> > 当院スタッフ(榎本)の矯正治療③~2ヶ月後~

当院スタッフ(榎本)の矯正治療③~2ヶ月後~

|

ほしDSC00035.JPGこんにちは!榎本です
矯正開始2カ月がたちました。
たった二ヶ月でも、かなり歯が動いてきているのが自分でもわかります(^-^)

今回は、まず内側のボタンを早速卒業しました!(^^)!
外側と内側と強力にひっぱっていたのから、外側だけになり、内側がすっきりして会話も今まで通りにすることができます。
次に、最初に作ったスペースに歯が動いてきているので、更に動かすスペースを作るために歯を削ってスリムにして、もっと動かしていきます!
元々前歯が大きかったので、これでやっと人並みの歯の大きさになり、スペースもできて一石二鳥です(^^ゞ
そして、美希デンタルクリニックでは矯正治療と同時進行で、歯の治療もできるので、
保険の銀色の詰め物から白いものに交換したりして、治療も着々と進んでいます!
その中で、私の左下奥歯の銀の詰め物の下では、かなり大きな虫歯になってり...。
神経に達する寸前までいっていました(-_-;)
詰め物やかぶせ物をしていても、保険のものは数年経過すると隙間ができやすく、その中で虫歯になることもあるのですが、まさしく私の歯がその状態でした。
銀色の見た目の悪さだけでなく、虫歯の再発再治療のリスクも考えて治療するのがどれだけ重大なのかということを身をもって体験しました。

歯は神経をとると、その歯の寿命はとても短くなるので、できれば避けたいものです。
そこで「3mix治療https://www.miki-dental.info/blog1/2011/07/14.html」を、私は選択することにしました。
歯の虫歯部分をある程度とって、「3mix」という薬を詰めて、そのまま数カ月おいておくと、薬の作用で虫歯を小さくすることができ、神経を残すことが可能になります。
保険適用外で、虫歯の大きさにもよりますが、神経を失う→歯を失うリスクが上がることに比べると、かなり有効な治療法だと思います。
とくに私の虫歯は、左下の6番(奥から二本目)で、食事には欠かせない歯なので、神経を失ったあとのリスクは高いです。
この歯はまた数カ月後に治療再開していきます。
矯正&歯の治療が、どんどん進んできて、とても楽しみです!

衛生士 榎本まりこ

過去の矯正治療のブログ

 

当院スタッフ(榎本)の矯正治療①~矯正治療を始めました~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/09/post-722.html

 

当院スタッフ(榎本)の矯正治療②~20日後~

https://www.miki-dental.info/miki-dental-staff-voice/2013/09/20-2.html

 

             contact.PNG

カテゴリ

,

このブログ記事について。

このページは、miki-dentalが2013年11月 3日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「治療例のご紹介 症例26 (審美治療~セラミックの被せ物+ホワイトニング~)」です。

次のブログ記事は「体温について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461