> > 私の理想の歯科衛生士像

私の理想の歯科衛生士像

|

こんにちは。衛生士の伊藤です。

先日、衛生士学校の同窓会がありました
私たちの学年はとても仲良かったので、だいたい卒業してからも一年半から2年に一回くらいの間隔でみんなで集まったりしています
今回も一人の幹事をしてくれた子のおかげで、42人クラス中、31人が集まりみんなでお昼ご飯を食べました
前回の集まりは一年半前だったのですがその時とは明らかに違ったのが半分近くが結婚していて、そのまた半分の子に子供がいたことにとてもびっくりしました
久々に会う友達もいたりして、本当に約二時間の楽しい時があっという間に過ぎてしまいました

最後に衛生士学校で教務をしている一人の子からプリントが配られました。
何だろうと見てみると、そこには私の字で書いてありました。

衛生士学校に入学して、まず初めに書いた『私の理想の歯科衛生士像』というプリントでした

どんな衛生士になりたいのか、その理想に近づくためにこれからどんなことをしていかないといけないのかという問いかけにまだ専門知識を学ぶ前、漠然と書いた紙だったのかなぁと

そこには...
理想の歯科衛生士像は...
☆患者さんの不安を取り除ける衛生士
☆どんなときでも臨機応変に対応できる衛生士
☆小さなことに気配りのできる衛生士
☆患者さんにいつも笑顔で接せれる衛生士
☆チームワークで仕事をする為、協調性のある衛生士

その理想に近づくために何をしますか?...
☆人の助言をしっかりきく
☆不器用をなおす
☆時間を常に気にしながら行動する
☆動きを早くする
☆同じ失敗を繰り返さない
☆自分のしなければいけないことを頭のなかで整理して行動する

8年前、理想や夢をもって衛生士学校に入学し、漠然とですが自分がこうなりたいとおもって書いた理想像と、8年たった今、その理想に近づけているのかな。
またはそうなれているのかな。自分ではわかりませんが、でも8年前に書いた理想と8年たった自分が毎日仕事をする上で心がけていることというのは、何一つ変わらないのかなと思いました

まさにそのプリントは私の歯科衛生士の原点だなぁと感じました

まるでタイムカプセルを開けたような気持ちでした

この同窓会がなければ、一生手にすることもなかった自分の書いたプリントに、なんか恥ずかしい気持ちもありましたが、感謝です

そして、久々に会えた仲間との時間は、とても貴重でした
これからは、衛生士の友達がこれから母として頑張っていく姿をみるのも楽しみでなりません

私も今できる精一杯のことを頑張りたいと思います

衛生士学校で過ごした二年間の日々とそこで出会った友達は、私の宝です

      衛生士  伊藤 由佳理

             contact.PNG

カテゴリ

このブログ記事について。

このページは、miki-dentalが2010年9月27日 22:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おすすめの絵本」です。

次のブログ記事は「今年初お鍋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あなたのキレイを応援します。お気軽にご相談ください。TEL:0120-08-0461