旅行は国内外問わずどこへでも行きますが、海が大好きなのでビーチリゾートが多い気がします☆
(写真はどこまでも続く青い海と空が感動を呼ぶインド洋です!)
ホームパーティーではいつもテーマを決めて食卓を彩り、友人や家族を招いては楽しいひと時を過ごしています♪
(写真はビアガーデン風とハロウィンの時のものです!)
共通の趣味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非お声かけ頂ければ幸いです。
素敵な情報を交換できる日を心よりお待ち申し上げております  (*^^*)

スマイルクリエーター 窪田伶香
             contact.PNG

梅雨、台風前に歯のチェックを!

|

皆様こんにちは。衛生士の伊東です。

image.jpg97889.jpg5656.jpg

あいうべ体操と併せて、最近試している表情筋強化トレーニングです  (^-^;
表情筋は全て合わせると30種類以上もありますが、日常で使われているのはそのうちの僅か30 %...だとか。
舌も表情筋も筋肉ですので、やはり日頃のトレーニングの積み重ねが、若々しく健康でいるためには必要不可欠であると実感しています  (^-^;

さて、梅雨入り前の今回は、お天気と歯の痛みとの関係について書いてみたいと思います。
「古傷が痛むと雨が降る」とも言われるように、雨が降ったり、台風が近づいたりすると頭痛や肩こり、体調の悪化などが起こりやすいようですが、それに加えて、歯の痛みも出やすいことを皆様はご存知でしょうか?


これらは主に気圧の変化によってもたらされる現象なのですが、低気圧が近づくと、副交感神経が優位になります。
すると、体内のあらゆる血管は拡張し、当然、歯の根っこの中のリンパや血管も拡張するため、神経が圧迫されて慢性化している炎症が一気に急性化を起こし、激痛を引き起こす...という結果になってしまうのです。

kkklolsizui.jpg歯の中には、歯髄(神経)の入っている歯髄腔という空洞があり、その空洞は平地の圧力と等しくなっています。
ところが、短時間に外気の気圧が低下すると、その変化に対応しきれず、一時的に歯髄腔内の圧力が上がり、その外に向かう圧力が痛みを引き起こしてしまうのです(*_*)
特に、むし歯を放置しているとむし歯の空洞ができ、むし歯の穴から歯髄に空気が入って膨張するため、神経が圧迫され歯が痛くなるのです。

山などの高所でポテトチップスの袋が膨らむ現象と同じです♪

他にも、航空性歯痛といって、長時間飛行機に乗っていると、上顎洞(鼻の両側にある頭蓋骨の中の空洞)の内圧が高まることで、歯の神経を刺激して痛みが出たりもします。
この場合は、特に歯に問題がなくても、神経を刺激されることによって痛みが現れることもあるようです。
うちの娘は、ヘリコプターに乗った際に急性中耳炎になってしまった経験もあります...。
気圧の変化が私達の体に与える影響は様々あるようですね。

歯はとても敏感なところですので、環境条件の急激な変化にすぐ反応を示します。
気圧の変化ぐらいで...と、たいしたことではなさそうに思いがちですが、知らない間に重大な影響を受けていることもあるのです。
台風や飛行機だけではなく、登山やスキューバダイビングなどでも気圧の変化が起こるため、注意が必要です。

image.jpg4444.jpg565.jpgこうした急な歯の痛みを起こさないためにも、普段から定期健診をきっちりと受けられ、初期のむし歯のうちにしっかりと治療を受けてくださいね。
梅雨入り前に、当院でのお口の中のチェックはいかがでしょうか?

衛生士 伊東奈美
             contact.PNG

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461